多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って25年です。

by マーゴ
かっては、大学時代だったかな?唯物史観の時代もあったのに・・・・天国って何処にあるの?西方浄土って?極楽は?地獄は?アナタはどこにいるの?誰も、逝ったら還ってこないもんね。宗教家はいろいろ言うけれど、どんなに修行を積んでいても、実際の体験者はいないのだから・・・・・呼べども、叫んでも、返事はない。いつも二人でいたから、一人は耐えられない。もう悲痛は通り超して、悲痛の先はなんだろう???
[PR]
# by noblesse_oblige7 | 2015-04-29 17:45 | 最愛のパートナー | Comments(0)

必ず選挙に行きましょう

d0107378_2085145.png 12月14日は必ず投票に行きましょう

アベノミクス解散という自分の名前を
つけた解散など前代未聞で
国民を侮辱していますが、
千載一遇のチャンスとも思えます。
アベノミクスの賛否を問う選挙です。
あなたが裁判官になれる日なのです。
直接民主主義の唯一の機会です。
ぜひ投票に行ってください。

無党派層の方々

絶対、棄権はしないでください。
組織票のある自民党を利するだけです。
すでに、アベノミクスは破綻しているのです。
幼児性の強い安倍晋三は賞味期限を過ぎています。
広島・長崎と原爆被害を体験している日本で原発を稼動させているなどあってはならないことです。
福島原発事故が未だに収束していないにも
かかわらず、次々と原発再稼働しようとしています。
集団的自衛権の行使を憲法解釈を変更してまでも
無理矢理、閣議決定してしました。
いつか来た道、戦争への道筋をつけたのです。
安倍政権に「ノー」を突きつける絶好のチャンスです。
あなたの貴重な一票を無駄にしないで。
自民党を倒して気分の良いクリスマスを迎えましょうd0107378_20104992.jpg
d0107378_20103776.jpg

[PR]
# by noblesse_oblige7 | 2014-12-05 20:17 | 選挙 | Comments(0)
http://bit.ly/1HK5rcn
上記のURLに飛んでください。
平野先生への出馬インタビューがあります。
画像の埋め込みがどうしてもできない。
長期にわたって、投稿を休んでいたのでブログの機能が
大幅に変更になっていて、
非常に解りにくくなってしまっている、
難儀やなぁ。


[PR]
# by noblesse_oblige7 | 2014-11-28 17:50 | 選挙 | Comments(0)

寂寥感に打ちひしがれて

家の隅々までに、私が出かける道筋ごとに彼との思い出が駆け巡り、
身の置き所のない寂しさに包まれて、日々を過ごさなければならない。
いっそのこと、私が彼の元に逝ったらせいせいするのかも。
しかし、その勇気もないままに、ウジウジと日々をやり過ごしている。
彼の霊魂(たましい)の所在を求めるものの、
科学的には証明されてないもどかしさ。
NHKで立花隆が自ら脳死体験を試みていたが、
理解不能のままで番組が終わった。
愛する人を、その想いも伝えられないままに結核で亡くして、
霊魂の所在を求めて、あの民俗学者の柳田國男の
「遠野物語」ができたのだと、NHKでなんの番組が忘れたけれど、
放送していた。
柳田国男でさえ、愛した人の霊魂の所在を求めたのだから、
みんな一緒なのだろう。
彼の思い出を縷々綴りたいのだけれど、涙が溢れて、
本日はこれ以上書けない・・・・・・
また後日に譲ろう、いつ書けるのやら・・・・・

[PR]
# by noblesse_oblige7 | 2014-11-14 19:36 | 最愛のパートナー | Comments(0)
未だ、パートナーの不在が受け入れられない、納得できない。
私より元気で、不死身のように頑健だったのに。
ただ、タバコの喫い過ぎが心配の種ではあったのだけど。
繰り返し繰り返し禁煙の約束をしながら、
やっとこさ、自ら今年の1月1日からタバコを止めた
との報告はして貰ってはいたけれど・・・・・・
彼の不在が、辛くて、切なくて、人生でこれほどまでに
悲劇的なことに遭遇したことは無い。
特に、勘が鋭いと自負していた私の不覚に、
罪悪感を禁じえなくてどんなに謝罪しても、後の祭り。
身の置き所も無い苦しさに喘いでいる。
それは、1月8日午前8時20分、私が入院中のベッドサイドで
携帯が鳴り、相手を確認せずに電話に出た。
相手は一語一語ゆっくりと話しかけてきた。
ところが何を言っているのかさっぱり判らないので
イタズラ電話だと思い込んで途中で切ってしまったのだ。
このことたけは、妙に記憶している。
そして、1月11日に、パートナーが亡くなっているとの連絡があり、どのようにして、自宅に帰ったのか記憶が定かではないのだが、
警察官と亡くなった日を確認する手続きをする際に
パートナーの携帯の履歴を見せられた。
履歴の発信は
1/8 8:20 私宛
着信の履歴は
1/8 8:21 私からパートナー宛
になっていて、私がパートナーに電話した記憶は
無かったのだが、
死亡時間は1月8日午前8時半頃推定となってしまった。
ところが私の退院する日(2/16)に、
姫井由美子さんが送ってきてくれて、
パートナーの携帯をチェックしてくれて、「10日に電話してる」、と素っ頓狂な声を上げた。
私は「8日に亡くなっているのに、
警察官が電話したんでしょ」なんて呑気なことを言っていた。
後になって警察官が来ていたのは11日で、
10日には来てないと気付いた。
しかし、パートナーの携帯を見るのが怖くて
気にはなっているけれど、見ないままで過ごしていた。
最近になってようやく見る気持ちになって、
充電をして見ると、
姫井さんが言った通り1月10日の
16:41・16:44・16:45・17:40の4回4人に
発信履歴が残っていた。
私に電話があったときから1月10日の17時40分までのあいだに意識を失くしたり、
覚醒したりと意識の混濁があって、
どんなに心細くて苦しい時間を費やしていたのか
想像すると、
なんで、私が早く自宅に戻らなかったかと
悔やまれて悔やまれて。
10日に妹に電話したときは、まだ充分生存していのだ!!
妹に任せず、私が帰っていたら、
救急車で病院に運べていたのに。
もしかしたら、助かっていたかもしれないのに。
私が見殺しにしてしまった!!!!!!
どんなに悔やんでも悔やんでも、
仏壇の前で謝っても、もはや届かない。

命日が8日でなく、10日以降11日未明ということになる。
検死官は死亡日の特定も出来ないんだ。
私が、もっと注意深く慎重に振る舞えていたら
こんな間違いは防げたのにと思うけれど、
亡くなっているとの報告を受けてから
余りに突然のことで、茫然自失状態に陥っていたから
駆けつけてきてくれていた弟と妹の言われるがままに
動いていたのだろう。

ごめんなさい、ごめんなさい。
本当にゴメンナサイ。
[PR]
# by noblesse_oblige7 | 2014-06-22 16:52 | 最愛のパートナー | Comments(2)