多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って25年です。

by マーゴ

総理交代。

管総理(まだ認証されてないから総理候補か?)になって
閣僚メンバー候補が取りざたされている。
マスゴミは反小沢を煽っている。
確かに、反小沢メンバーの人ばかりが確定しそうだ。

この度の、総理交代騒動についてのネットの記事を読んでいると
小沢さんの深遠な計画のもとに、実行されているようだ。
はっきり言えば、小沢さんのB層対策。
ものの見事に、民主党の支持率がアップしているではないか・・・・・・


小沢さん支援者の人からメールをいただいた。
小沢さん支援者に届いたメールだとのことです。
ある人の「私見」とのこと。
コピペの了解を戴きましたので公開させていただきます。
小沢・鳩山同時辞任について

以下コピペ

鳩山総理、小沢幹事長の同時辞任発表は、報道の
無能ぶりを露呈していて痛快だった。
なぜなら、今朝は新聞もテレビも「鳩山続投」で
塗り固められていて、古狸の暗躍を知るへそ曲が
りとしては「ほんとかなぁ」との思いが強かった。

The JOURNALの書き込みを見ると「私も辞めますか
ら、幹事長、あなたも辞めてください」のひと言
に、民主党支援者、就中、小沢支援者はお怒りの
様子だが、それは違うと私は思う。

なぜなら、幹事長は代表による指名であり、組織
論としては運命共同体である。だから、総理であ
り、党代表が職責を全うできずに辞任する場合は
同時に辞任するのが通例でもあり、それが基本的
な組織運営である。

とここまでは良いとして、逆に小沢が「私も辞め
ますから、総理、あなたも引いてください」とな
った場合はどうだろうか。今朝の毎日の余録を読
むと江戸時代の「押込」について書いてあり、参
照して欲しい。それは「詰め腹」であり、無能で
はあっても、内閣総理大臣としての地位は無論の
こと、鳩山個人にも大きな傷跡となり、向後に禍
根を残す。

余録より「御身持ちよろしからず、しばらくお慎
みあるべし」と言上し、殿さまの大小を取りあげ、
身柄を拘束することを「押込」といった。

これは私の推測だが、小沢は「総理、あなたが私
に同時辞任を迫ってください」と言ったかどうか
は定かではないが、ほぼ同じニュアンスの助言が、
これもどこからかは知らないが、鳩山の耳に届き、
今日の発表になった、というのが筋書きではない
だろうか。
つまり、小沢は鳩山に華を持たせることで「武士
としての魂」を手にしたのである。

それに、あまりの手際の良さに不可思議さを感じ
るのは私一人だろうか。確かに会期末であり、法
案の積み残しもありはするが、辞任発表から代表
戦まで中一日であり、これは常軌を逸している。
翻れば、かなり早い段階でシナリオは書かれ、そ
の準備が万端整ったから発表、という図式とへそ
曲がりは見た。そう見ると、昨夜の小沢のしかめ
っ面も、鳩山のグッドサインも、全て胃の腑に落
ちる。

これで小沢が傷ついたか、そんなことは断じてな
いと私は思う。取り敢えずの総理が、菅であれ、
岡田であれ、それを支えるのは一新会、一新倶楽
部、そしてまだ、いづれにも属していない新人議
員と参議院の多数、それに、鳩山に恥を掻かせず
引かせたことで、鳩山Gも小沢Gと同じ立場に立
つだろう。

加えて、参議院選対策で「小沢抜き」は志慮の外
だが、よしんばそうであったとしても、小沢の秘
書団は全国に散っており、選挙が終わるまでこの
態勢は変わらない。

そしてまた、無役であれば仮に負けても責任を問
われることもない。また、小沢は「手抜き」をし
ない。自分が擁立した候補を中心に、軍団挙げて
の支援態勢をつくる。
幹事長であれば「公平」が頭をかすめるが、無役
であれば「手兵」のみに集中することも許される。
結果はどうか、仮に総数では負けても小沢軍団は
確実に増える。

これも推測だが、小沢Gの衆議院議員は新人が多
く、自分の選挙にも増して参議院選を戦う。それ
はそのまま次の自分の衆議議院選への布石であり、
無駄ではないからだ。資金は・・・・から出るだ
ろうし、現役だから食うには困らない。

小林喜代美議員も道連れになったが、これも定石
の範疇でしかない。経緯を見ていると、連座は免
れず、そこまで引きずって辞職させられるよりも、
ここで自ら引く道をつけてやることで、彼女自身も
次につながる。

コピペ終わり
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2010-06-06 09:11 | 政治 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://oblige7.exblog.jp/tb/11258754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by akizy at 2010-06-09 11:28 x
 鳩山政権下においては、まさしく江戸幕府の家老と殿の関係そのものでしたね。実権は家老が握っていたと考えれば、小沢氏は殿を道連れに、自らみを引いたと言うことでしょうか。

 民主党はこれで参議院過半数を獲得するでしょう。すれば、下駄の雪は綺麗に無くなる。

 
 
Commented by マーゴ at 2010-06-09 19:57 x
真相はどうなってんのやら・・・・
毎日、気の揉めることです。
なんせ、新進党時代からの小沢ファンですから。

>下駄の雪は綺麗に無くなる。
浅学にして、意味が解りません。
Commented by akizy at 2010-06-13 11:56 x
こんな例があります。
  あるサイトから、コピペ

 公明党は「下駄の雪」の大先輩
 
  その道の先輩が公明党だ。小渕内閣の時から麻生内閣まで約10年間も自民党と連立を組んできた。それには公明党と支持母体である宗教団体の「創価学会」との「政教分離」の問題がある。
Commented by マーゴ at 2010-06-13 19:05 x
政教分離違反は明白なのに、なんでそこのところの追求はグズグス
なんでしょうねぇ。
公明党を党として認めるのは、なんとしてもおかしい。
センベイが、それほどまでも恐ろしいのでしょうか?
やな渡世でんなぁ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード