多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って24年です。

by マーゴ

カテゴリ:walking( 8 )

walkingと毛虫

6月3日、朝のwalkingをしていたら、
いつものコース、桜並木(現在は当然葉桜になってます)の両サイドは
雑草ぼうぼうだったのですが、この日は草刈りが行われていました。
道すがら、すべての雑草は既に刈り倒されていて、
小型のトラックに山積みにされている途中でした。
歩いていると、顔に小さな虫が衝突してきて、痒いのなんのコラあかん!
予定では1万歩・約5km歩きますが、朝ちょっと食べ物を口にしていた所為で
walkingがしんどい状態になっていました。空腹で歩くのが鉄則です。
1.5km辺りでUターン決行。
とにかく、顔も首も痒くてたまらんのを我慢シーシーひたすら歩く。
帰路は通ったことのない脇道にそれて歩いていたら、
水道工事で、行き止まり。
仕方なくもと来た道へとぼとぼ引き返し、桜並木の道に戻りました。
刈り取られた雑草は片付けられていました。
それでも、顔や首筋が痒い。
これ以上歩けんわと、道筋にあるスーパーに寄り道というより、休憩です。
かぶっている帽子が暑苦しいので、つばひろの麦わら帽子を購入。
早速かぶって、家路につきました。

家に着いて、机の前に座ってPCを開いてしばらくして、
首が痒いので首に手をやったところ、
気色の悪い手応えが
一瞬手に触れて、払い落としたら
茶色い3cm位の細長い物体が机の上に落ちました。
訳の分からないものが、首にへばりついていたのだ。
何か解らないままに、ティシュで摘んで、くず入れに放り込みました。
首が痒いので、どうかなっているかと何度も何度も鏡を見ましたが
痒いだけで異常は発見できません。
夜9時頃に鏡に映してみると、首の左側の中央横一に
1cm幅の赤い筋ができていました。
気持ち悪い物体は、なんか不明の虫だったらしいと悟りました。
入浴時に、石けんを泡立て、首周りを泡だらけにして洗って
シャワーで他の箇所に流れないよう注意して、首を流しました。
眠れないままに、何の虫かいろいろ思いを巡らしました。
泉鏡花の「高野聖」に出てくる山蛭か?
蛭に血を吸われた?そんな?あり得んか?

翌日、6月4日。
透析の日、首筋の痒い箇所が広がっている。
院長が診て下さって、典型的なケムシのなんやらや(聞き取れなかった)。
ケムシの毛が残っているからね、と。
塗り薬と飲み薬を処方してくれました。
早速、院内に常備してあった、リンデロンVC軟膏0.12%を塗り、
アレジオン錠20を服用して、透析に入りました。
ちっとも痒いのが消えません。

本日、6月5日。
もう、痒い箇所はどんどん拡大。
院長の言ったケムシの毛はどんだけついているのやら。
それでも朝のwalkingはかかしません。
同じ桜並木にいくかどうか思案しましたが、
同じ道を行くことに決定。
道すがら、下を向いて、道路を凝視しながら歩きました。
この時期は、ミミズが道路に出てきて乾涸びて
絶滅しているのに度々遭遇します。
やはり、絶滅したミミズを見つけましたが、半生状態でした。

ケムシもゾロゾロ這っているのを見つけました。
江戸の敵を長崎で!と、踏みつぶしてやろうと心では思いましたが、
気持ち悪くて果たせませんでした。大いに残念。
それにしても、いつどこで、
私の首にケムシがへばりついたのか! !謎だ!!

飲み薬のアレジオン錠は3日分処方されていますので
3日で治るのかと期待はしてますが、どうなんでしょう。
痒い範囲が拡大して、恐らくは掻いたらますます痒い範囲が拡大する印象ですが、
掻かずにはいられない、この痒さ! !堪らんわ!!

明日には、痒みが治まってくれたらいいのにっ。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2011-06-05 16:57 | walking | Comments(2)
d0107378_1613256.jpg
最近珍しいレンゲのお花畑。
雲一つない青空の下でレンゲの絨毯。
写真はいまひとつではありますが。
1週間のうち1日くらいしか晴天の日がない今日この頃。
寒暖をくりかえしていますが、
そのうち、いきなり夏になったりするのではないかと、疑ってます。
今日のwalkingでは、汗ばむほどの陽気で
子供が屋外でソフトクリームを食べていたのを見て
私も欲しくなり、売っているところの見当はついていたので
買いに行きました。
ソフトクリームなんていつ食べたことでしょう?
屋外のベンチに腰掛けてコーンの先っぽまで詰まった
ソフトクリームを食べ尽くしました。
折角ダイエットしようとwalkingしているのに
台無しの気配。
ところで、また一人、レンゲ畑に面した道にたたずんでソフトクリームを
食べている若い女性発見。

本日は、ソフトクリーム日和かな?
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2010-04-25 16:28 | walking | Comments(2)
昨年12月に両足首捻挫して、左足首は治ったものの
右足首,アキレス犬じゃないよ、アキレス腱付近が未だに痛く
ストレッチをお休みしていた間に、嚥下障害予防体操に励んでいた。
喉の筋肉強化ということで、寝た姿勢で上半身を
アップさせて、その状態を持続するのだ。
喉の筋肉ということで、頭を出来るだけ反らせる方が
効果がありそうな気がしていた。
捻挫以前よりしていたから、かれこれ1年以上になるのだが。。。。
ある日突然、肩から首周りに猛烈な筋肉痛に襲われた。
以前3B運動の教師に、首を反らさないようにと注意を受けていたのに
意に介さずにいたが、こういうことが起きるのだと遅まきながら納得した。
治癒するのにざっと3週間かかった。
もう治らないかと心配したものだけど。
そして、いま現在は久しぶりのストレッチをして
ヒッブ周りの筋肉痛5日目。

それでも、運動をしとかな、と。
余りにも天気のよい今日。
ちょっくら、walkingと、気取ったものの
チョースローペースのぶらぶら歩きで、
あっちにこっちに寄り道しながら運動にもなってないような
お散歩。
半ば葉桜の桜並木の名残の桜の樹木を仔細に観察してみた。
樹皮が広範囲に裂けている中に、
名も知らぬ黒光りのする気持ち悪い虫が、一杯巣食っていた。
何とかならんのかな?
竹酢液を薄めたスプレーをもって来て、
噴霧したろかななんて頭を過ったけど、ちゃんと虫を殺せるかどうか
自信なんかないしぃ・・・・・
昨年1年間、別の木に、大きなキノコが2つデンと座っていた。
取ろうとしてみたけれどカチンカチンで、微動だにしなかった。
今年になって、誰か削り取ってしまっていた。
大きなキノコだったから、桜の木から栄養を吸い取っていたんだなぁ。
折角の桜並木をもっと大切にせなあかんなぁ・・・・
d0107378_16145557.jpg






白鷺、青鷺が帰って来てます。冬の間どこにいたのでしょう?
鷺は水鳥ということですが、泳いでいるのを見たことがない。
水辺にはいます。
彫刻のように動かないと思って、近づくと逃げてしまいます。
低空で飛んでいます。

鶯も帰って来てます。
鳴き声は、またまだ上手とは言えません。
ホーホケチョなんて聞こえます。

雲雀もどこかにいるのでしょうけれど、私には確認できません。

燕を見たような気がするのですが、帰って来ているのでしょうか?
2,3年前、燕が多分つがいだったのでしょう。
ガレージに入って来たことがありました。
巣作りのための点検にきたのだと、察して
巣になるようなものを探してはみたのですが、
適当なものがなくて、ヘルメットならどうかと
セッティングして待っていたのですが、
ご近所の出入りしやすそうな場所に巣を作っていました。
ウチのガレージは天井が低いし、シャッターがあるし
燕が巣を構えるには、不便と考えたんや。賢いな。
巣があるうちは、シャッター下ろさない覚悟はしてたんですけどねぇ。

ジュース一杯飲んだだけで出発したものだから
お腹が減ってかどうか?疲れたぁ!しんどいわぁ!

