多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って25年です。

by マーゴ

カテゴリ:小沢一郎生活の党代表( 7 )

『野党連携』、言うは易く行うは難しというが、なかなか進展が
見えてこない。紹介する「小沢談話」はそんな情況への真摯な思
いである。
               日本一新の会事務局
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 野党が一体となって戦い政権を奪取する(談話)

                       2015年12月3日
              生活の党と山本太郎となかまたち
代表 小沢一郎

1)政権交代のために野党統一名簿方式で各候補者が戦う

 来年の参議院選挙で野党が一つの政党にまとまって戦えばベス
トですが現状で各党が解散してひとつの政党になるのは困難です。
また、私はそこまでやる必要はないと思います。ただ今の自公政
権では国の将来や国民の生活を守ることができない、これを代え
るべきだという点で一致する政党が手を携えて候補者を一本化し
て戦えば国民の支持は必ず得られると思います。

 具体的には既存の政党はそのままにして統一名簿を作るために、
例えば「オリーブの木」という新しい届け出政党を作り、そこに
基本的な考え方が同じ人が、どこの政党からも個人で参加すると
いう方法があります。そうすると二重党籍になるのですが、法律
上二重党籍は問題がありません。党を壊さないで、非自公政権樹
立のために統一名簿で戦うのです。これこそ、政権交代を前提と
した本当の野党連携なのです。

「オリーブの木」で戦う場合は細かい政策は一致する必要はあり
ません。ただ安保法制はよくない、廃止すべきという点では一致
できると思います。それともう一つは、例えば原発。再稼働は止
めよう、10年後か20年後かは別にして、いずれ原発は廃止し
て、新しいクリーンな再生可能エネルギーに転換しようというこ
とは、民主党も含めて、各党が一致できると思います。
「オリーブの木」構想を選挙のための野合と批判する人もいるよ
うです。しかし民主主義で主権者が自らの意思を表す最大の機会
が選挙ですから、その受け皿を作ることは決して野合などではあ
りません。

2)国民多数は今でも非自公政権の実現を求めている

 このように統一名簿方式で戦うのなら民主党も解党を考える必
要がなく問題ないのではないでしょうか。民主党の中にはいろい
ろな意見があるようですから、「オリーブの木」でいこうという
結論をすぐ出すのは現状ではなかなかむずかしいかもしれません。
しかし、数では民主党が多いので、野党連携はやはり民主党が軸
になります。もうあまり時間がないのですから、民主党は野党第
一党として政権交代に向けてしっかりしてもらわなくてはいけま
せん。
 一方で、民主党以外の各党や無所属の人たちが連携して一つの
グループを作っていき、その傍らには共産党がいて「さぁ民主党
も一緒にやろう」ということになれば、国民の声もあり、民主党
は嫌だと言うことはできないと思います。ですから、ういう状況
を一日も早く作ることが重要だと思います。

 2003年9月には民主党と自由党が合併し、11月の衆議院総選挙
に臨みました。その結果比例得票で民主党は22,095,636票を獲得
し、自民党の20,660,185票を上回りました。その前の、2001年の
参院選で民主党は8,990,524票、自由党は4,227,149票でしたので、
両党を合わせても13,217,673票でした。つまり民由合併によって、
得票数が8,877,963票増え、合併前の両党得票数の1.672倍になっ
たことになります。これは野党が結集し自公政権に対抗する有力
な受け皿と国民に認められたからだと思います。

 一方、2014年12月の衆院選における自民党の比例得票は、17,658,916票
でした。これは上述の2003年11月の衆院選から3,001,269票も減
らしています。ところが野党がバラバラで戦ったため、自民党は
有権者の17%の得票率で実に61%もの議席率を占有することにな
りました。つまり、民意と国会議席には大きなかい離があるとい
うことです。今でも国民の間では、非自公政権を求める声が多数
を占めていると思います。

