多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って25年です。

by マーゴ

<   2011年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼前原推薦人(24人)

 阿知波吉信、泉健太、井戸正枝、小川淳也、小原舞、城井崇、菊田真紀子、
 黒岩宇洋、小宮山洋子、斉藤進、下条みつ、高井美穂、高橋昭一、仁木博文、
 古川元久、細野豪志、山井和則、柚木道義、渡辺周(以上衆院) 
 小川勝也、徳永久志、中谷智司、林久美子、松浦大悟(以上参院)
------------------------------------------------------------------------------
▼馬淵推薦人(20人)

 石井登志郎、磯谷香代子、大西健介、櫛渕万里、阪口直人、杉本和巳、
 高井崇志、高野守、高邑勉、高山智司、滝実、玉置公良、長安豊、
 福島伸享、宮崎岳志、吉川政重(以上衆院) 
 ツルネン・マルテイ、藤末健三、前川清成、横峯良郎(以上参院)
------------------------------------------------------------------------------
▼海江田推薦人(25人)

 赤松広隆、東祥三、糸川正晃、岡本英子、奥野総一郎、小沢鋭仁、川内博史、
 小宮山泰子、辻恵、中川治、中塚一宏、初鹿明博、原口一博、福田昭夫、
 松野頼久、山花郁夫(以上衆院) 
 小川敏夫、尾立源幸、桜井充、佐藤公治、武内則男、谷亮子、谷岡郁子、
 藤田幸久、安井美沙子(以上参院)
------------------------------------------------------------------------------
▼野田推薦人(25人)

 荒井聡、打越明司、江端貴子、大串博志、岸本周平、近藤洋介、柴橋正直、
 武正公一、手塚仁雄、中川正春、橋本博明、花咲宏基、藤村修、牧野聖修、
 松本大輔、三谷光男、森岡洋一郎、森本哲生、森山浩行、谷田川元、山口壮、
 山田良司(以上衆院) 
 長浜博行、広田一、蓮舫(以上参院)
------------------------------------------------------------------------------
▼鹿野推薦人(20人)

 池田元久、石田勝之、大島敦、大畠章宏、川村秀三郎、楠田大蔵、小林興起、
 小山展弘、佐々木隆博、篠原孝、末松義規、田名部匡代、筒井信隆、中山義活、
 橋本清仁、樋口俊一、松崎公昭、吉田公一、和嶋未希(以上衆院) 
 大島九州男、大野元裕、白真勲、舟山康江、前田武志、増子輝彦(以上参院)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
印はスッカラ菅に投票した議員
日本を破滅に導く議員と認定!

以下を参照してください。
菅直人首相支持を「国会応援団」として支持表明した民主党国会議員の皆さん
民主党代表選2010 菅首相を誕生させたのはこの私たちです! YES, WE KAN!
2010年9月14日、私たちは菅直人さんを満を持して日本国総理大臣に選出いたしました!
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-08-28 09:56 | 政治 | Comments(0)

ベターな選択。

これで、前原代表は無くなったと考えても良いのだろう。
けれども、海江田総理では、頼りなさ過ぎる。
小沢前幹事長が最も御しやすいのは、代表候補の中では海江田ということ。
泣きながらでも、スッカラ菅に従っていたぐらいだから。
ワンポイント・リリーフとしては打ってつけということなのだろう。

これで、スッカラ菅一派の仙谷・前原・野田・岡田・枝野・玄葉・安住
などの顔を見なくて済むようになれば、ホント清々するのだけど。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-08-26 22:41 | 政治 | Comments(0)
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!コピペ開始!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
そもそも首相の器にあらず・・・ [田中康夫 にっぽん改国] (日刊ゲンダイ) 

「それは・・・。本人が出たいと言うなら頑張れと言うしかないじゃないですか」と稲盛和夫氏は述べました。仰(おっしゃ)る通り。何人(なんびと)も阻止する権限を有しません。それが「民主主義」のモラルです。
投票で過半数を獲得した者が信認される。これも「民主主義」のルールです。であればこそ、「選良」たり得る人物か否かを国民に判断頂く為に、「説明責任」が求められています。それは「民主主義」のコストです。
「閣僚を辞めたから問題が解決したとは思わない。野党も終わりと思っていない」。平田健二民主党参議院幹事長は昨日の会見で指摘しました。2年間に脱税2億3600万円で逮捕された暴力団元構成員とは「6、7年前からの知り合い」と参議院予算委員会で前原誠司外務大臣が答弁したのは今年3月4日です。
奇(く)しくも6年10ヶ月前の04年5月に逮捕され、一審、二審で有罪が確定する間、覚醒剤所持の逮捕歴も有する件(くだん)の人物を野田佳彦、村田蓮舫の両氏に彼は紹介し、献金も受けています。北朝鮮の覚醒剤密輸組織との関係が色濃い人物。「全体像を把握してからお答えをした方がいい」と言い逸(そ)らすや電光石火、閣僚を辞任しました。
が、今日に至るも「説明責任」を果たしていません。武闘派の経済ヤクザ・後藤組系列のフロント企業ならぬフロントNPO「ヒール・ザ・ワールド・オブ・インスティテュート 日本文化研究会」から献金やパーティ券購入を受け、会報誌に写真入りで挨拶文を寄せていた点も含め・・・。
「民主主義」のモラルもルールもコストも、軽んじているのです。「そもそも外相まで務めるような人物か!首相の器でない」と作家の高村薫女史は当時、「共同通信」で喝破しました。
当の本人も自覚していたのかも知れません。「首相と閣僚では仕事の大変さが違う。私には能力も覚悟も無い」と11日夜、周囲に語ったと「讀賣新聞」は報じました。
が、急転直下、「日本の危機を救う。国民の期待に応えていく。その先頭に立たせて頂きたい」と昨23日夜、同じ京都府出身の島田紳助氏とは真逆の決断を行います。防衛事務次官逮捕に至った「山田洋行事件」で暗躍した日米平和・文化交流協会との関係も含め、「誠司とカネ」は解決していないにも拘(かかわ)らず。
当初は米国の覚え目出度き大統領として脚光を浴びるも今や見放され満身創痍な、何れも同世代のアフガニスタンのハーミド・カルザイ、グルジアのミヘイル・サーカシビリの轍を踏まぬ事を願うや切。仮に彼が有為な人物であるなら猶(なお)の事。
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!コピペおしまい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

前原になんで人気があるのか全く不明。
国会の郷ひろみとか言われているらしい。
そんなところから人気があるのだとしたらおぞましい限り。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-08-26 17:28 | 政治 | Comments(0)
♥♥♥♥♥♥コピペ開始♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

<メルマガ・日本一新第63号>

◎「日本一新運動」の原点―70

              日本一新の会・代表 平野 貞夫

(議会政治を崩壊させたのは誰か)

 賢明な日本国民は、平成21年8月の衆議院総選挙で、自民党
から民主党への政権交代を自らの意志で選択した。これは120
年のわが国議会政治で、国民が初めて総選挙で新政権をつくった
画期的なことであった。もっといえば、大和朝廷以来初めて民衆
が創った政権といえる。その意味では歴史的出来事であったが、
この認識を民主党所属の国会議員が持たなかったことに、今日の
政治混迷の原因がある。
 鳩山政権では政権運営に不慣れということで済ませたが、菅政
権に代わると議会政治の破壊行為が続いた。菅首相は「議会制民
主主義というのは期限を切ったあるレベルの独裁」という趣旨の
ことを、国会質疑などで発言していた。これは反議会主義の危険
な発想であることを、学者も巨大メディアもまったく指摘しない。
健全な議会政治とは、過半数の力があればあるほど少数野党や国
民と議論し説得して行うものだ。
 菅首相、仙谷官房長官、枝野幹事長の国会での発言や参議院選
挙での議論に、議会政治の少数意見への配慮という姿勢は垣間も
なく、この3人はかつての共産圏にあった議会政治を利用する内
ゲバ政治家だと感じた。その後、政権交代の原点を破壊する政治
を続けていたが、東日本大震災では国家の統治行為も、国会の機
能もことごとく破壊した。菅政権が120年続いたわが国の議会
政治を破壊したといえる。
 議会政治を崩壊させたのは、菅政権と民主党執行部であるが、
その責任は与党だけではない。野党も含め、全ての国会議員が自
覚しなければならない。多くの国会議員は、議会政治の本質と仕
組みについて無知である。というよりも関心がなく、国会の制度
や手続を司法のそれと同質だと思っている議員が圧倒的に多い。
有名大学や高学歴の政治家ほど、この傾向が強く議会政治の原理
や精神に関心がないことに問題がある。

(明治の議会政治家の精神に学べ)

 わが国の議会政治が崩壊状態になった責任は私にもある。衆議
院事務局33年、参議院議員12年、そして政治評論を7年とい
う人生のなかで、もっともっと議会政治の原理と精神を国民に啓
蒙すべきであったと反省している。この反省を肝に銘じ、酷暑の
中、緊急出版として『議会政治の誕生と国会―崩壊・再生への道
―』(信山社)を執筆中である。
 8月23日現在、大正時代の議会政治を終えたところだ。これ
までで感動したのは、第15回議会・明治34年3月22日、衆
議院本会議での足尾銅山鉱毒問題に対する田中正造議員の伊藤博
文首相に対する質問である。「鉱山師の奴隷政府」という名演説
で、中心部分を紹介する。

  鉱毒の害というものは、地面が亡くなってしまう。元金が亡
 くなってしまう。同時に人類も亡くなってしまう。これをこの
 ままにしてし まうと、人民は死に国家は亡くなってしまう。
  足尾銅山の鉱業主は古河市兵衛である。古河市兵衛の奴隷の
 働きだ けは止めてくれろ―お聞き下さい。自分の兄弟は乳の
 足らぬために死 ぬ。耕すべき地は無い。悲しいと言って出て
 くる請願人には、大臣が面会しない。それを苦労して出てくる
 者は、捕らえて牢に打ち込む。
  来たる第16議会に於て田中正造は出ませぬ(議員辞職する)
 でも、これは国家の問題でございますから、・・・伊藤内閣は
 古河市兵衛の奴隷なり、という辞を発せられない様に私は望ん
 で置く。

 この田中正造の演説を知って、私は福島第一原発事故の放射能
被害の悲劇を思った。鉱毒被害と放射能被害は共通点がある。ま
ず、今回の原発事故について、国会や公開の席で、田中正造のよ
うな民衆を思う精神で政府を追及した政治家はひとりもいなかっ
た。ただ唯一、ニコニコ動画の記者会見で小沢一郎が「放射能被
害対策のみならず、原発事故そのものの収束も含めて、国の責任
で行うべきだ」という発言が印象に残っただけだ。全国会議員は、
福島第一原発事故に明治の義人・田中正造の精神を体して取り組
むべきだ。
 それにしても、菅政権の原発事故対応は人間に対する冒涜であ
る。「直ちに影響はない」と三百代言の情報隠蔽と操作で嘘に嘘
を重ね、国民の暮らしに無要の混乱をもたらした。拭いがたい政
治不信をつくった責任を微塵も感じないのが菅直人首相だ。人間
に非ずと断じておこう。

(代表選の前にA級戦犯の総括と
            小沢氏等の党員資格停止の解除を)

 不思議でならないことは、民主党代表選挙がどういう理由で行
われるのか、まったく報道されていない。理由は菅政権が行き詰
まったからだ。菅首相に政権担当能力がなく、岡田幹事長には国
会運営と党運営能力がないことが原因である。従って、代表戦を
行う前にやるべきことは、まず、菅政権の失政を総括することが
民主党再生の絶対条件である。
 失敗のA級戦犯にあたる菅首相、仙谷内閣官房副長官、岡田幹
事長らは、公開の両院議員総会で反省の総括を行うべきである。
悩みに悩んだ末に、代表選出馬を決意した前原前外相も、やはり
A級戦犯だ。八ッ場ダム・JAL問題、さらに尖閣列島の中国漁
船衝突問題で無責任政治を行ったことを総括すべきだ。また、京
都での前原氏の「政治とカネ」問題は、深刻な事態と聞いている。
政権与党の代表となれば、民主党の崩壊にもなりかねないことを
危惧する。
 彼らは議会政治の冒涜と、政権交代の原点である「国民の生活
が第一」の目標を潰してしまった。民主党内の議論もなく、政権
交代の魂を売り払った理由と責任を国民に説明すべきである。
 ところがこれをやろうとしない。理由は、巨大メディアが菅政
権に甘く政治の混迷の真実を報道しないからである。その代表が
朝日新聞だ。8月22日の東京版社説と若宮主筆の「座標軸」に
は驚いた。これこそが議会政治の本質を知らない典型だ。社説は
「なぜ続く短命政権―病根は『参院』『常在戦場』」と題し、政
治的混迷の病根を参議院制度や両院の選挙制度にあるとしている。
 若宮主筆は「劣化きわまる政治 抜本改革を―二院制と選挙制
度」と題して、同趣旨のことを論じている。政治の劣化と混迷の
原因が、菅民主党政権の無知と無能と不見識にあるのではなく、
両院制度や選挙制度の欠陥に問題があるという主張だ。まったく
の論理のすり替えであり、天下の朝日新聞がこれだから、日本の
政治の劣化は治らない。その病根が朝日新聞にあることを糾弾し
ておく。
 人がつくるものだから、どんな制度でも完全無欠のものはなく、
むしろ、それに携わる人間が正常でなければ制度が機能しないこ
とは世界の常識だ。議会政治もまったく同じである。
 日本で不正常な、例えば、菅政権の指導者のような人材を育て
たのは朝日新聞といえる。朝日新聞の体質と民主党A級戦犯たち
の体質は似たものがある。それは、理屈では社会正義を主張する
が、その実態は自己利益の方便として利用するという「新左翼的
内ゲバ」思想だ。わが国にとって「脱原発」も必要だが、「脱朝
日」はより以上に重要である。
 民主党代表選挙を、挙党体制で党再生の機会にしようとするな
ら、小沢一郎氏はじめ、田中真紀子氏ら菅内閣不信任案に欠席し
た議員の「党員資格停止」を解除することがその入り口である。
 そもそも、菅・仙谷・岡田という反小沢のトリオが政権延命の
ために仕組んだのが、小沢氏の党員資格停止であった。検察審査
会の強制起訴は、検察の一部と東京第二弁護士会を使って、某政
治家が政治的に策略したといわれていた。検察審査会の議決に違
法性があることを証明できる材料を我々は持っている。がそれよ
りも、強制起訴の前提となる「石川議員の検察調書」が、東京地
裁において証拠として採用されないことが決定した。この事実は、
小沢氏の党員資格停止を解除する要件となる「状況の変化」であ
る。
 もっというなら、小沢氏の裁判は起訴却下で中止されるべきで
ある。それを制度がないという理由で続けるようだが、こんなに
人権を無視したことはない。最高裁の決定で可能なはずだ。
 小沢氏を党員資格停止として、菅民主党執行部が「小沢排除」
を断行したことに今日の混迷の根本原因がある。このことが理解
できない民主党の国会議員は政治家を続ける資格はない。(了)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♥♥♥♥♥♥コピペ終了♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

民主党新代表候補・口先誠司を小沢前幹事長は絶対支持しないで欲しい。
どの顔ぶら下げて、小沢前幹事長に支持を依頼しにいってんのやら。
党員資格停止解除やら、副総裁や幹事長席をちらつかせているのか!?
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-08-24 18:08 | 政治 | Comments(0)
★★★★★★★★コピペ開始★★★★★★★★★★★★★★★★★

━━【日本一新】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   第62号・2011/8/18
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
顧問:戸田邦司
発行:平野貞夫
編集:大島楯臣
         (特別無償配信号・転載自由・無限拡散希望)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      <メルマガ・日本一新第62号>

◎「日本一新運動」の原点―69

              日本一新の会・代表 平野 貞夫

○ 巨大メディアの「小沢排除」が国を滅ぼす

 8月9日(火)、菅首相が国会の答弁で、ようやく退陣の段取
りについて発言して、この後に想定外のアクシデントがなければ、
8月中には辞めることになる。それに合わせるように、民主党の
岡田幹事長は、政権交代マニフェストの基本部分を自民党と公明
党の要求を丸のみして修正・見直すとした。事実上、菅首相を辞
めさせるために民主党の心を売ったといえる。
 巨大メディアの関心が、後継代表選出に移った矢先、野田財務
相が飛び出し、巨大メディアの太鼓たたきが始まった。おそらく
背後には財務省があってのことだろう。何しろ「大増税」と「大
連立」を、早々に打ち上げさせて世論づくりを始めたのだ。この
流れでは、まともな代表選なんか期待できない。民主党は実質的
には崩壊したといえるが、ここに至った原因やこれからの問題を
整理しておきたい。

(小沢一郎に於ける政治理念の進化)

 21世紀に生きる政治家がまず認識すべきことは、20世紀で
謳歌してきた「資本主義」が、変質というよりも崩壊したことで
ある。残念ながら、わが国の多くの政治家や有識者はこの認識に
欠けている。これが混迷する日本が立ち上がることができない原
因である。この基本的歴史認識が国民的に合意できれば、新しい
日本を創ることができる。
 小沢一郎氏は平成元年(1989)、自民党海部政権の幹事長
時代、米ソ冷戦の終結を体験して私にこういった。「誰もが資本
主義が勝った。これで世界が繁栄して平和になると思っているが、
僕はそうは思わない。ソ連の崩壊はパンドラの箱を開けたような
混乱になる。過激な経済戦争で世界中に不公平が生まれ、それが
原因で各地で紛争が多発する。大変なことになる」と。この予言
は的中した。

 これが20数年前の自民党幹事長・小沢一郎の世界観だった。
当時、こんな考えを持つ政治家は他にいなかった。「パンドラの
箱」が開いた世界で日本はいかに生きるべきか。そこで小沢氏を
中心に議論を行い「あらゆる技術の異常な進歩とグローバル化に
よって、これまでの資本主義が変質した。新しい資本主義、新し
い人間社会を考えよう」ということになった。
 こういった歴史観にもとづいて、これまで日米安保条約に依存
し、米ソ冷戦を利用して、わが国が生きてきた「一国平和主義・
一国繁栄主義・一国民主主義」を反省する。そして、「自立・責
任・共生」を国民のコンセンサスとし、国家運営の基本とすべき
であるという、小沢一郎の政治理念が形成されていく。
 この理念にもとづき、平成5年に『日本改造計画』が刊行され、
大ベストセラーとなった。自民党の政策として実現するつもりで
あったが、当時の自民党の大勢から反発をうけ、離党して「新生
党」を結成することになる。平成5年8月に非自民細川連立政権
の政治理念の主役となるが1年足らずで自民党が政権に復帰する。
 小沢一郎の「自立・責任・共生」の理念は「新進党」で議論さ
れ「日本再興のシナリオ」となり、そこには「人間の絆」が追加
される。新進党が解党し「自由党」を結成した小沢一郎は、これ
までの考え方を統合発展させ、人づくり基本法案をはじめとする
「日本一新11基本法案」にまとめて国会に提出した。少数会派
の自由党なるが故に、国会で議論されることなく廃案となった。
 平成15年に民主党と自由党が合併する。自由党は、政権交代
という大義のために人事・政策などすべて民主党の方針を丸のみ
した。民主党には政治理念も基本政策もなく、政府権力に就きた
い亡者、既得権を維持し特定の政策しか考えない労組出身者、自
民党の長老より悪い不良政治家、市民運動の美名に隠れた過激派
などの溜り場であった。
 平成18年の通常国会での偽メール事件で民主党の体質が国民
に知られ、それを立ち直らせたのは小沢一郎が民主党代表に就任
してからであった。小沢代表は、自己の利益しか頭にない民主党
の亡者たちをどうにかまとめ、「国民の生活が第一」という政治
目標のもと、「逆転の夏」と銘打った平成十九年の参議院選挙で
勝利を得たのである。そして、自民党に代わる政権交代を国民に
期待させ、2年前の夏の総選挙でそれが現実となったのだ。