何しろカントリーですから、お洒落なレストランどころか
チィルームもおへん。
テーブルとチェアーがセットされたスペースはありますが、
もう落書きだらけ。ゆっくり休憩する気が起きません。
へろへろになって、やっと家に帰り着きました。
食事をしたり、水分を補給しているうちに疲労感はなくなりましたが、
明日はどこが筋肉痛になるのでしょう???

これまで、筋肉痛で悩まされることはなかったんだけどなぁ・・・・
大体筋肉痛が起きても1日ぐらいで治ったのに。
捻挫以来、調子狂ってるわ。気ぃ悪いこっちゃ。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2010-04-18 15:40 | walking | Comments(2)
もう、午後7時。
最近、PCが英語で、1時間毎に時刻を教えてくれるようになった。
今日は、時間が早く過ぎて行く。
今日のwalkingは午前10時出発。
風が強く、寒い日だった。
私の町の唯一の大きい川、汐入川(しおいりがわ)に、
30羽ほどの小さめの鳥がいたのだ。
いつもはいないカラスが2羽いて、なんでそんなところにカラスが?
カラスの視線を追うと、川に鳥が群れている。
以前、飛んでいる鳩を襲撃していたのを見たことがあるから、
2羽のカラスは、きっと鴨を狙っていたのに違いない。
私の視力でははっきりと鴨とは識別できない程に
遠く川の向こう岸近くを泳いでいる。
ならば、近づいて確認しようと、橋を渡って向こう岸に近づいていくと、
岸に近ずく前に、なんと! 素早く反対側に泳いで行くではないか!?
またまた、ご丁寧に橋を渡って、鴨が集まって行く側に回ったら、
行き着く前に、鴨たちは移動を始めてしまった。
よほど人間を警戒している。。。。。

この川ではいろんなことに遭遇するのだ。
それは、またの機会に。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2009-12-06 19:23 | walking | Comments(7)

ヘチマ(糸瓜)のこと。

walkingは、おさふねクリニックに転院してから、非透析日に変更した。
早朝の週4回から何時に出発してもよい週3回に減ってしまったが、
時間を気にせず、気の向くまま足の向くまま気ままなwalkingができる。
そこで、最近気になっているのがヘチマ。
walkingの途中のお家で、昨年まではカボチャを栽培しておられて
縦にツルをはわせて、沢山のカボチャが実をつけていた。
地面を這わせているカボチャしか見てなかったので、縦もありなのかと
感心していた。
今年になってツルをすべて取り払ったので、
もう何も植えないのかと、思っていた。
しばらくして、やはり黄色い花が咲いてきたので、
カボチャ?と、想像していたら、
何とキューリ!?いえいえ!キューリより遥かに大きくなり、
あれはヘチマだ!?
おっきな実がなり、勘定してみたら50個近くもある。
食べられないだろうに。
外の皮が茶色に変色してきても放置してある。
既に半分ほど変色してしまっている。
どうするつもりなんだろう。
もし、浴用のたわしにするつもりなら何年分になるのだろう。
昔々の大昔、子供の頃、入浴のおりに、
母にヘチマのたわしで、背中をこすってもらった記憶があり
気持ちがよかった。

それにしても、あの大量なヘチマを何に使うんやろ??
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2009-11-27 19:03 | walking | Comments(0)

walkingなど。のつづき。

夜明けが遅くなると,早朝のwalkingはできなくなる。
原始人の遺伝子の尻尾を引きずっているのか、
闇が怖いのだ。
転院して電車に乗っている時間が約10分から乗り継ぎ含めて約60分になって
1時間と少しばかり早く起きて,4時半にはwalkingに飛び出さねばならない。
外は,真っ暗。
転院先の「おさふねクリニック」のある長船に早く行ってwalkingしてみた。
人も車も多くはなかったけれど,いつもwalkingしている場所は
桜並木の道で,車は進入禁止のマイナスイオンと光合成で酸素たっぷりの道。
walkingにはまたとない道が続いているのだ。
透析日の月・火・木・土の4日は早朝walkingをして,
walkingの途中に血圧up体操と少しストレッチを混ぜる。
帰宅して、6時半から10分間TV体操をしてから、
透析に行くべくJRの駅に急ぐというスケジュールを変更。

非透析日の水・金・日の3日間をwalkingとストレッチを日課にすることにした。
walking4回が3回に減少してしまった。太らないかと心配ではある。
非透析日には眼科に行ったり,歯科に行ったり。
間を縫って,乗馬に通う。
「おさふねクリニック」に転院して、念願の透析の帰りに
乗馬に行くことが出来るようになった。
前いた施設は児島にあったから,乗馬に行くには
JR児島駅までマイクロバスが迎えにきてくれていたから
便利だったのだが,果たすことが出来なかった。
長船から児島まで延々と(オーバーか?)電車に乗って
嬉々として乗馬に行く。
ご苦労なこってす。
それでも痩せまへん。

透析者は,筋肉つけとかねばと、いろいろ努力してますが,
私にはなかなか筋肉がつきません。
パートナーは,ちょっとゴルフの打ちっ放しやサイクリングしただけで
筋肉が出来たような状態になる。
バレエしていたときに,45分のレッスン後に筋肉がついて、
嫌がっていた女性がいた。
筋肉のつきやすい人と、そうでない人がいるのだ。
筋肉がつきやすい人も、毎日続けないと、元の木阿弥。
筋肉が無くなってしまうようだ。

ところで、女優の有馬稲子さんが、
散歩から帰ってから腹筋500回するのだと。
誰だったか有名アスリートに腹筋を何回しているかと、
訊くと2,000回と応えたそうだ。
ならば、500回しようと思ったとのこと。
私は20回が関の山。腹筋の他の動作も色々しているけど。
森光子さんは筋トレジムに通っておられるし、
舞台女優は体力勝負なんだ。
仕事を賭けてする人と比較するのは野暮というものだけど、
ちんたらしている運動では、
目標にしていることには、なかなか届かない。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2009-10-07 23:14 | walking | Comments(14)

walkingなど。

只今,午前9時。
walkingから帰ったとこ。
本日は,東西南北雲ひとつない快晴。まさにピーカン。
快晴の日は数あれど,雲のない快晴の日は、今年初めて見たような。
何時頃まで続くのか?
天気図で見ると、遥か南の海上では,2つも台風がきている。
嵐の前の静けさなのか?     つくづく
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2009-10-04 09:13 | walking | Comments(8)
透析日の月・火・木・土の週4日は朝5時に起床して
往復2Km(多分)のwalkigを続けてる。
walking roadの桜並木は、葉っぱが半分以上落葉してしまった。
まだ、秋の名残りを残して、
稲刈りを残している田圃もあったり、
虫が弱々しく鳴いたりしている。
夏の間は、折り返し点を過ぎると、
もう暑くて、シャワー、シャワーと頭の中は
シャワーだらけで歩いていた。
現在は、出発時点では、空に星が出ているのだ。
まだ、夜中。
折り返しになる頃、東の空が白々とあけてくる。
ときには、雲間に朝焼けが広がっていることもある。
出発地点では、まだ夜中で、私は、暗いのが嫌いだから
デカい懐中電灯を手にして、walkingに出発。
桜並木までは、人家もあり、薄気味悪くはないのだけれど、
桜並木のwalking roadに入った途端に、外灯の数も少なくなり、
気味の悪い話が、頭の中を渦巻き、怖々戦々恐々ドキドキで歩を歩める。
いつものお仲間にすれ違って初めて、なんだか安心する。
前方を歩く人が見つかると、
くっついて歩こうとしてみるのだけれど、殆ど追い付かない。
そうこうしていると、すれ違う人と犬が増えてきて
歩くことが怖くなくなってくる。

walkingの途上、血圧アップ体操をして血圧アップし過ぎて
降圧剤を服用しなければならなくなった。
いやいや服用していたけれど、最近服用しなくても
血圧が低下してきた。
再び血圧アップ体操を再開しなければならない。
前回は1週間ほどで、血圧アップしたのだけど。
血圧アップ体操をしていた場所は
今は暗くて、近付くことが出来ない。
適当な場所を見つけなければならない。
それより、寒くなってきたので、
いつまで早朝walkingを続けられるかだ。
続けるぞと、言い切れないところが情けないけれど。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2008-10-31 18:41 | walking | Comments(2)