人気ブログランキング |

多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って25年です。

by マーゴ

12/28衆議院議員小沢一郎元代表メッセージ

挙党一致で「国民の生活が第一」の政治を実現する
ために

 私はこれまで、菅代表及び岡田幹事長から、自発的に政治倫理審査会へ出席するよう要請を受けて参りました。
 それに対し、私は、政治資金に関する問題はすでに具体的な司法手続きに入っており、三権分立や基本的人権の尊重という憲法上の原理原則からいえば、立法府の機関である政倫審に出席する合理的な理由はない、ただ、私が政倫審に出ることで、国会運営が円滑に進められ、あるいは、選挙戦においても国民の皆様の支持を取り戻すことができるということであれば、政倫審に出席することもやぶさかでないと、繰り返し表明して参りました。

 そうした中で、先般、民主党の最大の支持母体である連合から、挙党一致の体制で難局を乗り越えるよう、強い要請を受けました。
 また、国民の皆様、同士の皆様にも、多大なご心配をおかけしていることを、大変申し訳なく思っております。
 これらのことを総合的に考え、私は政治家の判断として、来年の常会において、政倫審に自ら出席することを決意致しました。

 具体的に申し上げます。
 第一点目として、常会において私が政倫審に出席しなければ国会審議が開始されないという場合、すなわち、私が出席することにより、予算案の審議をはじめ、国会の審議が円滑に進められるということであれば、常会の冒頭にも出席し、説明したいと思います。
 第二点目は、私が政倫審に出席するかどうかということが、国会審議を開始するための主たる条件ではないということであれば、国民の生活に最も関連の深い予算案の審議に全力で取り組み、その一日も早い成立を図らなければなりません。
 したがって、私はこの場合には、予算成立の後に出席したいと考えております。

         平成22年12月28日
                   衆議院議員 小沢一郎               
(12/28 14:20アップ)
森ゆうこ参議院議員さんのブログからの転載です。

動画もありました。
動画の中の小沢元代表の顔には悔しさが見て取れた。
小沢元代表を陥れようとしている人たちには
天誅が下されると良い。


ついに、スッカラ管と岡田フランケンに屈した形になってしまった。
メッセージのなかに「先般、民主党の最大の支持母体である連合から、挙党一致の体制で難局を乗り越えるよう、強い要請を受けました。」とある
TVでは、連合の強い要請があったなんてことは言わない。
スッカラ管がしていることは、
人権侵害にあたると弘中弁護士も言っていた。
訴えてほしいものだわ。
スッカラ管政権は、税金を使って大いなる無駄をするものだ。
それでもなお、スッカラ管一派を支持している議員も
国民もいるのが信じられん。
by noblesse_oblige7 | 2010-12-28 18:10 | 政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oblige7.exblog.jp/tb/12591656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード