多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って25年です。

by マーゴ

カテゴリ:ドナービジネス( 1 )

買ったのではなく、透析に通っていて,毎回乗り降りする
最寄りJR駅「長船」の駅に置いてある図書に紛れ込んでいたのだ。
透析をしているからには、移植には無関心ではいられないってことで、
手にして、フムフムとお持ち帰りしたのだった。
手にしたときは、フィクションかと思っていたのだが、
ノンフィクションだった。
ノンフィクションの手合いは、ノンフィクションと標榜しながら、
書き手の主観や誇張などもあって、
かなり歪曲されたものになっていることが往々だから、
私は読まない主義なのだ。
折角、持ち帰ったのだから、一読してみるかなんて。
クドクドしい前書きをしているのは、そうです! !
何とも後味の悪いものだったからです。

まず、市橋文哉という人物は実在しないらしいのだ。
真偽は定かではないが、一橋(ひとつばし)にある新聞社の
複数の記者が書いたもの。
つまり、ペンネームはひとつばしのぶんやをもじったものだと。
毎日新聞の記者たちが書いたものだとか。
他に、「闇に消えた怪人」ーグリコ・森永事件の真相ー
「三億円事件」「オウム帝国の正体」「宮崎勉事件」ー塗り潰されたシナリオー
「『赤報隊』の正体」がある。
「ドナービジネス」については、まえがきから引用すると
●●●月刊誌「新潮45」の2001年1月号から4月号戸、6月号に掲載した
「闇の連鎖」シリーズをもとに大幅に加筆訂正し、2002年1月に出版した
拙著『ドナービジネス』(新潮社刊)の文庫版である。●●●2004年4月
とあるので、現在2009年11月の時点では、移植法も改定されたりして、
書かれている内容も古くなって過去のこととして
葬られていることもあるのではないかと、思ってしまう。
ドナービジネスには闇のシンジケートがあり
世界中にネットを張り巡らしているというのだ。

ドナービジネスがあるだろうことは、
私にも、透析導入10年後くらいのときに、アプローチがあった。
透析10年を記念してホームページをたちあげて、
メールアドレスも表示していた頃のことだ。
メールでのアプローチでは、要約すると
中国人と結婚して、その人の腎臓を貰って、
日本の医療施設で日本の医師が手術するというものだった。
そんなことが出来るのかと不思議ではありましたが。
血液型とかは予め検査した上で、マッチングした人と
書類上結婚する。
そして、その斡旋会社は表向き中国人との
結婚相談所だということだった。
お断りしたから、料金などの詳細は訊かなかった。

「ドナービジネス」では、透析についても触れているのだが、
事実誤認と云うか、取材不足と云うか、かなり適当な記述であるので、
「ドナービジネス」の内容についてはかなり怪しさがつきまとってしまう。
文中、臓器移植は効率が悪くて余り儲からなくなっていると。

ヒトはクジラと一緒で捨てるところがないほど利用価値が高いとのこと。
堕胎された胎児は特に利用価値が高いと。
再生医療研究にも必要だと言われれば、納得できたりしてしまう。
アメリカでは代理母のアルバイトもあるのだとか。
これが合法化すれば、日本の人口減少の歯止めがきくのかも。

さて、日本でも正規に
人体の細胞を採取して、移植用の組織に商品化する企業がある。
株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
で、現在、表皮・軟骨・角膜上皮を商品化している。
近い将来には臓器も商品化できるのかもしれない。
こういう企業には、研究用に動物以外に
ヒトの細胞や組織が必要になるのだろう。

もしかして、●●山に遺棄された女子大生の臓器が
研究用にえぐり取られたとか????
ジョーク、ジョーク。悪い冗談は止めろって?
すんません。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2009-11-15 16:57 | ドナービジネス | Comments(4)