人気ブログランキング |

多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って25年です。

by マーゴ

無酢酸透析液

カーボスターでない、無酢酸透析液についての実験報告がある。
第48回日本透析医学会総会
2003年6月20日〜22日
大阪: 国際会議場 リーガロイヤルホテル リーガロイヤルNCBにて、
行われたもので、ちょっと古いのであるけれども、
「酢酸濃度を低下させて、2mEq/L、1mEq/L、0mEq/Lおよび
それらに塩酸を添加した透析液を作成し、
pH、イオン化Ca、透析機器への影響を観察した。」と、あります。
透析機器には、酢酸濃度2mEq/L、1mEq/L,0mEq/Lいずれも、石灰化が生じています。
塩酸を添加した透析液では、石灰化は生じてないと、報告しています。
透析機器と人間とでは、結果は同じということにはならないのでしょうけれど、
無酢酸透析液では石灰化を防ぐことはできないのでしょう。
アメリカのカーボスターには、同じ味の素ファルマ製でありながら
塩酸+αが添加されているのだと聞きました。
FDAの承認もされているそうです。
なんで、塩酸なのか解らなかったことが、やっと理解できました。
なんで、我が国のカーボスターにクエン酸が使われているのか?
なんで、石灰化を防ぐ塩酸が使われていないのか?

今は昔、高校1年生のとき、夏休みに暑いからと
ソウメンと、かき氷と、ミルクセーキしか食べないで過ごしたことがあります。
夏休みが終わって、お腹の調子がすこぶる悪くなった。
食べた後は、お腹が痛い。
お腹がすいても、お腹が痛い。
懇意にしていたお医者さんのとこへ行って、泣きつきました。
胃酸が薄くなっているのだと。
粉薬では受け付けないだろうからと、水薬を渡してくれました。
塩酸の薬だと教えてくれました。
吃驚しましたが、早く治さなくてはと焦っていましたから、
家でも、学校にも持参して飲んでいると、いつの間にか治ってしまいました。
原液で処方したのではないと思いますが、
適切な濃度だと胃酸の役割をしてくれるのだと、識りました。

もう一つ、塩酸と硫酸について。
高校時代、化学に滅法弱くて、少しでも、化学が解るようにと、
クラブ活動の化学部に籍を置いていたことがあります。
誰もいない部室で、塩酸と硫酸の入っている瓶を探し当て
触ってみました。
塩酸だったと思うのですが、スカートにこぼしてしまいました。
液がついた場所には穴があいてしまいました。
硫酸もいじくったと思います。
指について、指紋がしばらく消えてしまいました。
塩酸と硫酸を混ぜると王水になって、
何でも溶かしてしまうということは識っていたので、
塩酸と硫酸に興味を持って、ちょっといじくってみたのでした。
この悪戯については、誰にも言わないでいました。
長じて、オスカー・ワイルドの「ドリアン・グレイの肖像」を読みました。
で、ドリアンが友人のヘンリー卿を殺して、跡形をなくすために
大きな水槽を用意して、塩酸と硫酸を混ぜた王水の中に
ヘンリー卿を浸けるという描写がてできます。
跡形が残らないのなら、そんな殺人もありかな、なんて。
現実では、溶けない大きな水槽は何でつくればいいのやろか?
人間が溶けてしまうほどの塩酸・硫酸を用意するのは可能なんやろかと、
化学音痴は頭をひねるばかりでありました。
ワイルドの小説は面白いものではありましたが。

アメリカでは長期のカーボスター透析はされないそうです。
移植までの5年間ぐらい?
日本でも、「乳酸」を添加した無酢酸透析液が開発されていて
既に治験が始っていると教えてもらったのは、2年近く前です。
その後、どうなったのか知りません。

冒頭のリンクの実験をされた病院は東京の
 高松病院です。
最終更新日が結構古いのですが、
大変ユニークな病院のようです。
院長先生は、そこに患者がいるから救うのだ、救ったという主義の
ドクターのようです。
お元気ならいいのですが。
冒頭のリンク先を教えてくれたのはGさんです。

さて、カーボスターを使用している施設は1200にのぼるそうです。
岐阜県臨床工学技士会
ランチョンセミナー
日時:2009年6月21日(日)12:00~13:00
場所:長良川国際会議場 5階 国際会議室
.........〒502-0817 岐阜市長良福光2695-2
.........TEL:058-296-1200
『カーボスター透析剤の最新情報提供―機械適合性と期待される臨床効果-』
宮野恵美 味の素ファルマ(株)マーケティング部透析グループ
が、発表されてます。
まぁ、悪いことは報告しないでしょうから。
by noblesse_oblige7 | 2009-08-09 17:33 | カーボスター・クエン酸 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : https://oblige7.exblog.jp/tb/10084110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kusakari at 2009-08-09 18:25 x
その発表。

酢酸を減らして、無くして、患者の循環状態(心機能)が良くなったという結論ですよ。
Commented by noblesse_oblige7 at 2009-08-09 19:21
酢酸を減らしてしまうと、石灰化が起きるから、
クエン酸ではなくて、塩酸を添加したのですよね。
クエン酸は、石灰化を起こす危険性があるということは、
味の素も使用上注意に明記してありますね。
クエン酸とは言ってませんが、カーボスターはと。

私の場合、心機能が良くなったかどうかの自覚はありません。
どんな検査をすれば、解るのでしょうか?
それより何より、心臓の血管の石灰化の恐怖が強かった。
Commented by マーゴ at 2009-08-10 07:29 x
CTRも体重も何ら変化はありませんでした。
CTR42〜44を行ったり来たり。
体重48.5〜49くらい。
Commented by マーゴ at 2009-08-10 08:01 x
透析10年後から、心臓の合併症が出てくるから
注意するようにとのアドバイスがあり、注意していました。
透析間の体重増加には、特に注意をしています。
つまり、水分・水分を摂らないようにしています。
多分、超優等生でしょう。
除水量が多いとしんどくなるのは、直感的に理解してました。
Commented by ksuakari at 2009-08-10 12:47 x
石灰沈着の懸念に関しては,他の製剤でも記載されていますよ.

上の施設の発表はクエン酸を思いつかなかっただけではなかろうかと思います.

それから,海外の製剤は味の素製ではない筈です.
クエン酸がもう少し多いようです.
Commented by green stone at 2009-08-10 16:04 x

カーボスターについてあっちこっちで話題にされていますが、我が施設に関しては蚊帳の外。
もっともDrや技士の頭目はオンラインすら経験がないし、まして血液ガスは何者だの世界、まあ石器時代からの踏襲が続いてをりますから、宜なるかな。
こんな透析でも一人前に医療費だけは画一料金だからね。
ヤヤクラッシックな川津病院です。
Commented by すーさん at 2009-08-11 11:46 x
来年夏には、扶桑薬品でも無酢酸透析液を発売する様ですね。
どのような組成であるかは現在明らかになっていないようですが、期待したいですね。
Commented by マーゴ at 2009-08-12 09:05 x
>Doc.kusakari
透析液のメーカーはいろいろあるのでしょうけれど、
多分、カーボスターを使う前は、扶桑のを使っていたのだと思います。
何度も記述してますが、HCO3・pHが異常に上昇したのは
カーボスターだけです。
私の場合、石灰化が促進したのは、カーボスターのせいと確信してます。
Doc.kusakariはカーボスターで石灰化したことは
認めたくないのでしょうけれど。
血ガス検査もフソウの簡易キットでしたし。
人工血管の血管エコーを、ほぼ3ヶ月に1回している人は
平中診療所(現在、天満中村クリニック)で人工血管を
管理してもらっている人の他は殆どいないのではないでしょうか?
私は10年管理してもらっています。
Commented by マーゴ at 2009-08-12 09:07 x
つづき
その中で、カーボスターを使用するようになって、
顕著に、動脈側の石灰化が増えてきたのです。
うろ覚えではありますが、
2008/9/1・血管エコー・動脈側1ヶ所
2008/12/27・3カ所
このとき以降、Doc.kusakariのBBSで、血流を上げたら
石灰化が消える(?)といった記述があったので
血流300→350にあげてみたのです。
ところが、2009/2/17に人工血管延長手術後では、
TMPが上昇して、血流は下げていましたが、
6/22の手術後点検で、石灰化が5カ所に増えていました。
石灰化の要素はいろいろあるのかもしれませんが、
pH・HCO3の上昇での石灰化と看做すドクターは複数でした。
カーボスターを続ける限り、石灰化は増えるのが
予測されるのは当然ではないでしょうか?
>それから,海外の製剤は味の素製ではない筈です.
>クエン酸がもう少し多いようです.

透析研究家に聞いた限りでは、アメリカで使用されている
カーボスターは塩酸+αで、クエン酸は使われていないということでした。
折りをみて、確かめておきます。

Commented by マーゴ at 2009-08-12 09:13 x
>green stone-san
カーボスターの話題は、多いとは思いませんけど。
Yan-sanとこと、Doc.のとこ、私んとこ、他1ぐらい。
もっとも、私は透析者のサイトを余りうろつきませんので。
Commented by マーゴ at 2009-08-12 09:26 x
>すー先生
ようこそ、お運びくださいまして、有難うございます。
扶桑の透析液につきましては、
1昨年10月に私が書いた記事があります。
「乳酸を使う透析液、治験ちう」というタイトルです。
URLを表示すると、コメント欄は拒否してしまうので書き込めませんが。
組成が明らかになってないということは、極秘だったのでしょうか?
それとも、変更になったのでしょうか?
かなり時間が経過していることだし。
Commented by すーさん at 2009-08-12 13:54 x
どうもありがとうございます。
治験の時は、治験を行って貰う施設にはもちろん組成を開示して有るでしょう。
ただ、その後販売がきまってからは、承認がおりるまで組成を公表出来ないようです。(よく分かりませんが。)
でも、乳酸を使うとは知りませんでした。

乳酸のものだとPHが高くないといいですね。
Commented by noblesse_oblige7 at 2009-08-12 16:30
承認はされたということなのですね。
薬品類は、販売が決まるのはなかなかなんですね。
Commented by kuakari at 2009-08-13 00:37 x
そもそも、人工血管の石灰化って、どういう判定の仕方なのかしら?

人工血管の内側、エコーじゃ診れませんでしょ?
Commented by マーゴ at 2009-08-13 05:52 x
きっちり、みえますけど。
それ用のヘッドがありまする。100万円くらい。
Commented by kuakari at 2009-08-16 19:14 x
了解いたしました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード