多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って25年です。

by マーゴ

<   2007年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

6時間透析してみた。

昨日、透析前に、難波院長16Gのカニューラを持って
ベットサイトにきはった。
私が、針を太くするのを厭がっているのに、敢えて。
現在、QB235が限界のようで、折角のon-lineHDFが
意味をなしていない(?)ので血流アップ狙いです。
「いややわ」と返事したものの、折角のアドバイスなのに
無視するのはいかがなものかと、しばらく考えて、
血流アップをしないなら、時間で稼ごうとの
思いに至った。
6時間もOKとの好意に甘えて、6時間透析を申し出た。
ダイアライザーPES-210Sβにしてから、TMPは安定している。
on-line補液流量18L/H。この日の水引き1.6L。DW200g増やして
47.2Kg。
補液量が100.0Lを超えるのだ。その瞬間を目撃したいと
難波院長。
100.0Lを超えたのを見て、流量を21L/Hに変更。
うっひゃぁぁぁぁぁ。間違えた。
100.0Lは表示されないのだった。99.9までなのだ。
それでどうなるのか、を、院長は確認しかったのだった。
99.9の次は0.0に戻ったのだ。
それから再カウントが始まったのだった。
7分ほど経過して、トータル108.?で終了。回収して血圧104。
血圧はチョッと物足りないけれど、いいことにした。
来週も6時間にするかどうか?
継続するなら、火曜日に廃液検査するとのこと。
そして、補液流量は21L/Hにするそうです。
QD700でHD350・on-line350。
HDとHF→50%50%ということになるのかな。
透析終了後は別にしんどくはない。
身体が軽くなった????ような気がする。
なんば内科クリニックでは、まだ他に誰も
6時間はしてないそうです。
いまよりもっと元気になれればいいなぁ。
運動強化して、もっと筋肉つけなくっちゃあ。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-04-29 12:21 | 透析条件 | Comments(19)
ダイアライザーをPES-170Sβ→PES-210Sβに変更。
膜面積を大きくしてTMP(だったかな?)の上昇をくいとめた。
on-line流量は18L/H・3分後。
火曜日(4/24)は透析導入以来、初めての3Kgの増量新記録で、
5時間半の透析をした。回収液は5%ブドウ糖液を初めて使ってみた。
ダイアライザーは170Sβを使用。水引きは2750c/cに割り引き。
それでも、足が2度ツッた。血圧は当然低くなっていた。
2750c/c引ききれなくて、200c/c残して終了したけれど、
なぜか、実体としては水の引き過ぎがあったようで、
帳じりは3Kg増量で300g残した勘定になった。
300g残した影響なのか、β膜の影響か、ブドウ糖の影響か、
何かは判明しないが、身体が軽くなった印象を持ちながら
帰宅した。
そして、木曜日(4/26)。
難波院長が、膜の変更をしてみないかと。
長い間1600の膜面積のダイアライザーを使用してきたので
2100に変更するのは、少し躊躇するものがあったけれど
難波院長のお薦めに従った。
前日、乗馬に行ったから、体重増加も平常通りの1Kgほど。
相変わらず、血圧が透析終了後、100を切って、
回収液のブドウ糖を500c/c使い切って100オーバーにしてもらった。
200g余りで帰宅した。
心無しか、身体が軽いような。。。。
透析した日の晩飯後、無茶苦茶眠たくなるのがなんとかならないものかと
いつも思案していた。

だって、食べてすぐ寝たら、ブーになるやん。

今日は、3年目最後の乗馬に行く。
3年目は、たったの19鞍(レッスンのこと)しか乗れなかったことになる。
ウルトラピュアな水でない施設で透析していたからや。
どうしてくれる。
無駄な日々を返してぇ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!

CRPの乱高下していた、
私みたいにならないためにも
ウルトラピュアな水で透析してもらえる施設で
透析してもらってください。
同じ透析でも、透析の質に差があるのです。
せめて、ネットをご覧の方は
高品質の透析施設を探して、そこに身を預けて下さいませ。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-04-27 10:40 | 透析条件 | Comments(5)

■ トランス脂肪酸の危険性について

食品添加物でマーガリンやハンバーガーなどの「油」をつかうもの、ほとんどのジャンクフードに入っている「トランス脂肪酸」の危険性についてかかれた文章を掲載します。日本の厚生労働省はアホなので規制のキの字も出して来ないものの、トランス脂肪酸というのは、カナダ、アメリカ、EUヨーロッパ諸国、ひいては韓国までが規制している食品添加物です。

トランス脂肪酸の有害性

人体は摂取されたシス型脂肪酸もトランス型脂肪酸も同じように処理しようとしますが、トランス脂肪酸は通常ではありえない構造のため処理しきれずそのまま体内に蓄積されたり、身体に深刻な影響を及ぼすことが大きな問題になってきています。

①心臓疾患のリスクを高める

飽和脂肪酸が悪玉コレステロールを増加させることは広く知られていますが、トランス型の飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを増やすだけでなく、肝臓に悪影響を及ぼしてコレステロール調節機能のバランスを崩し、善玉コレステロールを減少させることがわかっています。言うなれば倍速のマイナス効果で動脈硬化を促進し、心臓疾患のリスクを非常に高めるのです

② 免疫機能の低下
トランス脂肪酸は、体内で細胞膜の形成時において弱く不安定な細胞膜を作る要因となり、ウイルスや細菌が進入しすくなって免疫機能を弱らせます。関節炎等の慢性炎症性疾患、アトピー性皮膚炎やアレルギー、クローン病など多くの病気との関連が指摘されています

③ 発ガンのリスクを高める
結合している水素原子によって体内の酸化が進み、細胞遺伝子が酸化されてガンになる可能性が高くなるそうです。アメリカではガンによる死亡率とトランス脂肪酸を含む植物油の消費率の増加がほぼ一致しているというデータさえ報告されています。

④ 痴呆の引き金になる

トランス脂肪酸をたくさんとるお年寄りは痴呆になりやすい、という気掛かりな研究結果が、米国シカゴ近郊に住む65歳以上の住民8500人を長期間追跡した「CHAP」(Chicago Health and Aging Projects)によって、米国神経学会が発行する学術誌、Neurology誌2004年5月11日号で発表されています。
引用=二階堂ドットコム

それから、花王エコナクッキングオイルには発ガン物質が含まれているというのだ。

My News Japan


ご用心、ご用心。
私は、バター、オリーブオイル、ゴマ油しか使わないことにしている。
最近は、スーパーのお惣菜売り場に、
当店は菜種油を使っていますとの表示があったりする。
透析しているから、口に入るものは厳しく峻別するようになると
当然のことながら、食品添加物にも神経質になってしまう。
身の回りには化学合成物だらけで、どこまで防御できているのか
不明だ。
気休めかも知れないが、身体に良くないとされるものは
可能な限り避けたいのだ。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-04-23 13:48 | 危険なオイル | Comments(0)

PTA後の透析条件変更

透析条件は未だ確定はしていないけれど、
PTA後には変更するとのお約束を実行した。
人工血管内の平均血流量1140ml/minに上昇したので
血流230に上げて、on-line補液速度18l/h。
HD流量400+on-line流量300 でQD700
ガンガン水を流すことになった。
HFを強化したということです。
血流は250にする予定です。
ダイアライザーはFDY-1700GWですが、
来週火曜日からPES-βに変更します。
膜面積は1900なのか1700にするのか、覚えていない。
いずれにしても、そうかわりないとか。
前にいた施設では体重が増えないことに訝っていたのだけれど、
転院して、46kg→47kgにあげてなお、
ここのところ、血圧が透析後に100を切ってきた。
生食回収より5%ブドウ糖回収をしてみて、と、
お願いしたのだけど、
実のところは、体重が増えているのだ。へへ、間違いない。
アホといわれようと、ブーにはなりたくないのだ。
しんどいのを我慢しても、ドライウエイトを上げたくない気持。
でも、我慢の限界かも。

動脈側の使用針がメディカットカューラ17Gなので
血流は250以上取れないそうです。
私としては、17G以上の太い針を使いたくないのです。
静脈圧は100を切ってますので心配ありません。

体感的には、off-lineHDFとon-lineとの差を感じられません。
off-lines透析のときは、透析後の夜に腹痛発熱するのが
不思議でたまらなかった。
乗馬をするからなんて、乗馬のせいにされたりしていた。
絶対違うと、頑固に否定していたものの、
少し疑う自分になっていた。

それが
on-lineHDFにかわって、
CRPが安定して異常値を示さなくなったのが
大収穫です。
腹痛・発熱がなくなって大喜び。
安心して乗馬を楽しめるようになったのです。
憂いが解消した!!!

