人気ブログランキング |

多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って25年です。

by マーゴ

A Happy New Year

ことよろ。

12/30 大晦日 元日と日本列島は冷凍庫状態。
奥歯を噛み締め、両手は固い拳(コブシ)をつくり、肩を怒らせている。
気がつくと、全身に力が入って、
頭の中は「寒い寒い」でパンクしそうになっている。
寒いに充満された頭は、働きもせず
ボーと過ごした昨年末。
お陰で、年末の恒例のクラシック音楽とバレエの
カウントダウンコンサート、
とーきゅー・シルベスターコンサートにチヤンネルを
合わせるのを、すっかり忘れてしまっていた。
気がついた時は、既にカウントダウンハオワッテイタ。
今年は、草刈民代が「瀕死の白鳥」を踊ったらしい。
観たかったなぁ。
私は日本人が踊る「瀕死の白鳥」を観たことがない。
帝政ロシア時代にフォ−キンが振り付けして
アンナ・パブロアが踊っていた。
もちろんそんなものは観たことはないけれど、
「アンナ・パブロワ」という映画はあった。
その後、ボリショイのプリセッカヤの十八番になっていた。
私がTVでプリセッツカヤの「瀕死の白鳥」を観た時、
腕に骨がないのかと思うほどに、しなやかな腕の動きに感動した。
その後、来日した時、現物も観た。
瀕死の白鳥なんて曲はない。
サン・サ−ンスの「動物の謝肉祭」の中の「白鳥」を
フォーキンが、「瀕死の白鳥」としてバレエに振付けたのだ。
今回、草刈民代は、フランスに行って、フランスの振付家に
振付けてもらったものを踊ったそうだ。
見逃してしまって、返す返すも悔しい。
踊ったあと、宮本亜門と一緒に司会をした。
宮本亜門の司会ぶりは騒々しいばかりで、
ふさわしいとは思えなかった。
コンサ−トの指揮者は一昨年と同じ尾高忠明。
カウントダウン合わせた指揮は、
譜面台にでも時計を仕込んでいるのだろうか?
神経を使うのだそうだが、虜になるとのこと。
仲道道代(正しいかな)のピアノと千住真里子のヴァイオリンで
「愛の喜び」が演奏され、一番早い「美しく青きドナウ」が演奏されて
締めくくられた。
今日のウィ−ンフィルのニューイヤーコンサートは絶対観るぞ! !

スキンをお正月用に変更しようと思ったのだけど、
派手ににぎにきしいのをクリックしてしまった。
やけくそ気分だから、このままいこかと。
他にも、鍋を焦げ付かせてしまったり、何かと失敗ばかり。

あ〜ぁ、今年は碌なことのない年になりそう。
d0107378_15294089.gif

by noblesse_oblige7 | 2008-01-01 15:34 | お正月 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://oblige7.exblog.jp/tb/6862301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by abuyan at 2008-01-01 18:28 x
新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

最初の、「ツーランロット」日本人が歌っていましたが、それだけ見て、後はダウンタウンを見ていました。
Commented by マーゴ at 2008-01-01 23:49 x
一番乗り、ありがとうございます。
今年も色々教えてください。
第13回のシルべスターコンサ−トの舞台装飾は
華やかになっていた。
いつもは野暮いのですけれど。
東京にいたら本物を観に行くのに、じゃんねん。
Commented by akizy at 2008-01-02 06:28 x
明けましておめでとうございます。

小生もクラッシクファンです。CDを聞くだけですが。年末はやはり、第九でした。
Commented by マーゴ at 2008-01-02 20:17 x
おめでとうさんでございます。

今年のニューイヤ−コンサートも素晴らしかった。
フランス人指揮者はやはりお洒落です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード