多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って24年です。

by マーゴ

<   2011年 03月 ( 38 )   > この月の画像一覧

アーカイブ

[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-03-31 18:58 | 原子力発電所 | Comments(0)

The Sacrifice


サクリファイス - 犠牲者ー事故処理作業者(リクビダートル)の知られざる現実


3/29の原子力資料情報室 第73回CNIC公開研1/3の冒頭で
公開された映画"The Sacrifice"がgoogleにありましたので
重複しますが、URLを貼付けておきます。
放射線被曝の恐ろしさは一応、頭では知識として知ってはいても、
その現実・医療体制の断片のほんのちょこっとしか知らなかった。
同じことが広島・長崎でおこっていたと想像せざるをえません。
そして、今、福島原発でおころうとしているのだ。
戦慄が走る。
東電は、このどうにもならないように見えてしまう状況になって
フランス・アメリカの専門家を要請している。
どうにかなるのか。
どうにかしてほしい。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-03-30 11:42 | 原子力発電所 | Comments(0)
第73回CNIC公開研1/3
第73回CNIC公開研2/3
第73回CNIC公開研3/3
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-03-29 17:50 | 原子力発電所 | Comments(0)

The Voice of Russiから。=2=

ロシアで生物に対する放射線作用中和ワクチン発見

タグ: 地震, 日本関連, サイエンス, 放射能, 国内, 解説

25.03.2011, 17:46

d0107378_16334923.jpg

Photo: EPA

 ロシア南部・北オセチア共和国の首都ウラジカフカスにあるロシア科学アカデミー学術研究所の研究者たちは、生物に対する放射線作用を中和する万能なワクチンを発見した。
 日本の専門家たちはこの薬剤に関心を示し、福島第1原発での事故処理で、悪影響を及ぼす放射線作用を中和するために使用する意向を示している。 ウラジカフカス学術研究所バイオテクノロジー課のヴャチェスラフ・マリエフ課長は、ワクチン開発作業について、NASA(アメリカ航空宇宙局)と共同で行っており、現在は最終段階にあると語っている。

 この研究にNASAの放射線生物学者たちが加わったのは2006年、ロシアとアメリカのワクチンを実験的に比較した後のことだった。 この薬剤を、7日間で致死的となる放射線量を浴びせられた実験動物に与えたところ、アメリカのワクチンを接種された動物は4日目に死亡したのに対し、ロシアの開発したワクチンを接種された動物は生き続けた上、実験から2ヵ月後に行われた検査では、体内には放射線による悪影響の跡は何もないことがわかった。実験の次の段階では動物だけでなく、人体細胞も使って同じことが試みられ、その結果やはりこのワクチンの有用性が実証されている。

 ウラジカフカス研究所は、ワクチンは、人体の許容レベルを1000倍上回る量の放射線を投与されても有用性を発揮すると太鼓判を押すが、今のところ臨床実験を行うことは検討されていない。ロシア非常事態省・全国急性放射性医療センター内実験室のヴォリデマル・タリタ室長は、放射線障害が遺伝子レベルでの発症を引き起こした場合の治療に用いられるワクチンについて、その開発および実験に数年を要するのが通常だと語る。

 室長によると、人体への放射線の影響を緩和する薬剤でもっとも手に入りやすく、簡単なものは甲状腺を守るヨード剤だ。 しかしながら、通常の放射能汚染の場合、素人判断でヨードを含む薬剤やバイオサプリメントを服用することは危険だとタリタ室長は語る。 なぜなら服用量を誤るとアレルギー、じんましん、高熱、皮膚炎など逆の作用が引き起こされる危険性があるからだ。単に予防の意味で服用するのであれば、たとえば昆布など、ヨードを含む食材を摂取するだけで足りる。

 タリタ室長は、震災後、被災地で救援に当たったロシア人レスキュー隊員たちについて、帰国後サンクト・ペテルブルグのロシア非常事態省全国緊急放射線医療センターで、ある特殊機械を用いて、その健康状態のチェックが行われることになっているとして、次のように語った―

「当実験室には人体への放射を調べる測定器がある。 これは大型の鉄製のカメラで、これを使えば体内に放射性物質があるかどうかがわかる。 現在われわれはロシア人レスキュー隊員らの帰国を待っている。 彼らは現場の空気を呼吸しており、体内になんらかの物質が入った恐れがある。 そのためこちらで検査を行い、何も悪いものが残留しないよう調べねばならない。」

 
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-03-27 16:34 | 原子力発電所 | Comments(2)

The Voice of Russiから。

チェルノブイリ☆福島 ヒラノ・レポート①

タグ: 地震, 社会・歴史, 原発, 日本関連, アジア・オセアニア, 国際, 福島, 放射能, 解説
シンイチロウ ヒラノ
26.03.2011, 14:49

d0107378_16184654.jpg

Photo: EPA

「ロシアの声」の元アナウンサー兼翻訳員で「科学の時間」を担当していた平野進一郎氏に、福島第一原発事故に関連して、意見をお聞きした。
 平野氏は、学生時代から「チェルノブイリ子供」基金のボランティアとして積極的に活動を続け、京都大学原子炉実験所原子力安全研究グループの依頼により、ソ連共産党中央委員会政治局チェルノブイリ原発事故対策特別作業班議事録を翻訳している。

 3月26日の放送から、内容を抜粋して以下お伝えする。

 ①.福島第1原発事故の現状について

 今回のような地震と津波の被害による原発事故は、「原発震災」と呼ばれ、かねて危惧されてきたことで、それが今回現実のものとなってしまいました。 決して、突然「想定外」のことが起きたという訳ではないことを改めて指摘しておきたいと思います。 事態は、今も刻々と変化しており、今の段階で断定的なことはまだ何も言えない状況です。 また、情報が限られており、知り合いの専門家たちも判断に苦慮しているところですが、分かる範囲内でお話しておきたいと思います。

 現在の状況は極めて深刻で、最終的にどのような形で終息するのか専門家にも全く分からず、依然として予断を許さない状況です。 特に複数の原子炉が同時に危機的状況を迎えるという未知の領域に現場は取り組んでいます。 これらのうち1つの原子炉、あるいは1つの使用済み核燃料プールであっても、事態がさらに深刻化した場合、人が近づくことさえ許されない放射線が放出されることになり、隣接する他の原子炉に対しても手を打つことが困難となり、全ての原子炉が核燃料の発する熱によって破壊される危険性があります。 その際、高温の融けた塊が地下に達して地下水に触れて大爆発を起こし、原発内の全ての核物質が外部に放出されて破局的事態を迎えるという、いわゆる「チャイナシンドローム」が起きてしまう可能性もない訳ではありません。 その場合、東京を含めて日本の多くの地域に人が住めなくなってしまう可能性が考えられています。

 そのような最悪中の最悪の事態に至らずとも、原子炉と使用済み核燃料プールの冷却を安定化し、さらにチェルノブイリ4号炉の石棺のような形で壊れた原子炉建屋(energoblok)を覆い、放射能が外部に放出される状況を終わらせない限り、「事故」は終息せず、放射能汚染が拡大し続けることになります。

 さらに複数の電源、冷却システムを確保し、原子炉を安全といえるレベルにまでもって行くには数ヶ月、あるいは年単位の時間を要し、それまでの間、緊迫した危険な状況が続くものと思われます。

 かつてソ連のゴルバチョフ書記長は、チェルノブイリ事故について「小さな核戦争だった」と語りましたが、これから当面福島の現場でも「戦争状態」が続くことになります。 公式には今回の事故の評価レベルは、アメリカのスリーマイル島原発事故と同じレベルとされていますが、専門家たちは、チェルノブイリのレベルにまでは達していないものの、スリーマイルのレベルははるかに超えてしまっていると見ています。 そして、状況は今も現在進行中であり、いくつかのデータから見るとチェルノブイリの状況に近づきつつあるとも言えます。

 ともかくも、状況は今も危機的なものであり、現場で今も苦闘している関係者たちの必死の取り組みが功を奏して、何とか今の状況程度で事態が食い止められるよう、文字通り今は祈るしかありません。

チェルノブイリ☆福島 ヒラノ・レポート②

タグ: 地震, 社会・歴史, 原発, 日本関連, アジア・オセアニア, 国際, 福島, 放射能, 解説
シンイチロウ ヒラノ
26.03.2011, 15:05

d0107378_16261669.jpg

Photo: EPA

 「ロシアの声」の元アナウンサー兼翻訳員で「科学の時間」を担当していた平野進一郎氏に、福島第一原発事故に関連して、意見をお聞きした。
 平野氏は、学生時代から「チェルノブイリ子供」基金のボランティアとして積極的に活動を続け、京都大学原子炉実験所原子力安全研究グループの依頼により、ソ連共産党中央委員会政治局チェルノブイリ原発事故対策特別作業班議事録を翻訳している。

  3月26日の放送から、内容を抜粋して以下お伝えする。

 ② 今必要なこと、なすべきこと。

 事故自体が現在進行中のため、これについても断定的なこと、具体的なことは言うのが難しい状況です。ただ1つ言えることは、あらゆる点で必要な情報が不足しているということです。 これまで起きていることは、事故直後からある程度予想できたことで、当局の対策は後手後手に回っていると言わざるを得ないと思います。 マスコミの報道は「安全、安心、パニックを起こすな」という言葉にあふていていますが、これはチェルノブイリの事故の時も同じでした。 当時のソ連政府と今の日本政府が同じとまでは言えませんが、しかし、情報操作とまでは言わないまでも、混乱の中、当局が状況を的確に把握出来ていない可能性があるかもしれません。 

 いくら汚染レベルはまだ低いとはいえ、今まででは考えられなかったような放射能汚染が起きていることは紛れもない事実です。 そして、これは、これから日々我々が接していかなければならない現実であることを理解しなくてはなりません。 そもそも、レントゲン撮影による被曝や低レベルの放射線による被曝の害については研究者の間でも見解が分かれていることで、絶対安全とも言い切れないものです。 大方の考え方としては、害はあるものの全体から見てとても小さい、あるいは得られる「益」の方が大きいというだけで、全くの無害とは考えられていません。

 また、チェルノブイリの場合にはホットスポットと言って、低いレベルの汚染の中に局所的に非常に高いレベルの汚染スポットがまだら状に点在していました。 汚染は平均的に必ずしもある訳ではなく、濃淡があるためきめ細かい調査と速やかな情報の公開が事故対策には不可欠です。

 現状としては確かにタバコの煙や農薬、化学物質による汚染の方が危険度としては高いと思われるので、冷静に対処することは必要です。 しかし、事故からこの4月に25年を迎えるチェルノブイリの被災地で今も被害が続くように、放射能汚染の問題、放射線被曝の問題は、5年、10年、さらに何十年と続く文字通り「長期戦」となる問題だということを多くの人が理解し、対処していく必要があります。

 日本は今回の事故によって全く「新しい時代」、知り合いの原子力学者の方の言葉を借りれば、「放射能と共存する時代」、「放射能汚染といかに向き合い、いかに耐えるかの時代」に入ってしまったのであり、かつての「あの日々」はもう戻ることがないのだということを日本人は残念ながら理解しなくてはなりません。 

 その中で、チェルノブイリをはじめ、世界の原子力災害、核災害の教訓から最低限防ぐことの出来る被害もあり、そうした経験を最大限に活かす必要があります。 事態を多少過大評価して対応したとしても、後から笑い話や愚痴話にすることも出来ますが、過小評価してしまった場合、その結果はただの「悲劇」にしかなりません。 当局は、分かること、分からないことを含めて率直に全てを明らかにして欲しいし、市民は冷静に事態を直視する忍耐力を持つ事が必要です。 今は、被害が最小限のもので食い止められるよう願っています。

 水道水などの汚染について言えば、とりあえずは、公式的な発表を信用して冷静に対応しつつ、しかし、心の中でその情報は本当に正しいものかどうか常に疑い、自分で確かめて行動する姿勢が必要です。

 Доверяй, но проверяй(信じよ、しかし点検も忘れずに)というロシア語の言葉だけを人々に贈っておきたいと思います。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-03-27 16:16 | 原子力発電所 | Comments(0)

緊急

アーカイブ

CNIC News 03/26/11 第8回記者会見 1/3


CNIC News 03/26/11 第8回記者会見 2/3


CNIC News 03/26/11 第8回記者会見 3/3

[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-03-26 19:16 | 原子力発電所 | Comments(0)
アーカイブ

[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-03-25 19:26 | 原子力発電所 | Comments(0)
後藤征志
元東芝・原子炉格納容器設計者。工学博士。
1989年に東芝入社。1年半前頃退社。
断片的に、ご自分のことを語ることがあり、
研究者だと言ったことがある。
どこかの大学で講義していたことも。
そして、津波で福島原発が破壊されたのを受けて
いろいろ語られていることが、正しくないことに危機を感じて
これまで、ペンネームで原発のことを語っていたのであるが
本名で顔をさらして、事実を語らねばとの思いで
原子力資料研究室で、連日記者発表している。
参議院議員会館で政治家にも集まってもらって、解説している。
最近は、TVでも解説するようになっている。
原子力資料研究室のスタッフではないと、いつも弁解している。
しかし、これまでは、話を聞いてもらえないと思っていたけれど、
原子力資料研究室のおかげで、話ができるようになったと言っている。

原発をつくるのは、夫々の部門に分かれて、
大勢の専門家、技術者が携わっている。
原発そのものの原理は簡単ではあるけれど、
安全に稼働するには、安全装置を何重にも設置することが課題なのだそうだ。
ミゾユウ(未曾有)だとか、想定外という言葉で安全を担保できない
言い訳をしなくてはならないなら、そんな設計は、
してはいけないとのこと。

彼は、設計者としてのあり方を言葉を尽くして
語っているのだ。

原子炉格納容器が壊れては、絶対いけないのだ。
予測しうる可能性を考慮して設計をしなければならないが、
それを言うと、現代の日本では設計者としては成り立たないようだ。
後藤さんは、日本での原発のあるべき姿を考えたとき
建設は不可能だと考えたのではなかろうか。
設計者としての良心と闘ったのだろう。

今後の成り行きについては、状態が状態で流動的だから
いくら問われても、明快な答えになりにくい。

現場の正しく詳しい情報が入手できれば、
只今の状況の正確な判断解説をして貰えるのだろうけれど、
なかなか叶わないように見受けられる。

スッカラ菅の判断がすべてを決するであろうに
それができなくて、ダラダラと、犠牲者を増やしながら
放射能をまき散らしている。

もう、遠くへ、遠くへ逃げるしかないのだろう。
もしかしたら、逃げる場所もなくなるのかも。

フランスの気象庁がシュミレーションした、死の灰の拡散状況。


[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-03-25 17:27 | 原子力発電所 | Comments(2)
本日3/25(金)12:00より、
エキサイトブログの画像サーバの負荷が高くなり、処理に時間がかかっている影響で、一部、ブログの画像の閲覧と、ページの読み込みが難しくなっております。

現在、復旧に向けて原因究明中でございます。

【影響範囲】
•PC、スマートフォン、携帯電話からの閲覧

尚、ブログデータには影響は有りません。

ご利用の皆様には、ご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。
少しでも早く復旧するよう対応しておりますので、
もうしばらくお待ちください。


ということだそうです。3/19にも障害が起きていた。
無「計画停電」の影響か!?
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-03-25 15:06 | お知らせ | Comments(0)
アーカイブですが、音声が1分19秒後からしかでません。


[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-03-24 18:08 | 原子力発電所 | Comments(0)