多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って25年です。

by マーゴ

カテゴリ:業務連絡( 8 )

5/8・5/22・6/5の
Kt/Vのバラツキの原因、解りました。
血流が同じではなかった。
5/08→→→QB230→220 途中で下げたようです。なんで下げたのか忘れました。
5/22→→→QB260
6/05→→→QB260→180 途中何故だか血流0になり、刺しかえて180に変更。
この事件後、針を動脈側17Gに戻した。
血流が多ければ、Kt/Vは高くなるという、証明のようです。
現在はmaximum240で、ピローがへたれば適宜下げます。
ということで、QBは一定しません。
理論上は再循環は殆どないようです。
それから、後の採血は終了、2,3分後ですが、必ずしもきっちりにはなってません。
2分〜3分でもバラツキはでるそうです。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-07-24 21:12 | 業務連絡 | Comments(16)
>週3回6時間と、週4回4.5時間、愛腎協さんのページで、
>週刊透析量のグラフを参考に、
とのアドバイスでしたが、
どうせ、私が見たって解らへんわと思っていたら、
院長がプリントアウトして、説明して下さいました。
そして、1週間のKt/Vもだしてくれはりました。
転院して以来の数字を羅列してみますので、ご覧下さい。

2007/02/20 2.13(single-pool Kt/V ) 2.70 (weekly stdKt/V) 5時間(週3)
2007/03/06 2.17(single-pool Kt/V ) 2.71(weekly stdKt/V) 5時間(週3)
2007/03/20 2.31(single-pool Kt/V )  2.77(weekly stdKt/V) 5時間(週3) 
2007/04/03 2.40(single-pool Kt/V ) 2.81(weekly stdKt/V) 5時間(週3)
2007/04/17 2.39(single-pool Kt/V ) 2.80(weekly stdKt/V) 5時間(週3)
2007/05/08 2.77(single-pool Kt/V ) 2.97(weekly stdKt/V) 6時間(週3)
2007/05/22 3.34(single-pool Kt/V ) 3.09(weekly stdKt/V) 6時間(週3)
2007/06/05 2.36(single-pool Kt/V ) 2.84(weekly stdKt/V) 6時間(週3)
2007/06/18 1.79(single-pool Kt/V ) 3.33(weekly stdKt/V) 4時間(週4)
2007/07/09 2.35(single-pool Kt/V ) *3.79(weekly stdKt/V) 5時間(週4)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ **3.73(weekly stdKt/V) 4.5時間(週4)

*この日だけ特別に5時間透析しました。
**平均4.5時間の計算です。
週4日の方が圧倒的にKt/Vが良くなっているということですね。
この計算式は沖縄の新里ドクターの計算式です。
愛腎協のはヨーロッパの人のものだとのこと。
愛腎協の方が高値に出るそうです。
4/17までは、ダイアライザー・血流・透析液流量などが流動的でした。
5/8以降は透析条件は一定です。
参考になりましたでしょうか?

表が崩れて、お見苦しいのはご容赦ください。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-07-21 19:44 | 業務連絡 | Comments(11)
先週末(6/30)のローカル学会?or勉強会?の
「on-lineHDFでのPES-SαとSβの比較(正しいタイトルは失念)」について
技士さんが発表されたのですね。
一部採集の廃液検査のでは、必ず突っ込まれるから
全廃液検査で、しかも撹拌したものでなくてはと、
えらく廃液検査にこだわってはったのを、
訝しく感じてはいましたが、やっと理由が氷解しました。
一部採集廃液の突っ込み解決策を盛り込めたのでしょうか?
それはともかくとして、
発表文と言うのか論文と言うのか解りませんが
見せて下さいね。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-07-02 00:15 | 業務連絡 | Comments(6)
d0107378_19252759.jpg
この装置は何するものなの?
熱湯消毒ができるって、
中に熱湯を潜らせると言うこと?
熱湯をぶっかけてもOKということ?
まさかね。







d0107378_1932595.jpg
こりは、カットフィルターかな?











d0107378_19485492.jpg
こりは〜〜〜〜?










勝手に写真かっぱらってきて、すんません。
それから、地下から温泉も水も出るの〜〜?
掘る距離が違うのかしらね?
気になって。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-05-02 19:45 | 業務連絡 | Comments(8)
>>35kgで80歳のばあちゃんでも血流220ですけど、
>>安定したものです。 
>>膜は1.5-1.8㎡のポリスルフォン、Ⅳ型。

この女性の元気度はどんなものなのでしょうか。
介護人無しで透析の行き帰りはおできになるのでしょうか?
ご自分のことは全て、ご自分でおできになるのでしょうか?
趣味とかあって、透析以外にも人生をエンジョイできてますのでしょうか?

例えは適切ではないですが、
川内康範氏(87歳)は、意気軒昂で、頭も冴えていますが、
おみ足がご不自由なようで。

聖路加国際病院名誉院長の日野原重明氏(95歳)は、
少し前、階段を2段飛びで駆上がっているのを
TVで放映しているのを、見ました。
勿論、頭も冴えている。
お二人共に透析をしておられるようには見えませんが、
日野原名誉院長のように、生きられる人は、健康な人でも、
まれかと思いますが
願わくは、あのように高齢になって、なお元気で生きられないものか、
と、切望しています。

ある施設で隣り合わせた女性も、80歳頃かと思いましたが、
日本画を描き、俳句だか川柳だかも、詠んでいました。
心臓を手術した後遺症とかで、透析導入されたようです。
頭は冴えていて、ボキャブラリーも豊富で、
私は、タジタジするときも、ままありました。
頭をボケさせないためには、俳句か川柳を嗜むことか。
と、考えさせられたことでした。
ところが、残念ながら、高いところの物をとろうと
転んで、車椅子の人(一時的ではあると思いますが)になってしまいました。
娘と一緒では、うるさいと1人で生活しておられましたが、
どうなったのか????
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-05-02 19:13 | 業務連絡 | Comments(3)
透析療法掲示板でみたんですが、
トピック「PS膜による血圧低下」にある
PESは、私が使用しているポリエーテルスルホンと同じですか?
私に使用して頂いている膜は、今年の2月に発売になったばかりですよね。
PVPが溶出するために血圧が下がるそうですが、
関連トピック質問があります患者05/10/3もありました。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-03-23 17:43 | 業務連絡 | Comments(6)
http://www.japancorp.net/japan/article.asp?Art_ID=36046

バイエル薬品、高リン血症治療薬、フォスレノール(R)チュアブル錠を国内承認申請


Osaka, Japan, Dec 20, 2006   -  (JCN Newswire)   -   バイエル薬品株式会社(本社:大阪市)は、高リン血症治療薬「フォスレノール(R)チュアブル錠」(一般名:炭酸ランタン水和物)(以下「フォスレノール(R)」)の日本における製造販売の承認申請をいたしました。バイエル薬品は「フォスレノール(R)」の日本における開発、製剤および販売の権利をシャイア社から2003年12月に取得し、日本での第II相および第III相臨床試験を実施しました。「フォスレノール(R)」は非アルミニウム・非カルシウム性のリン吸着剤で、既に米国、台湾、韓国、ドイツ、スウェーデン、デンマーク、オーストリア、アイルランドなど、世界15ヶ国で発売されており、今後も数々の国で発売が予定されています。

「フォスレノール(R)」について

「フォスレノール(R)」は食事によって摂取されるリン酸に対し高い親和性を持つ非アルミニウム・非カルシウム性のリン吸着剤で、リン酸と結合して生成されたリン酸ランタンは消化管を通過して排泄されるため、効果的に血清リン濃度を下げることができます。また、「フォスレノール(R)」はその服用に水を必要としないチュアブル錠であり、水分摂取が制限されている透析患者さんのニーズに合った製剤です。



前評判が高かった割に、悪名高い塩酸セベラマーと同類の薬ですか?
腹痛と便秘の副作用を伴う。
副作用が出ないように改良されていればいいのに。
キリンはフォスブロック
バイエルンはフォスレノ−ル
リンゴ酢カルシウムはフォス・エックス(PHOSーEX)
PHOSはリンのこと?
チュアブルなら飲みやすいけれど、甘くしてあるのかなぁ?
これで、牛乳、遠慮なく飲める?
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-03-21 16:16 | 業務連絡 | Comments(1)
多摩川の源流で家具作り
kusakari先生教えて下サーイ
を、プチ真似しました。
こんなのが増えたら、Doc.kusakariも困ってしまうでせうね。
それにつけても、「多摩川の〜〜〜〜〜〜〜」は、
格別に面白楽しいサイトです。私には真似できない。

サマリーというのですか?
業界用語には精通してませんので間違っていたらごめんなさい。
転院前の透析施設のスタッフからの
注意事項については、懸念していた通りの内容のようです。
熟した香ばしい臭いのするオツムの人達が作成したものですから、
必要事項とどうでもいいことが把握出来ていない代物だと
考えられます。

透析で穿刺が何よりも嫌なのです。
何年透析しても、穿刺の恐怖を克服出来ません。

ベッドに横になった途端に、
さぁ、穿刺とばかりに、針を刺されるのは
まだ、心の準備ができてないのに。
さらに言えば、問答無用とばかりにいきなり
穿刺というのは、まことに乱暴に感じました。
私は、物凄く人工血管を大事にしています。
7m/m以上空けて、下から上、上から下へと
順番に穿刺してもらいたいのです。
腕を出した途端に、時間がもったいないのか、
穿刺・穿刺・穿刺・・・・もうすみましたよと、
幼児をなだめるような口調には、かなわんなぁ。。。。。です。
それから、これから、穿刺する人が一巡するようですが
穿刺の輪姦はどうも嫌だなぁ。
誰でも穿刺はできるのでしょうけれど
痛い穿刺と痛くない穿刺があります。
穿刺にはセンスという、どうしようもないものが存在する、
と、考えます。
誰が痛くない穿刺をしてくださるのかは
解りませんが、可能な限り痛くない穿刺をお願い申し上げます。
穿刺が一巡しないと解らないんだろうな?
悩みの一番が穿刺で、穿刺なくて透析は始まらないし
穿刺でしばらくはブツブツ文句が多いかと思いますが
ご容赦のほど切に切にお願い申し上げます。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-02-23 16:09 | 業務連絡 | Comments(0)