多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って24年です。

by マーゴ

カテゴリ:カーボスター・クエン酸( 7 )

カーボスターの悪い部分
カーボスターはCa濃度3.0の液です。
クエン酸Caの影響で透析でのCa除去量は2号液の
3分の2程度しかありません。
これが問題なのです。
カーボスターをCa3.0液と認識していると間違うのです。
そして、カーボスターはイオン化 Ca濃度が低いから、
PTHが上がってくる。
結局、Caの高負荷から異所性石灰化を生じさせてしまいます。
つまり、カーボスターは使いにくい、かなり注意深くみないと使えない。


やっと、自分の異所性石灰化の原因が理解できました。
透析液の3号液(Ca濃度2.5)から、4号液(Ca濃度2.75)に変更したいと
ある人に相談していて、
ついでに、カーボスターの話が出てきました。
私のばやいは、3号液(Ca濃度2.5)でも、Caの負荷があるとのことでした。

やっぱりCaのことはむつかしい。
炭カルと、ビタミンDの調整しなくちゃあ。
iPTHが60以下になったからオキサロール中止してもらった。
これは間違っていたようだ。
透析者はビタモンDが身体のなかでできない。
特に私は腎臓がないから、どうしようもない。
しかし、夏場になって急にiPTHが下がったので、
太陽の照射が強くなり、皮膚からビタミンDを吸収しているのではないかと
夢想していた。

まず、ビタミンDを補充してCa、Pをコントロールして
PTHのコントロールが成立するとのことです。

定期検査が、間が悪いことに。特例で3週間後になって
来週(9/!0)になってしまっている。通常は2週間ごとなのに。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2012-09-05 09:08 | カーボスター・クエン酸 | Comments(2)
私は
2007.12.11〜2009.7.12まで
1年と7ヶ月カーボスター透析を続けていた。
週4回5時間 on-lineHDF QD700(HD300・HF400)
on-line透析液量120L

血ガス検査はして貰っていた。
PHが上昇し、当然HCO3も上昇していたが、
ドクターに言っても無視され続けた。
このことは、異所性石灰化を誘発する。
先ず、人工血管に石灰化が頻発するようになり、
バスキュラーアクセスのドクターが逸早く、
カーボスター透析の影響ではないかと言って、
透析液の研究をしている人を紹介して下さった。
彼のアドバイスで、カーボスター透析から逃れるために
転院した。

恐らく、カーボスター透析をしている人は多いのだろう。
私のようにアドバイスをして貰える環境にある人は
殆どいないのだろう。
ただ、ただ、不安に苛まされている人が多いに違いない。

カーボスターのことを語るのはタブーのようで、
Yanさんの透析掲示板では、
北海道での学会以後は、何故かピタリと論争が止んでしまった。

私は既に、カーボスターから離脱しているから
良いようなものの、
やはり石灰化は免れなかった。
一番ひどかった人工血管内の石灰化は、
離脱後、3年経過して減少してきているのが、
私にはありがたいけれど、 
他に、心臓動脈弁・頸椎動脈・肝嚢胞の個々の周囲に石灰化ができている。
もちろん、カーボスター透析以後にみつかった。
カーボスター透析以前にはなかったのだ。
人工血管のようには頻繁に各所のエコー検査はしてない。
カーボスター透析をしていた施設には、エコー検査技師はいなかった。
ミニサイズのエコー検査機はあったけれど、
それで検査して貰った記憶がない。
誕生日検査で、年1回総合病院に行って検査してもらっていた。

転院して、エコーも、CTも、MRIもあるけれど、
定期的には検査をして貰ってない。
自分の都合に合わせて頂けるから、適当に、気分に合わせて
検査してもらっている。
それで、頸動脈と肝嚢胞の個々の周囲に石灰化が見つかった。
人工血管のように石灰化が減少してくれればいいのにと、
願っている。
石灰化は透析者の老化現象の1つでもあるし、
なかなか証明するのは困難なことで、
減少してくれば、やはりカーボスターの影響だったと
断言できるだろう。

カーボスター透析をしている人たちには悩ましいことだろうけれど、
血ガス検査とエコー検査は、是非して下さい。
週3回4時間QB200の普通の透析をしている人には、
問題がないのかもしれません。
私は高効率の透析で、カーボスター漬けになっていたから、
早くに、カーボスターの持つ欠点が出たのかもしれません。

もし、北海道のカーボスター関連の学会に出席していた
医療関係者が身辺にいられるなら、
是非、詳しい状況をを訊いて欲しい。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2012-07-13 19:41 | カーボスター・クエン酸 | Comments(7)

無酢酸透析液

カーボスターでない、無酢酸透析液についての実験報告がある。
第48回日本透析医学会総会
2003年6月20日〜22日
大阪: 国際会議場 リーガロイヤルホテル リーガロイヤルNCBにて、
行われたもので、ちょっと古いのであるけれども、
「酢酸濃度を低下させて、2mEq/L、1mEq/L、0mEq/Lおよび
それらに塩酸を添加した透析液を作成し、
pH、イオン化Ca、透析機器への影響を観察した。」と、あります。
透析機器には、酢酸濃度2mEq/L、1mEq/L,0mEq/Lいずれも、石灰化が生じています。
塩酸を添加した透析液では、石灰化は生じてないと、報告しています。
透析機器と人間とでは、結果は同じということにはならないのでしょうけれど、
無酢酸透析液では石灰化を防ぐことはできないのでしょう。
アメリカのカーボスターには、同じ味の素ファルマ製でありながら
塩酸+αが添加されているのだと聞きました。
FDAの承認もされているそうです。
なんで、塩酸なのか解らなかったことが、やっと理解できました。
なんで、我が国のカーボスターにクエン酸が使われているのか?
なんで、石灰化を防ぐ塩酸が使われていないのか?

