人気ブログランキング |

多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って25年です。

by マーゴ

カテゴリ:透析条件( 20 )

あの松江青葉クリニックの春木繁一院長のお書きになった
「長期透析を維持できた条件」第2回2ページ分と
もう1ページ分をコピーして、院長がもってきてくださった。
なんかの本に掲載されているのだろう。(今、不足していたもう1ページが
他の冊子に挟まっていたのを見つけた。「長期透析を維持できた条件」第1回と
記している。都合、1回と2回が揃った。10/1 6:03AM追記)

Doc.kusakariや山羊先生の提唱されていることとは、
ちょっと違うんだなぁ。
長時間透析が良いと云うのは、同じだけれど。
血流とダイアライザーは大きくないほうがいいとのこと。
長期間に元気でいるには、心臓に負担がかからない透析のほうが良いのだと。
ゆっくりした透析の方が、大きい分子量のものがよく抜けていくのだと。
膜は、PMMAまでで、PS膜を用いてのHDFには踏み込めないそうだ。
現在63〜64Kgで「6.5時間×1.6㎡の面積」血液流量180ml/分。
コピーには週何回しているかは、書かれていないが、恐らく3回だろう。

フランスの透析施設で、8時間透析しているところがあって、
透析膜も、余り高性能のモノを使ってないようだ、との話。
そこでの生存率は高いそうだ。

私は、春木先生のことは聞いていたけれど、
ご自分で透析施設をお持ちなのかと、思っていて
同じ松江で、Doc.kusakariとは仲良くしてはるのかなと、案じていた。
余計なお世話なことだけど。
春木先生は、精神科医で、Doc.kusakariのところでない
透析施設で透析してはる模様。

私は、春木先生のようには、透析の条件で色々体感できない、
心臓に負担がかかっているとかの感受性は、悲しいけれど、ない。

でも、透析しているドクターなのだから、
言葉には重みがある。

それにつけても、かもめクリニックの金田先生のこともあるし。
8時間でon-lineHDF。透析医師でご自分も透析してはる人。

悩ましいことやわ。

私も、透析条件について
院長に、色々相談してみよう。



私が使っているダイアライザーは、
昨年販売された、最新のもの。
膜がドイツ製(膜の素材がドイツ製だったかな?)のPES-21Sβ。
なぜか、Sβの膜は10月で販売中止になるというので、
院長、買い集めしてくださった。
今年一杯は大丈夫だからね、と、話されたばかり。
そして、翌日、このコピー。

いくら何でも、今年一杯は現状維持だわね。
by noblesse_oblige7 | 2007-09-30 18:04 | 透析条件 | Trackback | Comments(19)
火・木・土に月を加えて週4日。
月曜は午後5時から4時間で、火曜日は午前9時から4時間。
月曜は食事してから出かけて、帰宅してから何も食べない。
火曜日は朝食に少しぐらい大目の水分を摂っても
体重の増加はない。当然やね。夜間の不感浄泄があるもの。
だからといって、万々歳でもないのだ。
血圧が・・・・・100満たない。
P、いえ脈拍は60台で、私としては満足いく値。
でも、100を切る血圧では最後まで持たないかもと、
カゴメの紫の野菜と果物100%ジュースを200c/cを
一気に飲んで、120ぐらいに血圧上げて、
on-lineHDF開始。QB230でいけるところまで。
木・土は5時間。
6時間3回とどちらがいいのか?
まだわからへん。
そら、データは6時間後の採血時のが良いに決まってる。
だから、データの比較は意味がない。特にKt/V。
しんどさの度合いを較べなあかん。
それが、わからんのやな。


もっと長いスパンで観察するとしよう。
6時間というのも、けっこうしんどいし、
週4日もなぁ・・・・
なんば内科クリニックでは、誰もしてないことを
してくださっている。
全面的なご好意に預っているのが、いささか心苦しい。

なんとしても、筋肉つけて体重減らさねば。
高効率の透析していると肥るという公式を
逆行することになるけれど、肥りたくな〜〜〜〜〜〜い。
余計な苦労(?)を背負う必然性もないけれど
体重48kgは死守したい。
by noblesse_oblige7 | 2007-06-27 07:25 | 透析条件 | Trackback | Comments(2)
透析している限り、100%生ジュースは飲めないと、
諦めていたのに、100%ジュースを欠かせないことになった。
いまは、カゴメの黄色の野菜と果物の100%ジュースを、
透析室でも家でも飲んでいる。
透析導入前は、フルーツショップやデパ地下の
ジューススタンドで、目前でつくってくれる
果物ジュースを飲むのが、楽しみだったけれど、
カントリーに越してから、気軽にジューススタンドに行けるような
環境では無くなった。
スーパで売られている100%ジュースで我慢するしかないのが残念だ。
100%ジュースにプラスして、
転院4ヶ月で、体重が2kgも増えた。
透析に負けないようにと、食事もしっかり摂っていることもあるし、
十分な透析していると肥るというセオリーどおりになってきた。
これは、私にはつらいのだ。
46kg→48kgになってしまった(身長は158cm)。
私の体重は47kgで充分なのだ。
どうやって痩せようかと悩んでいる。
週4日透析を始めると、ますます肥りそうで
どうすべぇ。
食事を減らすダイエットはあかんし、
運動量を増やすしかないのかな。
2日空きの日が無くなるから、遠慮なく水分を摂れるのが嬉しいな。
アレ駄目、コレ駄目と、摂生しないといけないのから解放される。
2000c/c以上の除水はしんどいわ。
残るは、穿刺の痛みだけや。
これが解消すれば文句ないのになぁぁぁぁぁ。
by noblesse_oblige7 | 2007-06-17 19:11 | 透析条件 | Trackback | Comments(2)
ベッドにゆとりがあるあいだに4日透析をしてもらおうと願い出た。
月・火・木・土ということになる。
月曜日はスタッフの関係で、午後5時以降から。
月曜朝に乗馬に行って、
帰りに透析に寄ってグッスリ眠って帰宅しようという目論見は
儚く消えた。
一度、家に帰って、お風呂に入って出直すという計算になってしまった。
木・土→5時間
月・火→4時間というスケジュールで透析していただこうと考えている。
週4で、密かに期待していることがあるのだが、どうなりますことやら。

6/14は鯖がメインテナンスで接続不能になるようです。
by noblesse_oblige7 | 2007-06-13 18:18 | 透析条件 | Trackback | Comments(5)
透析量は70>透析回数の2乗×1回の透析時間
70以上が望ましいと、かって山羊先生のブロクで書かれていた。
以来、気になって仕方なかった。
4日透析なんて、穿刺恐怖症にとっては、あり得ない話なのだ。
で、6時間でがんばって見るべと、6時間透析を続けているけれど、
長時間で70超えるには3日×3日×8時間=72
日数で稼ぐなら4日×4日×4.5時間=72
ということになる。
血流が採れなかった6/5のデータでは、β2MGがいまひとつだった。
抜けるのはよく抜けてはいたけれど。
4日透析にかけてみようかしら。
針を太くしないで17Gのまんまで4日。
血流もマックス230で。

このような心境変化が起きたのは
ちょっとした下心があったりして。
by noblesse_oblige7 | 2007-06-11 09:18 | 透析条件 | Trackback | Comments(0)
アセテ−ト(酢酸)フリーで、その代わりにクエン酸が添加されているそうですが、
カルシウムの濃度が問題になっているようです。
私は疲労回復に効果のあるといわれているクエン酸に興味あります。
クエン酸サイクルというのがあって、
クエン酸は酢に含まれているので、黒酢を飲むのが流行っていたりしています。
口から飲むのと、血液に曝されるのとはどのように違うのかは
私には全然解りませんが、クエン酸を口から入れるのよりは
効率がよいのと、ちゃうかなぁ。
それが身体にどのように影響するのかは、解りません。
クエン酸を口から採る場合は、他の栄養素も同時に採るので、
相乗効果があるように思うけれど、
大量のクエン酸に血液が曝されて、どのように身体に、
細胞に、取り込まれるのかなんて、チンプンカンプン。
クエン酸入りの透析液使ってほしいと思うけれど、
クエン酸サイクルと透析のクエン酸は別なのかどうなのか。

そこのところを知りたいなぁ。
by noblesse_oblige7 | 2007-06-10 20:45 | 透析条件 | Trackback | Comments(0)
QD700(HD350+HF350) QB260
ダイアライザーPES-21Sβ カニューラ16G

一ツ目の朝がきて、二ツ目の朝がきて、三ツ目の朝がきた。。。
シトシトピッシャン、シトピッシャン♪なんて、陰鬱な気分ではない。
中2日の翌日の朝が、一番ご機嫌で、
透析なんかせんでもええんとちゃうかな気分は
特にon_lineHDFになったからではない。
普通のHD4時間の頃から変らないのだ。
効率は格段によくなっているにも関わらず。
(BUN除去率=90% Kt/V=3.34)

強いて言うなら、オンラインしていなかったときより
気分的に元気になったかもしれない。
CRPが上昇しなくなったことは、特大特筆したい。
透析後に、そのまま乗馬に直行するのが念願なのだ。
そのことは、最初に院長に伝えている。
かっては、バレエの発表会の前には、
透析後も特別レッスンに直行していた。
私としては、おっかなびっくりで参加したのだったが、
レッスン後半はヘロヘロ状態で脚も上がらない状態になったけれど
何ごともなく1ヶ月ぐらい続けた。
乗馬は、競技会に参加することもなく、
特別な発表会に参加することもないので、
のんびりゆったりのレッスンに明け暮れている。
いっちょ、ハ−ドなレッスンに参加してみるかなんちゃって。
落馬が怖いから、躊躇するんだなぁ。
まだまだ、乗馬に関してはいっちょまえではござーません。

バイザウエイ、高効率の透析ができるようになれば、
従来の透析液の成分では対応できなくなるのではないかい?
当然、食事についても旧来の透析食では対応できない。

扶桑薬品さん、大塚製薬さん、どうしはりますのん?
栄養士さんどないしますのん?


話は、くるりんパっとかわって(きっこ風)、
緑内障のためには、よりHFよりの透析がいいらしい。
HDFをする限りは、QBは多い方がよい、と、
いうより、多くないと、HDFのメリットがでないということらしいし。
私のQBは子供騙し並の260。悩ましい数字。
透析後に、乗馬に直行を実現するには、
QB上げて、よりHFを増やすべきなのかしらむ?
by noblesse_oblige7 | 2007-06-04 20:35 | 透析条件 | Trackback | Comments(0)

6時間透析してみた。

昨日、透析前に、難波院長16Gのカニューラを持って
ベットサイトにきはった。
私が、針を太くするのを厭がっているのに、敢えて。
現在、QB235が限界のようで、折角のon-lineHDFが
意味をなしていない(?)ので血流アップ狙いです。
「いややわ」と返事したものの、折角のアドバイスなのに
無視するのはいかがなものかと、しばらく考えて、
血流アップをしないなら、時間で稼ごうとの
思いに至った。
6時間もOKとの好意に甘えて、6時間透析を申し出た。
ダイアライザーPES-210Sβにしてから、TMPは安定している。
on-line補液流量18L/H。この日の水引き1.6L。DW200g増やして
47.2Kg。
補液量が100.0Lを超えるのだ。その瞬間を目撃したいと
難波院長。
100.0Lを超えたのを見て、流量を21L/Hに変更。
うっひゃぁぁぁぁぁ。間違えた。
100.0Lは表示されないのだった。99.9までなのだ。
それでどうなるのか、を、院長は確認しかったのだった。
99.9の次は0.0に戻ったのだ。
それから再カウントが始まったのだった。
7分ほど経過して、トータル108.?で終了。回収して血圧104。
血圧はチョッと物足りないけれど、いいことにした。
来週も6時間にするかどうか?
継続するなら、火曜日に廃液検査するとのこと。
そして、補液流量は21L/Hにするそうです。
QD700でHD350・on-line350。
HDとHF→50%50%ということになるのかな。
透析終了後は別にしんどくはない。
身体が軽くなった????ような気がする。
なんば内科クリニックでは、まだ他に誰も
6時間はしてないそうです。
いまよりもっと元気になれればいいなぁ。
運動強化して、もっと筋肉つけなくっちゃあ。
by noblesse_oblige7 | 2007-04-29 12:21 | 透析条件 | Trackback | Comments(19)
ダイアライザーをPES-170Sβ→PES-210Sβに変更。
膜面積を大きくしてTMP(だったかな?)の上昇をくいとめた。
on-line流量は18L/H・3分後。
火曜日(4/24)は透析導入以来、初めての3Kgの増量新記録で、
5時間半の透析をした。回収液は5%ブドウ糖液を初めて使ってみた。
ダイアライザーは170Sβを使用。水引きは2750c/cに割り引き。
それでも、足が2度ツッた。血圧は当然低くなっていた。
2750c/c引ききれなくて、200c/c残して終了したけれど、
なぜか、実体としては水の引き過ぎがあったようで、
帳じりは3Kg増量で300g残した勘定になった。
300g残した影響なのか、β膜の影響か、ブドウ糖の影響か、
何かは判明しないが、身体が軽くなった印象を持ちながら
帰宅した。
そして、木曜日(4/26)。
難波院長が、膜の変更をしてみないかと。
長い間1600の膜面積のダイアライザーを使用してきたので
2100に変更するのは、少し躊躇するものがあったけれど
難波院長のお薦めに従った。
前日、乗馬に行ったから、体重増加も平常通りの1Kgほど。
相変わらず、血圧が透析終了後、100を切って、
回収液のブドウ糖を500c/c使い切って100オーバーにしてもらった。
200g余りで帰宅した。
心無しか、身体が軽いような。。。。
透析した日の晩飯後、無茶苦茶眠たくなるのがなんとかならないものかと
いつも思案していた。