3)野党が一つになって戦えば必ず自公政権を代えられる

 特に今回、安倍政権による安保法の強行により共産党が大胆な
方向転換を行い、他の野党と力を合わせて選挙を戦う姿勢を打ち
出しました。しかし「オリーブの木」に止まるわけではありませ
ん。 共産党自身もそれを望んではいないと思います。共産党と
は今の安倍政権はダメ、自公政権はダメという点では一致してい
ますから、大きく括ると自公に対して野党が「オリーブの木」と
共産党ということになります。
 来年の参院選に向けて「オリーブの木」と共産党は当然、候補
者調整を行いますので、1人区では野党と自公との一騎打ちにな
り、32の1人区で野党が全勝できます。そして残りの13の複数区
でも、最低1人ずつ、2人取れる場合もありますから選挙区選挙で
50以上。そして比例代表選挙で30以上、合計で82議席以上を獲得
できれば、与野党が逆転し、現在の野党が第1党になります。

 そうすれば野党から参議院議長を選出できます。議長を取れれ
ば、先の国会のような自公による憲法違反の暴挙を抑えることが
できます。野党は、こういう未来を実現するという気概をもって
参院選に臨み、次の衆院選で政権を取る。そのために何としても
「オリーブの木」構想で国政選挙を戦うべきだと思います。今年
中に野党で協力して参院選、そして来る衆院選を戦うという各党
のコンセンサスができればいいと思います。私もそのために全力
を尽くします。                   (了)


小沢先生の提唱する野党連合を絶対作って欲しいなぁ.................

[PR]
by noblesse_oblige7 | 2015-12-04 16:37 | 小沢一郎生活の党代表 | Comments(3)
安倍総理とオバマ大統領とで、再改訂した日米防衛協力の
指針(ガイドライン)に基づいて
抑止力を強化する方針を表明しましました。
中国の海洋進出を念頭に「力による現状変更を認めない」
との立場を鮮明にした。
米軍普天間飛行場の同県名護市辺野古への移設を着実に
進めることも確認したということです。

安倍総理はアメリカに出発前に、世界の平和維持に貢献するために
アメリカと日本は防衛協力をして、
歴史に残る協定をしてくるなんて大言壮語していました。
確かに、不名誉な悪総理として歴史に名を残すであろう。
中国の海洋進出を念頭に「力による現状変更を認めない」
との立場を鮮明にした。
米軍普天間飛行場の同県名護市辺野古への移設を着実に
進めることも確認した』とのこと。
日本一新の会より配信された小沢談話を紹介しますが、
日本一新の会は下記のように書いています。全くその通りであって、
戦争への道が着々と敷かれていく恐怖を禁じ得ません。
小沢談話にある議会民主政治としての手続きは一切無視し、
専制政治と化している。
私たちは、この小沢談話をもう一度咀嚼し、
この流れを止める手立てを講じなければ戦前回帰は
既定事実となってしまう。
以下コピペ
◎ 危険極まりない日米防衛協力ガイドライン改定(談話)
                                         2015年4月28日                
生活の党と山本太郎となかまたち 代表 小沢 一郎
日米両政府は18年ぶりに
「日米防衛協力のための指針(ガイドライン)」の改定で合意しました。
これは内容においても手法においても非常に問題が多いものです。
まず内容面ですが、
「切れ目のない日米共同対応」ということで、
従来のガイドラインにあった「周辺事態」の項目が
削除されています。それは、世界中で日米が共同で
軍事行動を行うことを意味しており、
極めて重大な変更であります。

もちろん、日本の防衛・安全のために日米の共同軍事行動は必要です。
私は、そのこと自体を否定するつもりはありません。
しかし、「周辺事態」の概念を削除すれば、世界のどこまでも
自衛隊を派遣することができるようになり
これは明らかに憲法違反です。

1999年に「周辺事態に際して我が国の平和及び安全を
確保するための
措置に関する法律」(周辺事態法)が成立しました。
しかしその政府原案では、「周辺事態」に対して何の制約もなく、
日本の周りで何かあった時はすべからく日米共同で
軍事行動をとるという
内容になっていました。
恐らく政府、特に外務省は、そういう内容にするようアメリカから
強く言われていたのだと思います。

当時、私は自由党でたまたま自民党と連立を組んでいましたが、
「この内容では日本国憲法の基本理念に反する」と主張し、
原案に強く反対しました。その結果、周辺事態の定義を
「そのまま放置すれば我が国に対する直接の武力攻撃に
至るおそれのある事態等我が国周辺の地域における
我が国の平和及び安全に重要な影響を与える事態」
と変更し、そういう事態になって初めて日米は共同軍事行動を
とることができるという内容に、半ば強引に修正した経緯があります。

しかし、今回の改定ではその「周辺事態」という概念がなくなっており、
無制限に日米が共同軍事作業を行うという内容です。
これは安倍内閣が昨年7月1日の閣議決定で集団的自衛権の行使を
可能としたことと符号していますが、
いずれも憲法の理念、条項で言えば第9条に反するものであり、
明確な憲法違反です。

安倍内閣がどうしても集団的自衛権の行使を容認し、
ガイドラインから「周辺事態」を削除したいのなら、
まず憲法の改正を国民に訴え、国会で審議し、
国民にその賛否を問うべきです。
その点、今回の改定は政治手法としても
問題があり手順が全く逆なのです。
もし国民が支持するのならば憲法を改正し、
その後に集団的自衛権の行使容認やガイドラインからの
「周辺事態」削除をするというのが順序のはずです。

しかし、安倍首相のやり方は、まず日米間で
ガイドラインについて合意し、
その既成事実のもとに日本の法律を変えようというものです。
アメリカからの圧力をいいことに既成事実を積み重ねていき、
自分たちが思う方向に進めていこうという手法です。
しかしそれは、立憲主義を謳う自立した主権国家として
あるまじき行為です。

戦前の戦争に至った経緯をみても、
国民は「そこまで行っちゃったのだから
もうしようがない。仕方がない」と軍部の独走を黙認し続け、
結局日米戦争に至ってしまいました。
そのように、なし崩し的な「まあ、仕方がないか」
という雰囲気をつくって物事を進めていくのは、
日本人独特のやり方です。
しかし、過去の反省を踏まえて、
再びそういう手法で物事を進めていくのは
絶対にやめなくてはいけません。
今回のガイドライン改定の手法はその意味で、
非常に危険で最も姑息なやり方だと思います。

私は、日米同盟は最も大事な二国間関係であると
常々言っています。
しかし、同盟というのは対等な立場で意見を交換し、
お互いが納得して結論を出し、協力していくのが本来の姿です。
「アメリカがそう言うのだから仕方がない」というのでは、
対等な同盟ではなく単なる従属関係でしかありません。

アメリカの言いなりになるということについては、
安倍首相も、本当は腹の中でそれほど
積極的ではないのだと思います。
しかし、日本が軍事的に憲法に縛られず、
世界に国威を発揚できるようにしたいという
自らの信条を実現できるのなら、
アメリカの圧力を上手く利用しながらやっていこう、
というのが安倍首相の腹の内ではないでしょうか。

そうした手法は本当に危うく、安倍政権の歩む道は
日本の将来にとって非常に危険な方向だと思います。
国民の皆さんにはぜひ、このことをきちんと
理解していただきたいと思います。

[PR]
by noblesse_oblige7 | 2015-04-29 17:48 | 小沢一郎生活の党代表 | Comments(0)
岡山駅前近くの貸し会議場サムライスクエアというケッタイな名称がついた
会場で16人ほど集まり、14時〜16時までの2時間、恒例になっている
姫井由美子さんの司会で、積極的な意見が闘わされた。
まだまだ3回目ということもあり、見慣れない顔、つまりお初の参加者も混じっている。
今回はまだ20歳にならない大学1年生が1人混じっていた。
可成り生意気そうな女子大生で、頼もしい。
今後が期待できそう。もっと増えればいいのだけれど。

課題として、選挙の投票率の低下をどないかしなければ、どもならんということ。
なかなか妙案は出なかったが、投票に行かなかった人にはペナルティを与える。
又は、投票に行った人には何かご褒美を与えるなんてことはできないのかなぁ。
選挙は国民の権利だから、そんな小細工は出来ないのだろうか?

この会は、岡山県を一巡しようということが決まっている。
来月は総社で行われることが決まった。日程はまだ未定だ。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2013-11-26 18:49 | 小沢一郎生活の党代表 | Comments(0)
by noblesse_oblige7 | 2013-11-26 17:57 | 小沢一郎生活の党代表 | Comments(0)
日本一新の会から派生した小沢一郎を支持する岡山の会(会長・稲谷斉一郎)が
3回目を迎えました。
もっとも、月1のペースで集まろうということに決まっていたのではありますが。

2回目には元参議院議員・姫井由美子さんも参加されて
誰も頼んでいないのに、知らぬ間に進行役を演じて、会を取り仕切っていた。
見事なものでした。
このままずっと姫井さんは参加して下さればいいのにと思うけれど
多忙につき参加できないこともあり得るのだろうな。

それにしても、一度姫井さんの動きぶり話し振りを、目の当たりにすると
一気にファンになってしまうほどに惹き付けられます。

本題に入らず横道にそれましたが、
本会では、先ず会則をつくろうということになりました。
次に小沢一郎氏に会が発足したということを、姫井さん同道で会長が
報告に行くということが決まりました。
会長ドノは大喜びでした。
会長は小沢一郎氏しか国政を任せる人はいないと信じて疑わない人ですから。
さらに、近い将来に、岡山に小沢先生を御呼びするということになりました。
もちろん姫井さんを通してです。
興味ある方はご参加ください。

日時 : 平成25年11月24日(日)  14時〜16時
場所 : サムライスクエア 岡山市北区駅前町1-8-1
岡山新光ビル5階(ドレミの街西隣り 1階はみずほ証券)
☏086-201-0634
参加費 : 1000円(使用料+茶菓子代)

準備の関係で〆切は明日11月21日まで。
申込先 : 姫井由美子事務所  有松さんまで。
電話 : 086-256-3939 携帯 : 090-7998-5542
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2013-11-20 13:34 | 小沢一郎生活の党代表 | Comments(0)
9月29日、日曜日。
ふとした偶然から、小沢先生を応援している人間ばかり7人集まり
即日に小沢一郎氏を支援する岡山の会が発足して、
即座に、会長と事務局長が全員一致で決まってしまった。
それほどに、小沢先生を支持する人たちは、何かせねばという気持ちが
大きいということなのだ。
安倍政権のしていることがもどかしく、
否、日本が破滅しかねないとの危機感も共有している。
次回の会合の日程も決まっている。
私は嬉しくて仕方ない。
パートナーは別にして、岡山で小沢先生を大贔屓にしている人がいたことに。
もっともっと増やしていかねばならない。
ネットでは増えているようには感じられないのだから。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2013-10-09 18:48 | 小沢一郎生活の党代表 | Comments(2)


阿修羅掲示板から
「小沢代表、意気軒昂だったのには、正直、驚いた「小沢一郎代表へのインタビュー」 動画 :岩上安身氏」 (晴耕雨読)

選挙だから、あちらこちらのTVに登場しているけれど、
マスゴミの記者を前にすると、あからさまに嫌な顔をする。
当然だと思う。
喋る相手を選んでいる。
タレントではないのだから、誰にでもいい顔をしないのだ。
現状のままで、安倍政権が続くなら
日本が破滅に方向に進んでしまう。
小沢先生のように類い稀な優れた政治家を
何としても総理にしたい!
でなければ、日本が滅びてしまう。
ニホンヲトリモロスなんて口走っている人に
日本を任せておけない! !
B層には小沢先生の偉大さを理解てきないのではないかと危惧している。
この動画も見る人は極めて少ないのだろう。

残念ながら、この動画は期間限定である。
そのうち見られなくなってしまう。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2013-07-13 18:20 | 小沢一郎生活の党代表 | Comments(4)