あとは、もう少しBMGが低下して
アルブミン・総蛋白が上昇して
エポジンを減らせることです。
願わくは、透析前と透析後の元気度が同じになればいいなぁ。

[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-04-22 12:17 | PTA(風船による血管拡張術 | Comments(2)
不死身(?)の平中先生、物凄く体調悪そう。
ステント入れないばやいは、人工血管延長の話を
するどころじゃなかった。
先生、大丈夫???早くようなってください。
でないと、私、困る。って甘えている場合じゃない。
で、PTAをするドクターは、若い中山先生だから、
問題ないのですが。
本日は、もうすでにステントの話はなし。
7m/mのバルーンで膨らます方が、次回までの拡張期間が
長くなるということで、いざ開始。
今回は拡張しにくくなっているらしい。
血管が固くなっているって。
エエッーーーーーーーーーー!
いややなぁ。
ステント入れるのには、血管が柔らかい方がいいのだと。
ステントを入れる時期を逸したのか?

途中で6m/mに交換スルも、すでに6m/mは
拡張しているということで、7m/mに交換。
何気圧か知らないけれど、30秒を5回ほどしたかいな。
前回書いた5分なんて、そんな長いのはなかった。

今回は終わったあと、狭窄部位が痛くなかった。
いつもは鈍痛を抱えて新幹線に乗るのだけど。
なんでやろ。
いつも痛いのだと訴えたからなんか。
痛くなかったので、ちゃんと膨れなかったのかと
心配になるやん。
もっとも、前後の造影写真は撮って、私も1部貰うのですが。
何故か、この日はPTAするのは私だけ、と、妙に空いていた。
終了後、時間もたっぷり余った。

そこで、
梅田のJRAウィンクの近くの藤林クリニックに併設されている、
藤林針灸治療院に急いだ。
最初は肩関節周囲炎で、1年間通った。
その後、平成6年に3回ほど行って以来になる。
何しにいったのかな?
バレエをはじめて2年後ぐらいだから、膝が痛くて、行ったのかなぁ?
バレエ開始した当初は、アッチコッチ痛くなって
膝が痛くなった時は、半月板が壊れたのかと
大変心配になったのだった。
使っていなかった筋肉やら関節を使うようになったから
チョッと傷めただけだったのだ。
ほどなくして、どこも痛くなくなったのだから。

緑内障を治してくれる?って頼んだ。
進行を止めることはできるような話だった。
まぁ、緑内障より、左目のポスナーシュロスマンの
度々起る前房の炎症を止めてほしいのが、
私の切なる希望なのだが、ポスナーシュロスマンのことを
知っている人は、眼科医以外にはいないから
そのことは、黙っていた。
手の親指と人指し指の間が、ツボで、そこを押さえられたら
悲鳴が出るほど痛い、左が強烈に痛かった。
左目がポスナーシュロスマンだからね。

いつも、左目がくしゃくしゃして感じ悪くて
うんざりしていたのだけれど、針治療してもらったら
多少は良くなった気分。
眼の周辺も、針、打った。
通電した。痛いぞなもし。
ついでに、首が左右にぐるっと廻らなくて
痛くなっていたのも治して貰った。
眼の調子は、来週水曜日に、定期的に行っている
眼科医の診察があるので、よくなっていればいいなぁ。
リンデロンとかフルメトロンを使用しなくてもよくなれば
もうオンの字だけど。オンは恩か?御か?


PTAは4ヶ月目だったから、年3回行く計算になる。
8月、12月。針も同じでは効果ないやろな。
藤林の針は、使い捨てだから、清潔なんだわ。
ヨソは使い回しが多いから、行くのが怖い。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-04-18 23:31 | Comments(0)

明日、PTAに行く。

すでに、恒例行事になっているPTA。
もちろん、小・中学校の父兄会じゃあござんせん。
痛〜い、いた〜い、強烈に痛〜い、もひとつおまけに痛〜い
血管拡張術。
30気圧5ふ〜ん! ! そんなんあったかな????
キリキリ痛いのを、5分我慢するのだ。
思い出すだけで、だからが、ちゃう。
からだが震えそう。
人工血管の静脈側の吻合部上部が糸みたいに極細になってしまう。
その度に繰返しPTAをしてもらいに
大阪バスキュラーアクセスセンター平中診療所にでかける。
もう何度繰り替えしたことか、覚えとらん。
耐え難きを、忍び難きを、艱難辛苦を乗り越えて
透析ライフをエンジョイ(▼ ▼)させてもろてます。
ステント入れてくんのかなぁ?????悩ましいこっちゃ。

なんば内科クリニックの院長は、ウルトラハードに血流を上げなくても
私のばやい、250でいいと。
いまは210。250に上げられないことないけれど
PTAするまでは210で。それでも効率は、バツのグンや。

日機装のFDY1800で、5分経過後オンライン接続で
アルブミン6g漏出。チョッと多過ぎる。
で、10分経過後にオンライン接続に変更。
もう1回、データ見て、
ボリエーテルスルホンβ膜に変更するかどうかを
決めることになりました。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-04-15 11:34 | PTA(風船による血管拡張術 | Comments(2)
予報では午後から雨だった。
途中までは晴れていても、
クラブに着いたら雨が降ったら嫌だな、と
グダグタ考えていたら、電車に間に合わなくなった。

仕方ないので、ヘァーカットにでも行くべ。
なんと、スタッフが全員総入れ替えになっていた。
3人しかいないんですが。。。。。
冬は長め、夏はベリーショートと決めている。
いつもの人がしてくれるカットでないから
ちょっと気に入らんのだけれど。
丁寧にカットしてくれはったし、
どう説明していいのやら、解らんかったので、
曖昧に「いいわ」と返事して、退散した。
すぐ、髪、伸びるのやし、まぁいいか。

メチャクチャお安い、へァーサロンです。
だから、あれこれ注文つけない。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-04-13 21:08 | 乗馬 | Comments(0)

キドミン点滴。

キドミン=ネオアミュー でしょうか?
腹痛で、熱が出て、CRPが上昇するというパターンに、
2年間悩まされ続けていました。
で、食欲がなくなり、抗生物質とhiromasa cocktailという
ドクターの名前をかぶせた
キドミン+αの点滴100c/cをして貰っていました。
透析終了直後から点滴開始で30分で注入を終えていました。
迂闊なことですが、キドミンとビタミン剤以外に
何が混入されていたのかは、聞いていませんでした。
一食分ぐらいにはなるとは聞いていました。
CRPが高い時はhiromasa cocktail、
それほど高くない時はキドミンだけ(?透明水溶液)。

ところが、Yanさんの透析療法掲示板で
【9518】Re(1):「ネオアミュー」投与法について  SAM  - 07/4/10(火) 12:20 -
------------------------------------------------------------------------
新薬と臨床 43, 592-597 (2006)にネオアミユーを透析開始時から持続注入したときの血漿中のアミノ酸濃度の変化が出ています。
また、日本医工学治療学会第23会学術大会(2007, 大阪)でより詳しく報告されていました(札幌北楡病院)。
それらによると、ネオアミユー投与により、透析終了時の必須アミノ酸の血漿中濃度は維持されております。非必須アミノ酸は下がっていますが、ネオアミユーは腎不全用アミノ酸で、必須アミノ酸を主体とした製剤なので、むしろリーズナブル(非必須アミノ酸は生合成されるので、Nの過量投与にならないために妥当)と思われます。
廃液中には、ネオアミユー非投与時、約6gのアミノ酸が漏出していますが、ネオアミユー(アミノ酸として約12g)持続注入しても、廃液中のアミノ酸量は6週で9g程度に増加したにすぎず、13週ではなんと6g抜けたに過ぎませんでした。
ということは、12gのアミノ酸を透析中に持続注入しても、収支としてはほとんど生体内に保持されることになります。
これは、アミノ酸の最大のストアである筋肉からのアミノ酸漏出を防ぐことができたものと解釈されますので、ネオアミユーの持続注入は異化抑制に一定の効果があると期待されます。

------------------------------------------------------------------------
【9519】Re(2):「ネオアミュー」投与法について  hira  - 07/4/10(火) 18:20 -
------------------------------------------------------------------------
栄養障害は 通常 総エネルギー量不足が前提としてありますので、
アミノ酸製剤だけではなく、エネルギー量を補う意味で
50%ブドウ糖といっしょに透析中に持続点滴で補充することが
多いのではないでしょうか。
場合によっては、さらに10%脂肪製剤も添加しますから。

アミノ酸製剤をゆっくり入れる理由は過去の投稿記事の中で
説明されていましたね。
http://yan-hd.net/cgi-bin/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=1885;id=yan

透析百科サイトもご参考に
http://202.216.128.227/%93%A7%90%CD%95S%89%C8/24.07.htm


とありました。
食事できないから、当然カロリー不足であったやろうし、
尿素になっただけなのかしら?とか
30分で注入は、速度が早すぎたのではなかろうかとか
考えてしまいます。
過ぎ去ったことですが、どうなんですかねぇ。

ロム専なんばセンセ〜〜
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-04-11 20:45 | Comments(10)
ビタメジンの注射、良く効いたわ。効き過ぎとも。
帰宅して、いつもよりけだるくて。
売れ残りのペイネのパン食べてたら、気分悪くなって。
早々にベットに潜り込んでも、眠たいはずなのに眠れなくて。
そのうち吐気が。ついでにお腹も感じ悪い。
ウンチをすませて、ゲーゲ−。
全部吐き出して、嘔吐感はなくなったけれど、
お腹の不快は続いてる。
3回目の途中から、お尻からお叱呼(開高健風)が。
うんにゃ、ピ−ピ−下痢。
それから、何度トイレを往復したかいな。
間に合わへんかったんは2回。
全然、眠れへん。
えっ?ノロウィルス?
ペイネのパンに生ベ−コン挟んであったよなぁ・・・・・
悪いもの喰ったか?

熱はない。
なんだ。なんだ。

昼前に起き上がって、葛湯をつくって飲んだ。
まだ、お腹ゆるゆる。
水分消失しているから、牛乳、飲むべ。
牛乳のお陰かどうか、お腹、落ち着いた。

背中、カイなったし、ビタメジン効き過ぎたんやね。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-04-08 14:23 | 副作用 | Comments(13)

びっくりなお勉強会

転院して初めてのお勉強会に参加した。
患者会・清流友の会主催だった。
とりあえず1回は参加することをモットーにしている。
そこで、雰囲気とかメンバ−面々の様子なんかを
観察することにしている。
そして、以後参加するかどうかを決めるのだ。
これまでは、患者会に入会しても、参加は1回きり。
いろいろな意味で、面白くなかったからだ。
前の施設では、自分とこの施設への要望をないがしろにして
全体的な活動をするんか?の不満で、患者会には入会しなかった。

ところが、なんば内科クリニックのお勉強会には
スタッフも全員総出。
会議室は狭いことも手伝って
満員御礼。熱心なことに、びっくり。
もっとも、私は電車に遅れて、遅刻してしまったのでした。

お勉強会のテーマは
『副甲状腺二次亢進と災害時対策』
私はすでに副甲状腺摘出手術済みだから、
お勉強せんでもよかったのですが。

ドクターと事務長の人徳なんでしょうかねぇ。
透析している人達も、
みんな気持の良い人達ばかりが集まってきている。
今後、清流友の会の集いには、都合の着く限り
参加しよう。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-04-02 18:22 | お勉強会 | Comments(2)