多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って24年です。

by マーゴ

<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

小沢一郎幹事長は起訴相当って、どういうこと?
マスゴミがこぞって、このニュースでしばらく盛り上がると
考えると、夜も眠られなくなるわ。
擁護の記事はネットにはある筈だから、探してみると・・・・
とりあえず
【検察審査会】正体を明かせぬ組織が「国民感情」を騙るとは片腹痛い!

『検察審査会』とは一体どういう種類の人達なのだろう?/マスコミの誘導に影響されている部分は無いのか?

うんざり日本のスーパー便秘@小沢一郎起訴

検察審査会が小沢氏「起訴相当」 "市民を騙(かた)る似非市民たち"


小沢さんを抹殺しようとするグループが確かにあるのだろう。
そのグループが、選挙を前にして大衆を煽動しようと企てているとしか
考えられない。
早速、幹事長は辞めない宣言を出したけれど、
小沢さん,頑張れ!
頑張れ!

[PR]
by noblesse_oblige7 | 2010-04-28 11:36 | 抗議 | Comments(4)
d0107378_1613256.jpg
最近珍しいレンゲのお花畑。
雲一つない青空の下でレンゲの絨毯。
写真はいまひとつではありますが。
1週間のうち1日くらいしか晴天の日がない今日この頃。
寒暖をくりかえしていますが、
そのうち、いきなり夏になったりするのではないかと、疑ってます。
今日のwalkingでは、汗ばむほどの陽気で
子供が屋外でソフトクリームを食べていたのを見て
私も欲しくなり、売っているところの見当はついていたので
買いに行きました。
ソフトクリームなんていつ食べたことでしょう?
屋外のベンチに腰掛けてコーンの先っぽまで詰まった
ソフトクリームを食べ尽くしました。
折角ダイエットしようとwalkingしているのに
台無しの気配。
ところで、また一人、レンゲ畑に面した道にたたずんでソフトクリームを
食べている若い女性発見。

本日は、ソフトクリーム日和かな?
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2010-04-25 16:28 | walking | Comments(2)
CRPが、何故かよく上がる。
CRPが上昇すると熱も上昇する。
仕方なく、おとなしくせざるを得なくなる。
抗生物質で、治まるのだけど、何回も何回も繰り返す。
原因は肝嚢胞にあるのだろう。
なんとか肝嚢胞を暴れさせないように色々と工夫をしている
けれども、方法が見つからない。
お腹の中では、どんどん肝嚢胞は増殖し増大する一方である。
そして、体重は増える一方。
肝嚢胞の増殖・増大で体重が増えているのか?
正味の体重増加なのか判別できない。
4/15の心胸比が40%になってしまって、ホンマかいな?と疑っても
詮無いことなんか?
肝臓が圧迫して正しい心胸比が測れないんじゃない?
なんて自問しても詮無いことなんか?
CRPが上昇すると、ちっとは体重下がるけど、
すぐ回復してしまう。
CRPと熱が上昇すると、2日ばかり食事がとれなくなるから
熱が下がると、栄養栄養としっかり食べるから
すぐ太る。
CRPさえ上昇しなければ、乗馬になんの憂いもなく行けるのに
CRP上昇のたびにお休みが続くのだ。
年間に20鞍(=レッスン)くらいしか行けないので、
すでに上達はあきらめた。
馬に乗りに行くぐらいのスタンスで乗馬をしている。
乗馬がしっかりできれば、体重が増えることもないのに。

悲しいねぇ・・・
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2010-04-23 14:57 | 不定愁訴 | Comments(0)
昨年12月に両足首捻挫して、左足首は治ったものの
右足首,アキレス犬じゃないよ、アキレス腱付近が未だに痛く
ストレッチをお休みしていた間に、嚥下障害予防体操に励んでいた。
喉の筋肉強化ということで、寝た姿勢で上半身を
アップさせて、その状態を持続するのだ。
喉の筋肉ということで、頭を出来るだけ反らせる方が
効果がありそうな気がしていた。
捻挫以前よりしていたから、かれこれ1年以上になるのだが。。。。
ある日突然、肩から首周りに猛烈な筋肉痛に襲われた。
以前3B運動の教師に、首を反らさないようにと注意を受けていたのに
意に介さずにいたが、こういうことが起きるのだと遅まきながら納得した。
治癒するのにざっと3週間かかった。
もう治らないかと心配したものだけど。
そして、いま現在は久しぶりのストレッチをして
ヒッブ周りの筋肉痛5日目。

それでも、運動をしとかな、と。
余りにも天気のよい今日。
ちょっくら、walkingと、気取ったものの
チョースローペースのぶらぶら歩きで、
あっちにこっちに寄り道しながら運動にもなってないような
お散歩。
半ば葉桜の桜並木の名残の桜の樹木を仔細に観察してみた。
樹皮が広範囲に裂けている中に、
名も知らぬ黒光りのする気持ち悪い虫が、一杯巣食っていた。
何とかならんのかな?
竹酢液を薄めたスプレーをもって来て、
噴霧したろかななんて頭を過ったけど、ちゃんと虫を殺せるかどうか
自信なんかないしぃ・・・・・
昨年1年間、別の木に、大きなキノコが2つデンと座っていた。
取ろうとしてみたけれどカチンカチンで、微動だにしなかった。
今年になって、誰か削り取ってしまっていた。
大きなキノコだったから、桜の木から栄養を吸い取っていたんだなぁ。
折角の桜並木をもっと大切にせなあかんなぁ・・・・
d0107378_16145557.jpg






白鷺、青鷺が帰って来てます。冬の間どこにいたのでしょう?
鷺は水鳥ということですが、泳いでいるのを見たことがない。
水辺にはいます。
彫刻のように動かないと思って、近づくと逃げてしまいます。
低空で飛んでいます。

鶯も帰って来てます。
鳴き声は、またまだ上手とは言えません。
ホーホケチョなんて聞こえます。

雲雀もどこかにいるのでしょうけれど、私には確認できません。

燕を見たような気がするのですが、帰って来ているのでしょうか?
2,3年前、燕が多分つがいだったのでしょう。
ガレージに入って来たことがありました。
巣作りのための点検にきたのだと、察して
巣になるようなものを探してはみたのですが、
適当なものがなくて、ヘルメットならどうかと
セッティングして待っていたのですが、
ご近所の出入りしやすそうな場所に巣を作っていました。
ウチのガレージは天井が低いし、シャッターがあるし
燕が巣を構えるには、不便と考えたんや。賢いな。
巣があるうちは、シャッター下ろさない覚悟はしてたんですけどねぇ。

ジュース一杯飲んだだけで出発したものだから
お腹が減ってかどうか?疲れたぁ!しんどいわぁ!

何しろカントリーですから、お洒落なレストランどころか
チィルームもおへん。
テーブルとチェアーがセットされたスペースはありますが、
もう落書きだらけ。ゆっくり休憩する気が起きません。
へろへろになって、やっと家に帰り着きました。
食事をしたり、水分を補給しているうちに疲労感はなくなりましたが、
明日はどこが筋肉痛になるのでしょう???

これまで、筋肉痛で悩まされることはなかったんだけどなぁ・・・・
大体筋肉痛が起きても1日ぐらいで治ったのに。
捻挫以来、調子狂ってるわ。気ぃ悪いこっちゃ。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2010-04-18 15:40 | walking | Comments(2)

ヤング@ハート

ヤングアットハートと読む。
平均年齢80歳のアメリカで結成されている
世界一いかしているロックンロール・コーラス隊のこと。
刑務所を慰問したり、年1回コンサートを世界中で開いている。
日本にも来たようだ。
2008年にはドキュメンタリー映画にもなっている。
映画「ヤング@ハート」公式サイト
アマゾンでDVDを注文した。

ジャズファンのパートナーがロック好きだとは知らなかったのだが、
ROD・STEWARTのDVDを最近BGMにしている。
私は、RODの掠れた声が嫌いなのだ。
ロックも余り好きではないのだが、
ヤング@ハートのロックンロールは嫌いではないと感じた。
まさか、彼らの歌声に魅惑されるとは考えてもいなかった。
思い込みって、良くないね。

何が気に入ったかって、ヤング@ハートというフレーズ。
アメリカって洒落ているなあ・・・・
沖縄に海兵隊を駐留させているのは気に入らんけど。
日本に米軍は不要と、交渉できないんかなあ?
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2010-04-11 17:14 | ヤング@ハート | Comments(3)
導入は平成3年4月10日だった。
導入のおよそ15年前に、嚢胞腎と診断された。

その日は、仕事の打ち合わせで、
某企業の応接室にいた。
猛烈に冷房が効いていて、背中の両サイドに激痛が走っていた。
なんとか我慢をして、打ち合わせを済まして
会社に帰っても,激痛は治まらない。
ついに、午後9時頃、パートナーの運転で、
近所の整形外科の救急病院に駆け込んだ。
たまたま、救急車がきていた。
救急隊員に、病状を説明したら救急の「生野病院」というところに行けと。
パートナーが所在地を聴いて、指示された病院に赴いた。

京大の研修医が夜の担当医としてアルバイトにきていた。
診察台に横たわった私のお腹をさわっていたドクターは、
開口一番、奇病です。嚢胞腎です。
腎臓は普通こぶし大だけど、赤ちゃんの頭ぐらいの
大きさになっているってさ。
彼が言うには、嚢胞腎をガンと間違えて診断し、大恥をかいたから
両方の腎臓に嚢胞が触れるから間違いないと。

嚢胞腎と言われても、お初の単語だから、なんのことか解らない。
病室に案内されて、そのまま放置。
痛くても、なんの処置もしてくれなかった。
そのとき考えたのは、治療法のない病気やねんな。
翌朝,泌尿器科の副院長が回診に来られて、
僕は尿路結石を疑っているから、検査しましょうと。
翌日,回診に来られたとき、やはり京大の先生が言ってたのが
正しかったわ。で、どうする?
殆ど痛みがなくなっていたので、帰ります、
と応じてさっさと帰宅した。
京大の研修医に電話して、そちらで診て欲しいと伝えた。
25日間入院していたけれど、検査三昧で
治療はない。
おとなしくベッドで過ごしているうちに、元気になって来たので、
京大病院の周辺の本屋で、医学書で嚢胞腎を調べたら
1ページ弱の説明があった。
発見されて15年後くらいには死亡するなんて書いてあった。
その頃は、透析がポピュラーでなかったんだろう。
透析になるとは書いてなかった。
書いてあったとして、理解できなかっただろうけれど。
腎臓が1/3の働きしかしていないから、無理はしないように。
腎臓をぶつけないように。
血圧の管理が必要だけど無理やろと言われて、
退院してきた。

その後、仕事で徹夜をしたり、ハードに仕事していたせいも
あったかもしれないけれと゛腎臓出血がもとで
腎臓内科に行くことになって、はじめて
食事指導や投薬をされた。
そして、保存期3年を過ごした。
計画的な透析導入もできた。
15年後には死ぬではなく、透析導入になったのだ。

以来、良い透析医・良い透析施設を求めて転院が続いた。
大阪で6ヶ所(8年間)。岡山で8ヶ所(11年間)。
いつも、ここが最後との思いで転院していたのだけど、
遍歴してしまった。

この先,可能な限り合併症に病むことのないように
頑張ろうと考えている。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2010-04-10 20:03 | 透析 | Comments(2)
数年前に呼気検査と胃カメラでビロリ菌が
いることが確認されていた。
当時は、何もなければ放置していていいと、
ドクターに言われていたことと、
除菌には抗生剤を複数長期間服用しなければならないことに
気後れがして、放置していた。

しかし、ヘリコバクターピロリ菌学会の去年の報告(ガイドライン)では
除菌を菌保持者は全員行うべしということになったのだ。

かっては、抗生剤に対して極めて弱く、
腎臓摘出したときは、抗生剤点滴中に
半筒形の電熱器のようなものをお腹にセットしていたこともあって、
発汗が大量で、干涸びて死ぬ(オーバーに考える習性あり)と、
脅えて、抗生剤の中止を懇願したら、食事を全部食べることを
約束して、中止してもらった。

次は、肝嚢胞の一つが胆道と繋がって、
クレブシアラ菌が肝嚢胞に感染してCRPが38にも上昇して
死にかけたとき。
もちろん抗生剤の点滴を止める訳にはゆかないことは
承知していた。
CRPは抗生剤の効果があって低下して、元気がでてきだした頃
抗生剤の点滴後は身体がぐったりするのが気になって仕方なく、
点滴でなく皮下注射はないかとお訊きしたら
ピクリンという皮下注射があるとのことで、
早速お尻に抗生剤の皮下注射してもらうことにしたら、
ぐったりすることもなくなった。
そのとき、主治医から抗生剤に弱い人は損だなぁと
言われたことを記憶している。
損でもなんでも仕方ないじゃんと、胸の裡で呟いていた。

その後,副甲状腺摘出手術のときも
手術後、抗生剤の点滴をされた。
最初はしばらく我慢の子をしていたけれど、
自分で、適当な時期に、また、抗生剤止めて欲しい要望を出した。
このときも、食事は全部食べることを引き換え条件に
止めてもらった。

それから、何度も肝嚢胞で入院したとき、ある病院では絶食を言い渡され
24時間栄養点滴(殆ど50%ブドウ糖)と抗生剤点滴で
治療してもらったことがある。
絶食では、交換条件を出すことは出来ず、
抗生剤点滴を続けてもらうことになった。
そのお陰か、抗生剤の質が向上したのか、どちらか解らないけれど、
入院するまでもなく、通院で肝嚢胞炎症でのCRP対応に
抗生剤点滴と抗生剤服用の治療で治まるようになって来た。
抗生剤に身体が対応できるようになって来たように感じている。。

そういういきさつで、
抗生剤を複数7日間服用するという治療に挑戦してみようと
決断した次第。
院長からは、体調をもう少し診てからにしましょうとは、言われてます。

除菌は来週辺りかな?
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2010-04-09 13:58 | ピロリ菌 | Comments(0)
もう毎度毎度のことなので、
最近は、ドクターに報告して抗生剤の点滴を早めにしてもらって
熱も38度少しより上がらなくなって来た。

今回は3/30(火)夜半から、ちとおかしい感に陥り、
3/31(水)昼頃には熱っぽい感がして、
4/1(木)には全身筋肉痛症状。
熱が出ると、筋肉痛が起きるのもいつものこと。
肝嚢胞の辺りには違和感があるけれど、
お腹は余り痛くなない。
自力で1時間掛けての電車通院は大儀だった。
前日から不調だったので、パートナーも予測していたようで
車で長船の透析施設まで届けてくれた。抗生剤点滴して貰う。
透析前検査で、CRP=2.54 白血球=4800
まだ、CRPは上がりきってない。
4/2(金)一日ほぼ寝ていた。
4/3(土)自力で、おさふねクリニックへ行けた。
透析前検査で、CRP=5.29 白血球=4200
CRPが追いかけて来たけれど、白血球が下がって来たので、
当然,回復傾向に向かっている。
まだ全身筋肉痛は治まっていなかった。
乗馬クラブのお花見会には、残念ながら参加できない。
4/4(日),本日なんとか平熱に戻った。
町内会のお花見会で、お誘いにきてくれはりましたが、
体調不良と言うことで、お断り申し上げました。

桜・桜・桜と世の中は桜一色に染まっている感がする
今日この頃なので、乗り遅れると、散ってしまいそうで
午後5時頃、いつもの散歩道の桜並木に一人で出かけた。
あちらこちらで満開情報が出ているので、焦って出かけたれど、
まだまだ、満開には、ちと間がある風情。
桜にも、美しい桜とそうでない桜があるが、
私が通う地元の桜並木の桜は、余り美しいとは言えない。
手入れが悪いのかな?
除草剤が撒かれている箇所があったりして、
桜には良くないのではないかと、一人で心配している。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2010-04-04 20:28 | 嚢胞腎と肝嚢胞 | Comments(4)