(何故、小沢一郎を排除しようとするのか)

 小沢氏は「国民の生活が第一」という政治目標を達成するため
に、「共に生き共に幸せになる」という「共生社会」を創ろうと
呼びかけている。そこで「自立・責任・共生」という理念を実現
しようとしたが、民主党の党是にできない宿命があった。それは
雑居政党民主党にとって、この理念を持てば、自分の否定になる
政治家が多勢いるからだ。
 問題はそれだけではない。わが国では巨大メディアや官僚など
既得権で生きる人たちが「小沢排除」こそが自分たちが生き延び
る条件だと思っているのだ。世界は1980年代から激しい情報
革命が起こり、巨大メディアがかつてのように社会の木鐸として
機能しなくなった。21世紀となり、慢性的不況で民間の広告収
入が減った巨大メディアは、税金を使う政府広報に依存するよう
になった。小泉政権での「裁判員制度」、菅政権の「納税者背番
号制度」などがその一例だ。
 さらに情報社会化の進展に応じて必要となる改革が、巨大メデ
ィアの収益を減らしていく。自己改革を怠った日本の巨大メディ
アにとって、小沢氏が改革しようとする記者クラブ制の廃止、ク
ロスオーナー・シップ(新聞社とテレビ会社の株の持ち合い)禁
止、電波料金のオークション制の導入などは、健全な情報社会の
ために絶対必要なことである。それを断行されると経営に大きな
支障が出る巨大メディアは、小沢一郎なら実現すると恐れおのの
いている。かつて私は複数の巨大メディアのオーナーから「小沢
から離れて我々の味方になれ」と口説かれたことがあり、その子
細は昨年のメルマガにも書いている。
 小沢一郎にとって「自立・責任・共生」の政治理念を実現する
ためには、巨大メディア改革が欠かせない。本来ならメディアが
先んじて新しい日本社会の建設理念を提起すべきであるが、20
世紀資本主義の影を慕い経営を変えようとしない。この巨大メデ
ィアと政権交代を阻止したい麻生自民党政権が、検察権力の悪質
な部分とコラボレーションして行われたのが、小沢一郎を政
界から排除するための「西松事件と陸山会事件の捏造」であった。
 二つの事件が手続的にはともかく、実質的には菅・岡田民主党
も絡んだ政治的謀略であったことが、国民の目には明らかになっ
た。残念なことには、巨大メディアがこれまでのことを反省する
ころか、ポスト菅の代表戦についても、「小沢排除」の再現を報
道しはじめた。その一例が朝日新聞(8・11、東京版)の社説
である。
「古い発想の旧リーダーが裏で糸を引き、代理戦争を演じたので
は、世代交代の意味がない。これまで党を引っ張ってきた菅・小
沢両氏に鳩山由紀夫前首相の『トロイカ』は今回、行動を慎むべ
きだ」
 恐ろしい発想だ。この1年余、さんざん菅首相を煽ててきた朝
日新聞の責任は大きい。性懲りもなく小沢一郎の政治理念と政策
を拒否し続ける巨大メディア、中でも朝日新聞社説の姿勢が日本
を滅亡の道へ向かわせていると私は思う。小沢一郎が掲げる政治
理念のどこが古い発想か。自らの改革を怠る陳腐さを棚に挙げて
よくいえたものだ。
 今の日本の政治家で、資本主義の変質と崩壊を認識しているの
は小沢一郎氏しかいないことは縷々述べた。日本人の自立と責任
の精神で共生社会を創るべく、「日本一新11基本法案」を策定
した小沢一郎という政治家を、巨大メディアと民主党はいつまで
「党員資格停止」のままにしておくのか。
 菅首相を筆頭に民主党執行部と、谷垣自民党総裁ら二大政党の
指導者に問う。貴君らはこの国を何処へ向かわせようというのか。
歴史観を持たない政治は衆愚に通じ、国を滅ぼす愚か者とのそし
りが免れないことをもう一度指摘しておく。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★★★★★★★コピペ終了★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-08-19 19:46 | 政治 | Comments(0)
8月15日 福島から京都に放射能が飛んできてることに怒って欲しかった 小出裕章(MBS)
http://youtu.be/t8hEnfYAB_Q


8月16日 日本原子力学会という責任を逃れようとする人たち 小出裕章(MBS)
http://youtu.be/t4r9z82AUCE


8月17日 泊原発の営業運転、交付金支給規則変更、韓国の原発事情について 小出裕章(MBS)1/2
http://youtu.be/LjgfBfxP0Y8

8月17日 2/2
http://youtu.be/e6SqWyGw3wo


8月18日 福島の子どもの甲状腺の内部被曝、厳密に測定すれば恐らく100% 小出裕章(MBS)
http://youtu.be/I73V-Y2Neto

[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-08-19 19:29 | 原子力発電所 | Comments(0)
仙台での講演の質疑応答の録画
7.5 仙台 小出裕章さん講演後、質疑応答部 1/2

http://youtu.be/isBFz6k-2Nk

7.5 仙台 小出裕章さん講演後、質疑応答部 2/2
http://youtu.be/6TtVF2BaxR8


8月8日 新幹線で福島に着いた時、東京に比べ放射線が10倍に 小出裕章(MBS)
http://youtu.be/0soic6II3nI


8月9日 1,2,3号機あわせれば広島原爆4000発分相当の核分裂生成物 小出裕章(MBS)
http://youtu.be/NMYxmumXW_Q


8月10日 小出裕章氏と現役学生・原子炉工学科の対話(MBS)
http://youtu.be/EbzJnvp8IK4

20110810 [2/2]たね蒔きジャーナル 「若き原子力学徒の悩みに小出先生が…」
http://youtu.be/fxEB3INEQRk


8月11日 朝日新聞報道『10日後に2度目の炉心溶融』について 小出裕章(MBS)
http://youtu.be/7e5aVOktsic

[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-08-12 19:59 | 原子力発電所 | Comments(0)
ちょっと、夏バテ。
元気を取り戻すために行進曲を。

Let's!ブラボーミュージックプレイ動画
http://youtu.be/pw2nxQRj6Ro


毎年恒例のウィーンフィルのニューイヤーコンサートの
エンディング曲であります
2007 ♪ラデツキー行進曲♪ Zubin Mehta
http://youtu.be/TfGvxLkkh6c


ラデツキー行進曲 2010 Radetzky-Marsch Georges Pretre.flv
指揮は ジョルジュ・プレートル<フランス>氏です
(1924年生まれ)
http://youtu.be/tLDH4VwXw7Y


ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート 2011 Radetsky Marsch
http://youtu.be/VvxI6v-CBr4


♪おまけ
ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート 2011 「美しく青きドナウ」
http://youtu.be/ALqaxOVNhWs

[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-08-10 12:23 | ちょいと 一服 | Comments(2)
7月30日 小出裕章氏がオランダのドキュメンタリー番組で証言
http://youtu.be/R5OhvIPRe1I


8月4日 癌で死んでいく人が増えることは避けることはできません 小出裕章(蘭)
http://nieuwsuur.nl/video/261962-geevacueerd-uit-fukushima-en-nu.html

[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-08-07 13:54 | 原子力発電所 | Comments(0)
http://ustre.am/:170QM


石川さん、ちょっと、はじけすぎやないの?
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-08-07 13:20 | 政治 | Comments(0)