人気ブログランキング |

多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って25年です。

by マーゴ

郵便局のポスト。

郵政民営化でかんぽの宿をはじめとする
不動産売却の不正のほうが、
民主党小沢代表の政治資金規制法違反より、
重大だと思えるのに、検察は何してるんだろう。
小泉・竹中・西川を一網打尽という華々しい逮捕劇を
繰り広げてほしいのに。

話はそんな華々しいものではなく、
全国津々浦々に静かに佇んでいるポストのこと。
友人に手紙を投函したのに、延々と返事がないのだ。
着いてないような気がするのだ。
確かめればいいのだけれど、
その友人とは郵便でしか通信の手段がない。
取り立てて、用事がある訳でもないから、
とりあえず放置している。
で、気付いたことは、
集荷しないポストが、あちらこちらに点在しているということだ。
このポストは使わないで下さいとかの告知もないままに
放置されている。
私が投函したポストは、一応1日に2回集荷する表示はされていた。
もしかして、疑念が湧いている。
あるとき、ある場所で、年老いた女性がポストに投函した。
そのポストは、1日に1回も集荷しないのを確認していたポストだった。
投函してしまったのだけれど、
彼女に、このポストは集めに来ないポストであると、
集荷の時刻を表示していたところが取り外されて、
無地になっていることを説明して
教えてあげたのだ。
一瞬、どうしようと?困っていたけれど、
懸賞の応募だから、いいわと諦めていた。
もし大切な郵便物だと、どうすればいいのか?
そんなことは、集荷しなくなって放置されている
ポストには何も表示されていない。
余りにも不親切じゃない。

ポストの投函口を塞ぐなどの処置をしていないと
集荷しないポストに、投函する人が多いんではないだろうか?
そんな郵便物はどうなるの?

いまだ、表面化していないけれど、
返事が来ないとか、重要書類が行方不明とかなってないのか?

なんで、ポストを撤去しないで、
集荷時刻の表示を取り去っただけで、放置されているのか?

ポストを利用する人が減った?
確かに私信なんて、年賀状・暑中見舞いの他には
殆どない。
DMの類いは毎日のように配達されるけれど、
発送者はポストなんか使用していない。

しかし、役所から何のかんのと、届出を請求される。
近場のポストに書類は投函するから、ポストは必要なのだ。

放置している理由は、
民主党の政権になったら、民営化見直しになって
再度、ポストの復活が具体化するのを待っている?

休眠ちうの赤い郵便ポストを
早く目を醒ましさせてほしいものだ。
by noblesse_oblige7 | 2009-03-18 15:40 | etc.etc. | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://oblige7.exblog.jp/tb/9479730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by green stone at 2009-03-19 10:34 x
アメリカにせっ突かれ、ポチ小泉とアメリカかぶれ竹中がした郵政改革は国民に何のメリットも無し。

そもそも近くにある国民がよく利用する便利な郵便局を民営化しなければならない理由はどこにもなかった。
また現業国家事業であった郵便は優良現業で、公社国鉄のように税金から莫大な赤字補填をする必要なき国家事業体であった。

それをまた郵政選挙で小泉を勝たすという愚民性・・わからん。
Commented by マーゴ at 2009-03-21 16:41 x
小泉は、多分厚生大臣しているもっと前から、郵政民営化を
唱えていましたよね。厚生大臣の時も、言っていた。
なんで、厚生大臣が郵政民営化なのか?違和感を感じていました。
アメリカとつるんだのはいつからなんでしょうか?
小泉の声高をアメリカが利用した?
郵政民営化を果たすために総理になった?
異常な執念はなんだったのか?
利権をものにするための執念?
刑務所に放り込んでほしい。
多くの怨念を背負っていると思えるから、
引退後は平穏に過ごせるとは思いたくない。
Commented by green stone at 2009-03-22 08:24 x
ところで、片思いの日米同盟(安保)に何時までも浮かれているときではない。
アメリカはアジア諸国に日米安保を瓶の蓋論と捉え説いて廻り、方や日本には最大の同盟国と持ち上げ、国益優先のダブルスタンダード外交を平然と行う。

米国クリントン政権の国務長官であったマデリーン・オルブライトは現ヒラリー・クリントン国務長官に強い戦略的影響力を及ぼすブレーンでもあるが、そのオルブライトが著した「新大統領への覚え書き」にはハッキリとした根強い日本に対する不信感だ。。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/228688/
http://hakusanjin.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/36-b1c5.html

これなんか読むと盲目的アメリカ追随政治はいい加減にしないと骨の髄までしゃぶられる。
与野党政治家は今こそ主権国家の国家利益を厳求した外交に徹すべきですね。
Commented by noblesse_oblige7 at 2009-03-22 11:50
アメリカから日本憎しとされているのは、
現在のKorea・Chinaのように、安い労働力で
日用品全般をつくるようになって、
日本のメーカーは全滅に追い込まれようとしている。
アメリカの自動車産業が立ち行かなくなっているのは、
日本の自動車メーカーが頑張り過ぎてきた影響ではないですか?
日本人全体がアメ車に憧れた時代もあったのにね。
made in Japanも最初は酷いものだったようですが、
いまや、ものによっては、ブランドになった。
やがては、made in Korea・made inChinaはmade inAfricaに
駆逐されるということになるのではないですか?
ブランドにまではなり得ませんが、価格では負ける。
これは経済戦争。
新しいものを発明しても、特許が切れれば、
どこもが真似をする時代です。

>盲目的アメリカ追随政治
やたらと盲目的ではなく、
どこかに莫大なお金がからんでいるのではないでしょうか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード