多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って24年です。

by マーゴ

<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

またまたPTA再開。

2/24。天満中村クリニック定期検査。
人工血管と静脈をつないだ吻合部の上部静脈が繰り返し
狭窄して、思い切って狭窄部を人工血管に取り替え
人工血管と人工血管を繋ぐ手術をしたものの、
結合部分の下に細胞が増殖して
人工血管を圧迫して狭窄を起こすのだ。

心配していたことは、延長した先の吻合部に
再度狭窄が起きるかということだった。
院長は、静脈の太さから診て、それはないだろうということだった。

2009年2月17日に人工血管延長手術をしたから、
約1年はもったことになる。
手術前には血流1000〜1500は流れるとの話で、
生涯(?)保つよなんて言われたのに、
手術直後の血流735→750(9/6/22)→663(9/10/23。この時点で
細胞の増殖を確認した)→350(10/2/24) PTA後→650
血流については、血圧が低いから多くは流れんのやろ。
血管はPTA前→1.7m/m。後→3.5m/m

私のような症例は、他にもいるらしい。
何事も起きない人もいるらしい。

人工血管は異物としても、なんで吻合箇所に細胞が蓄積するんや。
そこら辺のところを訊こうとしても、手術が立込んでいて無理だった。

私の勝手な推測では、好き嫌いの多い人間だから
細胞レベルで拒絶反応しているのではないやろか。
腎臓移植は、人間の好き嫌いが激しいから、
拒絶反応が強く起きそうとの推測で、登録を辞めてしまった経緯もある。
もしかして、当たっているのかもと思ってしまう。

今後も、細胞が増殖し続けて、
PTAを繰り返すことになるのかなぁ????
頻度は吻合上部の静脈の狭窄よりは、
少ないとは言うものの。
ステント挿入の方が良かったんかなぁ!?
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2010-02-28 18:58 | PTA(風船による血管拡張術 | Comments(5)
今日はフィギュアスケートの真央ちゃんが2位スタートした日。
キム・ヨナさんとは5点近く離された。
キム・ヨナさんの方がジャンプの高さが少し高いような・・・
明日はどうなるんやろ?

てな無難なことを書いてっと・・・・
d0107378_20365318.jpg


d0107378_20403917.jpg

d0107378_20421355.jpg
バンクーバーの新聞が高木美帆ちゃんの
ウエアの下着が見えていると
写真を世界中に配信したそうな。
ちょっとチェックしてみると
美帆ちゃんのウエアだけでなく
日本スピードスケート代表選手
全員が同じように透けているのだ。
ミズノに言わせれば下着でなく、
色の違う金色の布を
縫製したのだそうだ。
下着には見えないけれど、
かなりエロチックなのは確かだ。
国母選手の
服装より、
問題あると
思うけれど、
誰も指摘しない。
選手たちは何とも思わずに、
身につけたんだろうか?
ミズノも不敵なウエアを
つくったもんだなぁ・・・・・・
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2010-02-24 20:32 | etc.etc. | Comments(0)

on-lineHDFの継続

通院している「おさふねクリニック」では、
on-lineHDFの継続はできるとのこと。
一部改造すればOK。
JMSの他に、東レと日機装の機器がon-lineHDFできるそう。
しかし、機器は限定されるらしい。
提出書類もすでに準備できているとのこと。
心配はしていなかったけれど、はっきりして良かった。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2010-02-22 18:45 | on-lineHDF | Comments(8)
私の声など届く訳はないけれど、書かずにはいられない。
ネットでは小沢幹事長擁護は少なくない。
愛読している『週間0510』に強力な小沢擁護論がエントリーされていた。
全文コピペさせていただきます。

桂馬隆志の一刀両断!「“平成の信長”小沢一郎を殺してはいけない!」

小沢一郎・民主党幹事長に対するバッシングが止まらない。
1年近くにおよぶ東京地検特捜部の懸命の捜査によって
晴れて「不起訴」になったにもかかわらずである。
「説明責任を果たしていない」、「クロに近い灰色だ」、
「政治的責任、道義的責任はどうなるんだ」…
マスコミが小沢幹事長に浴びせる批判は
常に画一的かつ抽象的である。

一見してもっともらしい批判だが、どう答えようと、
いずれも「ああ言えば こう言う」式の、
クレーマーやゴロツキが得意とする、
結論が出ないイチャモンばかりである。
つまり「説明責任を果たす」とは、結局は同幹事長自身が
「私が虚偽記載を指示したこと」を“自供”せよと強迫しているのであり、
「クロに近い灰色」とは、「本当はクロだが、証拠をうまく隠滅したから
灰色になっただけだ」と決めつけているのであり、
そして「政治的責任、道義的責任はどうなる」とは、
「嫌疑をかけられた以上、起訴だろうと、
不起訴だろうとバッジを外せ」と脅しているのに等しい。

なぜ、かくも小沢幹事長に対する風当たりは強いのか。
それは、同幹事長が「既存の権力機構を破壊しようとする考え」の
持主だからである。
たとえれば(人相、風体に違いはあれども)
“平成の織田信長”だからである。
天下統一を目前にした信長は、周知の通り、
比叡山・延暦寺の焼き打ちに象徴されるように
既存の権威や宗教などを根底から否定。
自らが信じる“理想国家”の建設に意欲を燃やした
“戦国の風雲児”である。

過激な、過激すぎる小沢幹事長のような思想の持主は、
既得権益を死守したい旧体制勢力にとっては、
まさしく“テロリスト”である。
政党を「道具」としか思わず、相手を「敵と味方」の2種類に峻別、
目的のためには手段を選ばない政治手法を信じて止まない
「小沢征伐」に駆り出されたのが「東京地検特捜部」であり、
もっと言えば「宮内庁」は、“延暦寺”であり、
「総理官邸」は“朝廷”である。

さて、守旧勢力にテロリストの烙印を押された小沢幹事長の
目指す理想国家は、
国民にとって幸せなのか、それとも不幸せなのか。
その理由については稿を改めるが、
結論から言えば(少なくとも自民党政治のそれより)
格段に「幸せ」であると筆者は信じて疑わない。
民主党のマニフェストを見れば(現段階では消化不十分であるが)
それは一目瞭然である。
自民党政権が垂れ流した“糞尿処理”に手を焼くあまり
モタモタしているのは事実だが、新しい家を建てるためには、
古い家を解体しなければならないのと同様、
今暫しの「時間」が必要なのである。

なぜ、その「時間」を待てないのか。
なぜ、戦後60余年にわたって続いてきた自民党政権の
“悪政”に辛抱できたのに、
なぜ民主党の4年間がてないのか。
なぜ、何億かのカネを持っていたことだけで(仮に千歩、万歩譲って、
そのカネが不透明であろうとも)「国民生活こそが第一」とする
スローガンを掲げる小沢幹事長を「悪」と決めつけるのか。
なぜ、火の無いところに煙を立てて、
官僚支配を破壊せんとする「救国の士」をテロリストに仕立て上げた
検察には説明責任を求めないのか。
なぜ、不況に喘ぐ国家の非常時に「小異を捨てて大同に付く」ことが
できないのか。
なぜ、破綻寸前の米国との距離を測り直すことが国益に背くのか。
なぜ、次代の覇者・中国と緊密な関係を構築することが
国益を損なうのか。

畏れ多くも象徴天皇制を隠れ蓑にして「政治」を我がものにしてきた
「官僚たち」こそ真の国賊である。
また、大マスコミほど国家の非常時にアテにならないものはないのは
歴史が証明しているではないか。

絶対に小沢一郎幹事長を殺してはならない。【桂】

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪コピペおしまい
<文字色、改行などいじりました。ご了承くださいませ>
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

マスゴミがいくら民主党攻撃しても、
自民党支持者は増えないのが
多少でも救いではあるが、
選挙に行かない人が増えるのではないだろうか?
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2010-02-17 11:44 | 政治 | Comments(12)
小沢幹事長を狙い撃ちした検察ですが、
検察への抗議をかわすために
自民党への検察ブーメランだそうで、
下記の自民党議員が候補に挙がっているそうです。
本当に次は自民党議員ということになれば良いのですが。
国会では予算審議を棚に上げて
相変わらず執拗に鳩山総理と小沢幹事長を追求しっぱなしで、
時間の浪費をしています。
自民党議員全員が、起訴されても不思議でないほど
真っ黒けのくせにして、えらそうに。


総選挙後に2億5000万円の内閣官房報償費を引き出したことで
大阪の市民団体から背任罪、詐欺罪で告発状が出された
河村建夫・前官房長官をはじめ、
息子のご乱行の揉み消し疑惑が噂される
森喜朗・元総理。
歯科医師連盟から4000万円の迂回献金疑惑と
区議の政務調査費ピンハネ疑惑が囁かれている
石原伸晃・元行革担当相。
G・Wグループ事件への関与が取り沙汰されている
中川秀直・元幹事長。
防衛疑惑や千年の杜事件で名前の出た
久間章生・元防衛相。
住民票の異動によって住民税を脱税しているといわれている
竹中平蔵・元総務相。
政治団体間の献金に見せかけて実質的に相続税、贈与税を脱税した
小渕優子・元少子化担当相と小泉進次郎。
オリエント貿易からの迂回献金を受け取った
与謝野馨・元財務相と町村信孝・元外相。
自らが所有するビルに入居する関連政治団体の不透明な
事務所費問題が燻っている菅義偉・元総務相。
そして西松事件でかすり傷で逃げ切った
二階俊博・前経産相

他にもたんといるとネットで賑わってます。
小沢幹事長はどんな逆襲に出るのでしょう。
取り敢えず、枝豆さんを行政刷新大臣にして口封じ。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2010-02-12 15:47 | 政治 | Comments(4)
「議員辞職勧告決議案」に連なる議員達の馬鹿さ加減。。。それとも検察は<自公み>の側である事の証明?

上記リンク先の「晴れのち曇り、時々パリ」は、実に明快だ。
マスゴミ、最近は、まず ゴミ とも称されてしまっている。
政界の自浄能力を云々する前に、
自分たちジャーナリストとしての矜持をしっかり持つべきと、思う。
予算審議をよそに、しばらく国会は空転するのだろう。
日中に国会審議は中継しているから、見ている人は少ない筈。
TVニュースでは、自民党が民主党を攻撃している詰まらんシーンだけを
映し出しているので、世論は民主党の粗捜しばかりに誘導されてしまう。
自民党が言うか!と思えることばかりを、あげつらって因縁をつけている。
自分たちがしてきたことだけに、やけに詳しいのだ。
まともに聞く人がいるとは思えないけれど、マスゴミが、まことしやかに
巧みに民主党があたかもいい加減だと誘導する。
みのもんたなどは、正義の人ぶって、月光仮面を演じていて最低だ。
虫酸が走る。

次いでながら、朝青龍は引退に追いつめられてしまて、至極残念。
モンゴル出身力士に、優勝回数の新記録をつくられては困るとの思惑で
引退させられたのかと、妄想したくなる。
土俵場の朝青龍は日本人力士より、最も力士らしい格好良さがあった。
横綱としての品位・品格を求められていたけれど、
品位・品格の欠片のない人達にガタガタ言われたくないよね。
丁髷に廻しをつけただけで、裸の力士が力比べをする。

土俵は結界、横綱の土俵入りでは腰に注連縄(?)を巻いて
神格になっているように見える。
奈良の若宮様御祭りでは奉納相撲が若宮様に披露される。
恐らく大相撲の原型なのだろう。
現在は勝敗を決めるスポーツの一種のように変遷している。
相撲界の理事選でも、もめまくっている世界に品格など無いに等しい。
その理事会が引退をごり押ししているのだ。
茶番としか言いようがないでしょう。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2010-02-07 14:21 | 政治 | Comments(8)
絶対、起訴されることはないと思いつつも、
やきもきした日々ではありました。
国会での自民党の執拗な追求にはうんざりの日々。
決着は秒読みとは思うけれど、早く決着して欲しい。
民主党が政権を取れたのは、小沢さんに負うところが多い。
誰に大臣にしてもろたんや?前原さん。
加えて、枝野幸男・野田佳彦を含めた3人さん、
これからは針のむしろかしら?

朝青龍の件、彼がいなくなったら大相撲の人気は
どうなりますのん?
被害者と言われている人は、ボコボコにされても
仕方ない人のようですね。
なんか嵌められた気配を感じてしまいます。
お咎めなしで済ませられないのかな?
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2010-02-03 18:44 | 政治 | Comments(0)