人気ブログランキング |

多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って25年です。

by マーゴ

2007年 05月 02日 ( 2 )

d0107378_19252759.jpg
この装置は何するものなの?
熱湯消毒ができるって、
中に熱湯を潜らせると言うこと?
熱湯をぶっかけてもOKということ?
まさかね。







d0107378_1932595.jpg
こりは、カットフィルターかな?











d0107378_19485492.jpg
こりは〜〜〜〜?










勝手に写真かっぱらってきて、すんません。
それから、地下から温泉も水も出るの〜〜?
掘る距離が違うのかしらね?
気になって。
by noblesse_oblige7 | 2007-05-02 19:45 | 業務連絡 | Trackback | Comments(8)
>>35kgで80歳のばあちゃんでも血流220ですけど、
>>安定したものです。 
>>膜は1.5-1.8㎡のポリスルフォン、Ⅳ型。

この女性の元気度はどんなものなのでしょうか。
介護人無しで透析の行き帰りはおできになるのでしょうか?
ご自分のことは全て、ご自分でおできになるのでしょうか?
趣味とかあって、透析以外にも人生をエンジョイできてますのでしょうか?

例えは適切ではないですが、
川内康範氏(87歳)は、意気軒昂で、頭も冴えていますが、
おみ足がご不自由なようで。

聖路加国際病院名誉院長の日野原重明氏(95歳)は、
少し前、階段を2段飛びで駆上がっているのを
TVで放映しているのを、見ました。
勿論、頭も冴えている。
お二人共に透析をしておられるようには見えませんが、
日野原名誉院長のように、生きられる人は、健康な人でも、
まれかと思いますが
願わくは、あのように高齢になって、なお元気で生きられないものか、
と、切望しています。

ある施設で隣り合わせた女性も、80歳頃かと思いましたが、
日本画を描き、俳句だか川柳だかも、詠んでいました。
心臓を手術した後遺症とかで、透析導入されたようです。
頭は冴えていて、ボキャブラリーも豊富で、
私は、タジタジするときも、ままありました。
頭をボケさせないためには、俳句か川柳を嗜むことか。
と、考えさせられたことでした。
ところが、残念ながら、高いところの物をとろうと
転んで、車椅子の人(一時的ではあると思いますが)になってしまいました。
娘と一緒では、うるさいと1人で生活しておられましたが、
どうなったのか????
by noblesse_oblige7 | 2007-05-02 19:13 | 業務連絡 | Trackback | Comments(3)