人気ブログランキング |

多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って25年です。

by マーゴ

なんばセンセー おせーて。

http://www.japancorp.net/japan/article.asp?Art_ID=36046

バイエル薬品、高リン血症治療薬、フォスレノール(R)チュアブル錠を国内承認申請


Osaka, Japan, Dec 20, 2006   -  (JCN Newswire)   -   バイエル薬品株式会社(本社:大阪市)は、高リン血症治療薬「フォスレノール(R)チュアブル錠」(一般名:炭酸ランタン水和物)(以下「フォスレノール(R)」)の日本における製造販売の承認申請をいたしました。バイエル薬品は「フォスレノール(R)」の日本における開発、製剤および販売の権利をシャイア社から2003年12月に取得し、日本での第II相および第III相臨床試験を実施しました。「フォスレノール(R)」は非アルミニウム・非カルシウム性のリン吸着剤で、既に米国、台湾、韓国、ドイツ、スウェーデン、デンマーク、オーストリア、アイルランドなど、世界15ヶ国で発売されており、今後も数々の国で発売が予定されています。

「フォスレノール(R)」について

「フォスレノール(R)」は食事によって摂取されるリン酸に対し高い親和性を持つ非アルミニウム・非カルシウム性のリン吸着剤で、リン酸と結合して生成されたリン酸ランタンは消化管を通過して排泄されるため、効果的に血清リン濃度を下げることができます。また、「フォスレノール(R)」はその服用に水を必要としないチュアブル錠であり、水分摂取が制限されている透析患者さんのニーズに合った製剤です。



前評判が高かった割に、悪名高い塩酸セベラマーと同類の薬ですか?
腹痛と便秘の副作用を伴う。
副作用が出ないように改良されていればいいのに。
キリンはフォスブロック
バイエルンはフォスレノ−ル
リンゴ酢カルシウムはフォス・エックス(PHOSーEX)
PHOSはリンのこと?
チュアブルなら飲みやすいけれど、甘くしてあるのかなぁ?
これで、牛乳、遠慮なく飲める?
by noblesse_oblige7 | 2007-03-21 16:16 | 業務連絡 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://oblige7.exblog.jp/tb/5001858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マーゴ at 2007-03-21 23:40 x
透析二人会さんに拠ると、平成20年6月頃、発売予定だとか。
なんや、来年や。ガッカリ。
それにしても、透析二人会さんの博識なこと!!!ビツクリ!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード