多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って25年です。

by マーゴ

<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

透析の一番の副作用は便秘じゃなかろうか。
私の個人的体験だから普遍性はないとして。

透析導入以前は便秘がなかったのに、
透析導入したとたんに、うんちがでなくなった。
2日も出なくなったら、気持ち悪くて仕方なくなる。
この便秘は明らかに腸内の水分が
透析により失われるようになったからだろう。
以来、便秘との戦いが始まったのだ。

処方されたのは、最初のは名前を失念してしまったが
ピンクの丸い薬,市販されているコーラックと良く似ていた。
これを服用すると、催したとき、トイレに駆け込んでも間に合わなくて
下着を汚してしまうことになった。
で、中止した。
次には、アローゼンとか滴滴のラキソベロン。
これらの便秘薬は効きはするけれど、お腹が痛くなってくるので、中止。
次々に便秘薬に文句をつけていると、
ドクターが、植物繊維が多く含まれている
扶桑薬品のセルリーハイの試供品を飲んでみるかと薦めてくれはった。
確かに効き目はあったけれど、この薬と云うか、健康食品と云うのかは、
恐らく、消化が悪いようで、胃が痛くなった。
これも、イヤダということになった。
そうこうしているうちに、森下仁丹がビフィーナ10という
ビフィズス菌とオリゴ糖をを組み合わせたサプリメントを発売した。
これに飛びついて、しばらく服用していた。
最初は快調だった。
耐性が出来ると云うか、だんだん効き目が悪くなり
容量より大量に服用しても、効き目が悪くなってきた。
やがて、ビフィーナ10を改良したかどうか不明だけれど、
透析者用にビフィズス菌HDというのが発売された。
私は、HD用と言われても、どうせ、服用するうちに効かなくなるのだろうから
飛びつきはしなかった。
この頃、気がついた。
乳酸菌製剤とオリゴ唐を飲めばいいのだと。
薬局に行き、いろんな乳酸菌製剤を購入して、
オリゴ糖も高いのから安いのまで、色々試してみた。
両方の組み合わせでは、ウンチが緩すぎたり、出にくくなったりと
調整に困難を極めるようになった。
乳酸菌製剤ばかり購入していたのを見かねたのだろう、
薬局のオーナーが、
なんで、そんなに乳酸菌製剤ばかり買うのか?と、
話しかけてきはった。
透析していて、便秘になるけど、便秘薬は嫌で、
ヨーグルトを大量に食べる訳にいかないから
乳酸菌製剤でなんとかしたいのだと、返事をしたら、
当時は三共、今は、第一三共になっている、
パンラクミン錠を薦めてくれはった。
パンラクミン錠も規定個数ではなかなか便秘解消とは参らないので
10〜15錠,毎食後服用して、適宜オリゴ唐液を白湯で溶いて飲んでいた。
便秘にはならないけれど、効きすぎて下痢にはなっていた。
この下痢が曲者で、肝嚢胞感染に繋がることもまれではなかった。

やがて、4日5時間透析に変更して、
K不足になってきて、
ドライプルーンとプルーン濃縮エキスを毎日食べることになった。
お通じがすこぶる付きに快調になってきた。

もう、オリゴ唐は不要になってきたのだ。

このときから、100%ジュースが解禁になった。
こんな日が訪れるなんて透析導入してから
想像もできなかった。
食事の制限も不要になり、タンパク質を意識して大量に食べなければ
不足するのだ。

さらにさらに、このたびの転院で
何故か、Pが低くなってきた。2台を推移している。
Caは低くないので、Ca補給の必要もなくなり、
服用していたリンゴ酢Caも中止。
VD剤のロカルトロール0.25は既に休止していた。
透析導入以前の保存期から
Ca剤とVD剤は欠かせないものだったのが、
解放されたのだ。
これまで、食事のときCa剤は欠かせず
おやつを食べるときもCa剤を飲まねばならないから、
3食以外に殆ど何も食することなく過ごしてきた。
まぁ、太りたくないこともあって3食以外は食べない主義にしていたけれど。
これからは、食べたいときになんても食べられるのだ。
いつまた、Ca剤とVDが必要になるか解らないけれど
この開放感を満喫するのだ。

ところで、お通じの回数だが、
プルーンを食するようになって
はじめは、1日3回が続いていた。
あのギャル曽根ちゃんが、1日5回で、いくら食べても太らないのだと。
あるドクターが、大腸が吸収しない体質なんだろうと言っていた。
私は3回で太ってきていた。

ところで、世界大会に出場するフードイーターの男性が、
筋トレジムでトレーニングを積んでいたのを
TVで見た。
大喰いするにも体力が必要なのだわ。
内蔵が超強力でないと間に合わないんだ。
どんだけの量のウンチが出るんやろ。
食べた量に比例はするだろうけれど。

それにしても、便秘でポッコリお腹になるなんて、あり得へん。
つまり、便秘でなくても、ポッコリお腹になるってぇの。
3回では太って、5回では太らない?
3回のお通じが、だんだん落ち着いてきて?
宿便(?あったのか?)が無くなって1回か2回になってきた。

ところが、転院して、この頃
今度はお通じが5回に増えてきた。
非透析日が5回,透析日2〜3回。
まぁ、良く出るわ。
少しはスリム化するんかな?

ウンチに優劣があるのだ。
究極のウンチは、水に浮く、バナナ状のものが2本。

泥状の緑色のウンチは、胆汁の色を反映しているものだ。
日時が経過する毎に、だんだん黒くなってくる。
おまけに、固くなって出にくくなる。
私の場合でも、
透析の翌朝は、やはり、大腸の水分に影響されて
すこし固くなっている。
透析直後とか、遅くなっても晩飯後に出ていれば、
翌朝はスムーズなウンチが出る。
ノー腎臓で無尿の代わりに、
ウンチで毒素が大量に出ていってくれれば
喜ばしい。

週4日5時間15分on-lineHDF 万歳♪♪
JMSの透析  万歳☆☆☆
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2009-10-18 12:22 | 副作用 | Comments(11)
コオデネイトされていた。
時期を逸したエントリーです。
さる10/11の岡山県腎協の35周年記念講演会での
鈴木先生のネクタイと靴下の色です。
ご自分で選ばれたのでしょうかねぇ。
愛車はSAABのカプリオレだそうで。
スエーデンの名車,ボルボと双璧をなす。
もうどちらの会社も無くなったか、
吸収合併されたのではないでしょうか?
そんな車に乗っておられるのだから、
ネクタイも靴下もご自分で選ばれたのだと、思いたい。
35周年のお祝いだから、ピンクにされた?
お洒落なんだ。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2009-10-14 18:12 | etc.etc. | Comments(7)
恐らく、
いえ、恐らくではなくて絶対
仙台社会保険病院 腎センター部長 鈴木一之先生の講演が目玉。
それが証拠に、講演会場には医療関係者も大勢つめかけていた。
こんなことは、まれなのではないでしょうか。
私は、全腎協と以下の末端の活動に消極的なので、
役員様たちには、活動ご苦労様ですと感謝しながら
ごくごくたまに参加させてもらっているだけです。
しかし、このたびの全腎協会長の交代には非常に興味を持っていた。
どんな方なのか?お話を聞いてみようと、でかけたことでした。

内情を良く知る人が会長が交代しても、
全腎協は変わらないよと、言っていた。
私は、内情を全然知らないけれど、会長が代わると、
やはり、体制も代わるのではないかと期待していた。
それと、政権も交代した。
自民党に訴えていたことでなく、民主党には違う方向に練り上げて
より良い請願書を組み立ててほしいものと、その点はどうなっているのか
確かめたいと思って、参加したのだった。

民主党への請願についての話への言及があったが、
詳細を明記したスライドの部分は超特急で進めて、読む暇さえなかった。
それは、詳細な質問状で、それを提出して、回答を書面で貰って、
その上で検討すると言っていた。

前の会長の話を聞いたことはなかった。
新しい会長さんである、宮本高宏さんは会長になる以前から
岡山県腎協にはたびたび講演にこられていたらしいけれど、
横着な私は、今回初めてお話を聞かせていただいた。
元気はあるし、まだお若いし、全腎協は革わるのではないかとの
期待を持ってもいいように感じた。
ただ、会長を取り巻く役員さんたちも優れていればの話だけれど。
もし、会長が選んだ方達であれば問題ないのでしょう。
何しろ、全腎協は透析者の会費で運営されているのだから、
透析者の役に立つ運営を願いたいのだ。

鈴木先生の講演は、松江腎クリニックでお聴きしたときより、
かなり、はしょってお話しされていたようで、
ちょっと理解しがたかったのではなかったかしらと。
でも、「しっかり透析のヒケツ」のご著書を読めば無問題。
しかし、松江でお顔も見た人も多くきておられ、
大阪の11月の鈴木先生を囲む会にも参加されるようだし、
鈴木先生の追っかけが、密かに、ノン、公然といてはる。
私も、混ぜてもらおかな。
えっ?断る!?誰や???

脂肪は女性にとって「宝物だ」とのお話は
なんか、私に向けて言われたのかと錯覚するほどでした。
頭の片隅にでなく、真ん中に入れておきます。

ただ、筋肉と脂肪とでは、どちらが大切なのでしょうかねぇ。
筋肉>脂肪?筋肉=脂肪?
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2009-10-11 18:03 | お勉強会 | Comments(10)

walkingなど。のつづき。

夜明けが遅くなると,早朝のwalkingはできなくなる。
原始人の遺伝子の尻尾を引きずっているのか、
闇が怖いのだ。
転院して電車に乗っている時間が約10分から乗り継ぎ含めて約60分になって
1時間と少しばかり早く起きて,4時半にはwalkingに飛び出さねばならない。
外は,真っ暗。
転院先の「おさふねクリニック」のある長船に早く行ってwalkingしてみた。
人も車も多くはなかったけれど,いつもwalkingしている場所は
桜並木の道で,車は進入禁止のマイナスイオンと光合成で酸素たっぷりの道。
walkingにはまたとない道が続いているのだ。
透析日の月・火・木・土の4日は早朝walkingをして,
walkingの途中に血圧up体操と少しストレッチを混ぜる。
帰宅して、6時半から10分間TV体操をしてから、
透析に行くべくJRの駅に急ぐというスケジュールを変更。

非透析日の水・金・日の3日間をwalkingとストレッチを日課にすることにした。
walking4回が3回に減少してしまった。太らないかと心配ではある。
非透析日には眼科に行ったり,歯科に行ったり。
間を縫って,乗馬に通う。
「おさふねクリニック」に転院して、念願の透析の帰りに
乗馬に行くことが出来るようになった。
前いた施設は児島にあったから,乗馬に行くには
JR児島駅までマイクロバスが迎えにきてくれていたから
便利だったのだが,果たすことが出来なかった。
長船から児島まで延々と(オーバーか?)電車に乗って
嬉々として乗馬に行く。
ご苦労なこってす。
それでも痩せまへん。

透析者は,筋肉つけとかねばと、いろいろ努力してますが,
私にはなかなか筋肉がつきません。
パートナーは,ちょっとゴルフの打ちっ放しやサイクリングしただけで
筋肉が出来たような状態になる。
バレエしていたときに,45分のレッスン後に筋肉がついて、
嫌がっていた女性がいた。
筋肉のつきやすい人と、そうでない人がいるのだ。
筋肉がつきやすい人も、毎日続けないと、元の木阿弥。
筋肉が無くなってしまうようだ。

ところで、女優の有馬稲子さんが、
散歩から帰ってから腹筋500回するのだと。
誰だったか有名アスリートに腹筋を何回しているかと、
訊くと2,000回と応えたそうだ。
ならば、500回しようと思ったとのこと。
私は20回が関の山。腹筋の他の動作も色々しているけど。
森光子さんは筋トレジムに通っておられるし、
舞台女優は体力勝負なんだ。
仕事を賭けてする人と比較するのは野暮というものだけど、
ちんたらしている運動では、
目標にしていることには、なかなか届かない。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2009-10-07 23:14 | walking | Comments(14)

walkingなど。

只今,午前9時。
walkingから帰ったとこ。
本日は,東西南北雲ひとつない快晴。まさにピーカン。
快晴の日は数あれど,雲のない快晴の日は、今年初めて見たような。
何時頃まで続くのか?
天気図で見ると、遥か南の海上では,2つも台風がきている。
嵐の前の静けさなのか?     つくづく
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2009-10-04 09:13 | walking | Comments(8)