人気ブログランキング |

多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って25年です。

by マーゴ

ガス欠 うんにゃ血ガス検査

Ca低下で血ガス検査をした。
12/10(月) on-line24L/H
PES-210Sβ QD(HD100・600) QB240の最終日
pH———————— 後7.408
PCO2———————後36.4mmHg
PO2————————後90mmHg
BEecf———————後-2mmol/L
HCO3———————後23.0mmol/L
TCO2———————後24mmol/L
sCO2———————後97%

12/11(火) 個人機でカ−ボスタ−開始
HD4時間 PES-210Sβ QD500 QB240
pH→→→前7.371——後7.469
PCO2→→前37.2——後34.7
PO2→→→前87———後150
BEecf→→前-4————後1
HCO3→→前21.5———後25.2
TCO2→→前23————後26
sCO2→→前90————後99

12/13(木)個人機でカ−ボスタ−
HD5時間 PES-210Sβ QD500 QB240
pH→→→前7.403——後7.450
PCO2→→前37.6——後37.9
PO2→→→前80———後183
BEecf→→前-1————後2
HCO3→→前23.4———後26.3
TCO2→→前25————後27
sCO2→→前96————後100(終了前2時間酸素3L/H吸入)

12/24(月)個人機でカ−ボスタ−
on-lineHDF12L/H5時間開始 PES-210Sβ
QD500(HD100・HF400) QB240
pH→→→前7.408——2時間後7.464——後7.450
PCO2→→前37.7——2時間後38.5———後38.1
PO2→→→前89———2時間後71————後79
BEecf→→前-1————2時間後4————後4
HCO3→→前23.8———2時間後27.6——後27.7
TCO2→→前25————2時間後29———後29
sCO2→→前97————2時間後95———後96

12/25(火)個人機でカ−ボスタ−on-lineHDF5時間18L/H
PES-210Sβ QD600(HD200・HF400) 
QB240
pH→→→前7.409——2時間後7.468——後7.461
PCO2→→前38.6——2時間後35.2———後37.0
PO2→→→前85———2時間後80————後87
BEecf→→前0————2時間後2————後3
HCO3→→前24.4———2時間後25.5——後26.3
TCO2→→前26————2時間後27———後27
sCO2→→前97————2時間後97———後97

12/27(木)個人機でカ−ボスタ−on-lineHDF5時間24L/H
PES-210Sβ QD600(HD200・HF400) QB240
pH→→→前7.376——2時間後7.460——後7.477
PCO2→→前35.6——2時間後38.3———後38.4
PO2→→→前98———2時間後78————後91
BEecf→→前-4————2時間後3————後5
HCO3→→前20.8———2時間後27.2——後28.4
TCO2→→前22————2時間後28———後30
sCO2→→前98————2時間後96———後98

12/31(月)個人機でカ−ボスタ−on-lineHDF5時間24L/H
PES-210Sβ QD600(HD200・HF400) QB240
pH→→→——後7.463
PCO2→→——後36.0
PO2→→→——後88
BEecf→→——後2
HCO3→→——後25.8
TCO2→→——後27
sCO2→→——後97

1/3(木)初めての2日空き
個人機でカ−ボスタ−on-lineHDF5時間24L/H
PES-210Sβ QD600(HD200・HF400) QB240
pH→→→前7.421——後7.513
PCO2→→前33.8——後36.4
PO2→→→前93———後99
BEecf→→前-2————後6
HCO3→→前22.0———後29.2
TCO2→→前23————後30
sCO2→→前97————後98


以上の結果により
HCO2が酢酸よりカーボスターのほうが
明確に上昇したが、
なにがどうなって、どうしたのかさっぱり解りまへん。

酢酸よりカ−ボスターのクエン酸のほうが
よいのではないかと思った理由は
クエン酸サイクルというよさそうな理論がある。
さらに、クエン酸は自然界にあるもので、
疲労回復にクエン酸を補給するとよいとか言われているから
良いのだろうと、思ったのだ。
酢酸は合成されるもので、化学物質だ。
カ−ボスターのクエン酸がレモンや梅干しから採集した
天然モノだとは考えていない。
化学的に合成されたものとしても、食品として売っている。
最近は殺菌作用があるとして洗剤に混入されていたりする。
で、血管を通過するのだから、
CRPも上昇しないかと院長に問うと、
あんたはポットか?と、
大爆笑したのだ。
ここだけの話、笑い死にしないかと心配になるほど、
笑い転げていた。。。。。。
by noblesse_oblige7 | 2008-01-06 21:20 | 透析条件 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://oblige7.exblog.jp/tb/6902484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kusakari at 2008-01-07 08:00 x
大本の回路は『洗浄されすぎて』やばいです.
生半可なステンレスは錆びます.

熱湯+クエン酸で透析液回路を洗浄殺菌する所も有ります.

さて,生体への影響は・・・
Commented by akizy at 2008-01-07 11:47 x
 酒飲みは何時もアルコール解毒の途中で酢酸に満たされるそうですよ。でも、クエン酸サイクルで分解されるそうですが。

 と言う事は、クエン酸は大切と言う事か?

 いずれにしても、カーボスターとは何の為なのか小生よく解かりません。酢酸が嫌いな人のためでしょうか?ガス分析も導入期はよく検査した事がありますが、最近は検査項目が無くなりました。

 年に一度位は検査が必要でしょうか?
Commented by マーゴ at 2008-01-07 17:54 x
>Doc.kusakari
私のカ−ボスタ−透析は、個人機ですから、
RO水をon-lineで流しながら、タンクに入った2つの液を
コンソ−ルのなかで混合するというスタイルです。
高価な機械らしいです。
錆の点は解りません。
24L/Hの水を流しているのは、全国でも私だけやないかと
ドクタ−が言ってます。参考例がないから手探りなのでしょう。
大分子量の物質を抜く目的でしているそうです。
実験的色彩が強い。
まぁ、そういうの私自身が好きですから。
Commented by マーゴ at 2008-01-07 18:11 x
>akizy大先輩
Doc.kusakariの受け売りですが、
カーボスターは酢酸を使わないという、それだけだそうです。
血ガス検査を頻繁に行ったのは、
Ca濃度が2.5メックの透析液でon-lineHDF24L/H
QD700(HD100・HF600)の強力にHFよりの透析してましたから
Caが下がって困ったので、
Ca濃度3メックのカーボスターに変更したのです。
もっとも、私がカ−ボスタ−の透析をしたかったこともあります。
それで、HDからon-lineに変更して、徐々に補液の量を増やしていったので、アルカロ−シスの心配をして、血ガスの検査をしていたのです。 
24L/H流しても問題ないという結論になりました。
Doc.kusakariは、たびたび血ガス検査の必要性を説いてますよ。
Commented by akizy at 2008-01-08 18:33 x
 チンプンカンプン難しい。アミロイド脳症の老体には理解できません。

 何かとても贅沢な透析をされてるようで、

 しかし、一番解からないのは、Caが透析で下がるということです。
Commented by akizy at 2008-01-09 12:10 x
 すみません、勝手なことを申しまして。Caが低くなるのは、透析液のCa濃度が低く設定されているからですね。

 個人透析装置はいいですね。濃度調整が出来て個人の症状に合わせられる、羨ましい限りです。内では十羽一からげ、何んともなりません。
Commented by マーゴ at 2008-01-09 15:44 x
akizy透析大先輩
同じ透析液でも、Caが高くなったり低くなったり、
様々のようです。
最近(いつ頃かは明確に知りませんが)は、Caは低いほうが良い、
と云うことで、透析液のCa濃度が低いものが普及しています。
HFよりの透析で1時間に24Lの透析液を流して、
しかも4日透析ですから、Caが低下したのです。
個人機の場合は、透析液を流さないでRO水が
直接流れてきますから、エンドトキシン除去が
なされていなかったら、大変です。
それに、コンソ−ルのタイプにより、不潔なものもあります。
その点、ウチの個人機は安心タイプです。
ただ、皆がみんな、私と同じ透析している訳ではありません。
透析してきた履歴により、on-lineHDFを嫌がったり、長時間を嫌がったりしている人がいるようです。
なんとも矛盾した透析の世界です。
Commented by kusakari at 2008-01-11 13:09 x
透析量を増やす事が身体に苦痛を与えるケースは確かに有ります.
長期間不充分透析を受けていた方々では多いですね.

アミロイドがはがれるのが痛いのか?などと妄想していますが.
Commented by akizy at 2008-01-11 14:50 x
 アミロイドを剥がしてくrなら、直ぐにでも先生のところへ引越しします。

 お願いします。赤ワインもクルクミンも効果が出てきません。
Commented by マーゴ at 2008-01-11 23:17 x
Doc.kusakari
>透析量を増やす事が身体に苦痛を与えるケースは確かに
>有ります.
>長期間不充分透析を受けていた方々では多いですね.

はぁ、そういうものなんですか。

akizy-sanの悲鳴が! !
なんとかなればいいのですが。
Doc. kusakariの入院施設つきの新社屋が早く
完成すればいいですのにね。

Commented by akizy at 2008-01-12 11:36 x
 kusakari先生、是非、名古屋近辺に進出を!! お願いします。
Commented by マーゴ at 2008-01-13 21:46 x
akizy透析大先輩
多くの人が、じぶんちの近くに、Doc.の分院がきてほしいと
願ってますよ。透析業界も、問題の多い医療ですね。
透析施設の格差を無くするにはどうしたらいいのでしょうね。
いまは、透析ドクターの哲学に依存するしかない。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード