多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って24年です。

by マーゴ
雲が満天を覆って、全く月が出なかった。
昨日、中秋の名月はなんとか観ることはできた。
月に叢雲で風情があると言われているが、
満月のまんまで見たかったのに。
雲が移動して満月になったり、叢雲になったり、
午後7時半ごろまでかな、以後は雲が覆ってしまった。

[PR]
# by noblesse_oblige7 | 2015-09-28 19:43 | 自然観察 | Comments(0)

大変な洪水

栃木県・茨城県、ここ2日、TVでは繰り返し繰り返し両県の
鬼怒川氾濫のニュースを流しているが、
被災した方々のこれからの生活に想いを馳せると、
やるせない感情に包まれてしまう。
今の所、岡山県は台風・竜巻・大雨には嫌われているのか
平穏な気候に恵まれて、何事も起きていないが
万が一にも両県のような大雨に襲われるなんてことを
想像すると震えてしまう。
月並みなお見舞いの言葉なんて、
何の足しにもならないだろう。
自然の脅威にはひれ伏すしかないのだろうか?

私の棲んでいる場所から200mほど先には天井川と
呼ばれている川がある。
その川が氾濫すると、
川より低い土地に一気に水が溢れてくるだろう。
寡聞にして、その川が溢れたという話は
聞いてないが、鬼怒川の氾濫ぶりを
TVで見ていると、心配になってくる。


[PR]
# by noblesse_oblige7 | 2015-09-11 10:44 | Comments(0)
佐野研二郎氏デザインのオリンピックエンブレムについて、
自身は、模倣を認めていないけれど、
ネットでの新たに公開された映像からみると、
もう言い逃れできないほどの類似デザインがでてきている。
なぜかリンクできない。デザイナーやイラストレーターはなかなかオリジナルのデザインを創ることやイラストレーションを描くことができない人が多い。私自身はコピーライターで、パートナーのプランナーと共にパンフレットなどの販促物の制作会社を営んでいたから日常的にデザイナーやイラストレーターと接触していて、アレンジがオリジナルより格段に秀逸なイラストレーションにいつも接していた。つまり、デザイナー・イラストレーターではなくアレンジャーなのだ。昨今は使用してもいいデザイン集が有料で販売されているようでオリジナルをつくるということは非常に難しいことの証明なのだろう。佐野氏もオリジナルのデザインができないアレンジャーの部類の人だったのでしょう。それにしても、オリンピックのデザインを模倣で提出するなどとは神経が麻痺していた、日常的にアレンジャーデザイナーだったのだろう。

[PR]
# by noblesse_oblige7 | 2015-09-04 14:57 | オリジナルデザインと模倣 | Comments(2)
7月18日(土)に発症して本日8月7日(金)にやっと治ったと
実感できる状態になった。
早い人で2週間、普通は1ヶ月かかるそうだから、
私のばやい、3週間たらずってとこ。
免疫はできないそうだけど、二度と罹りたくないわ。
お蔭で、食欲がないのがまだ治らない。
人によっては、食欲が無くなるなんてことはないらしいが、
私のばやい、食欲が全然なくなってしまって
未だないのだ。
大体、通年では夏バテ知らずで、
食欲が無くなるなんてことはないのに・・・・・
この異常な暑さに負けているのだろうか?
食欲が戻らないのだ。
おかいさんなら、なんとか食べられるのだが、
タンパク質を食べたくないのだ。
とにかく、何も食べたい気分にならない。
仕方ないから、おかいさんに卵をぶち込んで
なんとかしのいでいるのだが、
猛暑を乗り切れんのか?


[PR]
# by noblesse_oblige7 | 2015-08-07 19:18 | 肺炎 | Comments(2)
先週土曜日(7/18)、左喉が痛くて熱が出ていたので、
透析開始前に、スタッフに報告して鼻くそ(インフルエンザ)の
検査して欲しい旨頼むと、
もしかしたらマイコプラズマ感染かもしれないと。
鼻くそでなく、喉の粘膜の検査をする。
15分くらいで結果が出ると。
15分待っても、結果の報告がない。
検査が混んでんのかいなとブツクサ。
30分ほどしたら、スタッフが耳元で、こっそり囁いた。
妖精、でなはくて、陽性ですと。 
2週間ほど潜伏期間があるとのこと。
だったら、隣のベットの人が2週間ほど前に、
蚊取り線香で喉をやられたと、スタッフに報告していたやん。
蚊取り線香の影響ではなく、マイコプラズマ感染で
他にもなにやらいろいろ報告していた。
すぐ様、カーテンで仕切っていたけれど、簡易カーテンだから
スキマだらけ。こんなんで効果あんのかと訝っていたけれど、
3軒隣りのベッドの人も、同じように簡易カーテンで仕切られていた。
後で聞いた話だけれど、火・木・土の透析日の人たちに
蔓延しているらしい。

マイコプラズマ肺炎というのは、風邪症状が現出するらしいけれど
どんな風邪よりもしんどいわ。
まず、嗅覚と味覚が消失しまうのだ。
土曜日、抗生剤2種類の点滴をしてもらい、帰り際に
肺のレントゲンを撮って、診察してもらった際、
肺に白くモヤモヤがあると。
これが気管支炎や咳・痰の原因になると。
まだそれほど咳き込んでなかったし、痰も全然出てなかった。
それが、翌日曜になり、鼻水が絶え間なく出るわ、出るわ。
空咳も混じって咳き込む。悲惨なことに。

月曜日に院長の診察があって、喉を診て、
肺の前後に聴診器をあてたけれど、ほとんどコメントなし。
私自身がマイコプラズマについて、ネットで調べていたので、
子供に多いそうですねと言ったら、
そんなことない。ウチでは1、000人診てるよだって。
子供だけではなく、延べ人数だろうけれど。
私が、たまたま視たネット情報は古かったのだ。

まだ症状としては酷くなくて、熱も下がっていたので
抗生剤の点滴は中止で、
飲み薬クラリチンレディタブ錠10mgと
クラビット錠250mgを5日分処方された。
22日(火曜日)、4日透析しているから仕方なく
イヤイヤ長船まで通院。
倦怠感が出てきた。食欲は余りないけれど、
食べないと治らないと、3度ともおかゆさん。
透析中だけは食事がスムーズにできるのが救いかな。
鼻汁と咳痰が粘っこくなって、鼻をかむのも、咳をするのも
非常にエネルギー消耗する。
おまけに、体温調節能力が低下しているのか、
このクソ暑い最中、暑いと感じないのに
両腕と上半身に汗が吹き出て、ほっとくわけにも行かず
タオルで拭きまくるのだけど、止まらないのだ。
クーラーなんかもってのほか。
扇風機の弱弱かウチワで扇ぐくらいが最適。

クラリチンレディタブ錠を調べると、
花粉症に処方されるらしい。
咳もアレルギー症状ということで処方されたらしいが、
一時的に症状が緩和されるだけで、治癒しないのだ。
クラビット錠は菌を殺すらしいが、画期的な効用はないようだ。
22日・23日・24日・25日と鼻汁と咳と痰と汗で
七転八倒の日々が続いたあげく
マイコプラズマ菌は熱に弱いと書いてあったのを
思い出した。
これまで紅茶の嗽はしていたものの、
頻繁にはしていなかった。
本日(26日)から、熱い紅茶の嗽を繰り返していたら
鼻汁と痰のキレは僅かながら快方に
向かってきているような気がしている。
嗅覚・味覚はまだ戻ってないけれど。

1ヶ月も咳が続くということなのだが、
熱い紅茶嗽と熱いお湯を飲んで、
マイコプラズマを撃退してやるわと、
パートナーが亡くなって以来
積極的に生きる気分を喪失しているにもかかわらず
マイコプラズ菌に敵意むき出しにしている。


[PR]
# by noblesse_oblige7 | 2015-07-26 13:45 | 肺炎 | Comments(0)