だって、食べてすぐ寝たら、ブーになるやん。

今日は、3年目最後の乗馬に行く。
3年目は、たったの19鞍(レッスンのこと)しか乗れなかったことになる。
ウルトラピュアな水でない施設で透析していたからや。
どうしてくれる。
無駄な日々を返してぇ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!

CRPの乱高下していた、
私みたいにならないためにも
ウルトラピュアな水で透析してもらえる施設で
透析してもらってください。
同じ透析でも、透析の質に差があるのです。
せめて、ネットをご覧の方は
高品質の透析施設を探して、そこに身を預けて下さいませ。
by noblesse_oblige7 | 2007-04-27 10:40 | 透析条件 | Trackback | Comments(5)

透析条件など

未だに暫定的。
これまで、いろいろな施設に行ったけれども、
大体、前施設の条件を踏襲して、殆ど変更なんかしていなかった。
同じ条件で営々と続けていると言うのは、なんか施設の怠慢さを
感じていた。とは言うものの、自分でどう注文していいのか
具体的に伝えるには、知識が乏しかった。
ところが、現施設に転院して、初回は前施設の条件を踏襲したけれど、
ドンドン条件を変更してもらっている。
針・ダイアライザ−・QB・QD・低へパの使用量・on-lineHDF補液速度etc.etc.
次回、廃液回収後、ダイアライザーを見直すらしい。
HDよりHFを多くした方がいいのではなかろうか、と
ドクターは考えている。
このように、各個人に合わせた透析を考えてくれはる。
そんな透析施設を体験したことがなかったから
大層嬉しいのだ。
医療は都会でなきゃあ、という考えの修正が必要になってきた。

心密かに、on-lineHDFをしてもらうようになれば
CRPが下がるのではないかと、期待していた通りになっている。
前いた施設では、エンドトキシン値は「感知せず」ということだったけれど、
どこか信用できないでいた。3ヶ月ごとの検査だもん。
末端で測っていると言っても、私は個人機だったし。

原因不明の感染・炎症が余りにも頻回過ぎだった。
入退院を繰返していた。
結果として、ヘマトも30切ることが多かった。
透析ごとに3000単位のエポジン注入しているときもあった。
エポジンだって、免疫力低下するんだぞ。
CRPの乱高下は、透析そのものに原因があったとしか考えられない。
そのように考えていた。
嗚呼、しやわせや。
眼前に張られていた、蜘蛛の巣がどっかにふっとんだんだから。
・・・・・・せいせいした。ザマーみやがれざます。
by noblesse_oblige7 | 2007-03-30 19:44 | 透析条件 | Comments(7)