今は昔、高校1年生のとき、夏休みに暑いからと
ソウメンと、かき氷と、ミルクセーキしか食べないで過ごしたことがあります。
夏休みが終わって、お腹の調子がすこぶる悪くなった。
食べた後は、お腹が痛い。
お腹がすいても、お腹が痛い。
懇意にしていたお医者さんのとこへ行って、泣きつきました。
胃酸が薄くなっているのだと。
粉薬では受け付けないだろうからと、水薬を渡してくれました。
塩酸の薬だと教えてくれました。
吃驚しましたが、早く治さなくてはと焦っていましたから、
家でも、学校にも持参して飲んでいると、いつの間にか治ってしまいました。
原液で処方したのではないと思いますが、
適切な濃度だと胃酸の役割をしてくれるのだと、識りました。

もう一つ、塩酸と硫酸について。
高校時代、化学に滅法弱くて、少しでも、化学が解るようにと、
クラブ活動の化学部に籍を置いていたことがあります。
誰もいない部室で、塩酸と硫酸の入っている瓶を探し当て
触ってみました。
塩酸だったと思うのですが、スカートにこぼしてしまいました。
液がついた場所には穴があいてしまいました。
硫酸もいじくったと思います。
指について、指紋がしばらく消えてしまいました。
塩酸と硫酸を混ぜると王水になって、
何でも溶かしてしまうということは識っていたので、
塩酸と硫酸に興味を持って、ちょっといじくってみたのでした。
この悪戯については、誰にも言わないでいました。
長じて、オスカー・ワイルドの「ドリアン・グレイの肖像」を読みました。
で、ドリアンが友人のヘンリー卿を殺して、跡形をなくすために
大きな水槽を用意して、塩酸と硫酸を混ぜた王水の中に
ヘンリー卿を浸けるという描写がてできます。
跡形が残らないのなら、そんな殺人もありかな、なんて。
現実では、溶けない大きな水槽は何でつくればいいのやろか?
人間が溶けてしまうほどの塩酸・硫酸を用意するのは可能なんやろかと、
化学音痴は頭をひねるばかりでありました。
ワイルドの小説は面白いものではありましたが。

アメリカでは長期のカーボスター透析はされないそうです。
移植までの5年間ぐらい?
日本でも、「乳酸」を添加した無酢酸透析液が開発されていて
既に治験が始っていると教えてもらったのは、2年近く前です。
その後、どうなったのか知りません。

冒頭のリンクの実験をされた病院は東京の
 高松病院です。
最終更新日が結構古いのですが、
大変ユニークな病院のようです。
院長先生は、そこに患者がいるから救うのだ、救ったという主義の
ドクターのようです。
お元気ならいいのですが。
冒頭のリンク先を教えてくれたのはGさんです。

さて、カーボスターを使用している施設は1200にのぼるそうです。
岐阜県臨床工学技士会
ランチョンセミナー
日時:2009年6月21日(日)12:00~13:00
場所:長良川国際会議場 5階 国際会議室
.........〒502-0817 岐阜市長良福光2695-2
.........TEL:058-296-1200
『カーボスター透析剤の最新情報提供―機械適合性と期待される臨床効果-』
宮野恵美 味の素ファルマ(株)マーケティング部透析グループ
が、発表されてます。
まぁ、悪いことは報告しないでしょうから。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2009-08-09 17:33 | カーボスター・クエン酸 | Comments(16)
pH値とHCO3(重炭酸イオン濃度)値と、
BE(塩基余剰)値の異常な上昇がみられた。
=血液ガス測定は扶桑の簡易キット・3ヶ月ごと=

*H20.10.6*
pH=7.428(前)⇒⇒⇒7.459(後)==参考値(7.36〜7.44)
PCO2=41.7mmHg⇒⇒⇒42.1==参考値(35〜45)
PO2=82mmHg⇒⇒⇒67==参考値(80〜100)
BEecf=3mmol/L⇒⇒⇒6==参考値(-2〜+2mEq/L)
HCO3=27.5mmol/L⇒⇒⇒29.9==参考値(22〜26mEq/L)
TCO2=29mmol/L⇒⇒⇒31=参考値(?)
sO2=96%⇒⇒⇒94==参考値(93〜98%)

*H21.1.5*
pH=7.415(前)⇒⇒⇒7.516(後)==参考値(7.36〜7.44)
PCO2=39.8mmHg⇒⇒⇒38.1==参考値(35〜45)
PO2=87mmHg⇒⇒⇒87==参考値(80〜100)
BEecf=1mmol/L⇒⇒⇒8==参考値(-2〜+2mEq/L)
HCO3=25.5mmol/L⇒⇒⇒30.9==参考値(22〜26mEq/L)
TCO2=27mmol/L⇒⇒⇒32==参考値(?)
sO2=97%⇒⇒⇒97==参考値(93〜98%)

*H21.4.6*
pH=7.510(前)⇒⇒⇒7.499(後)==参考値(7.36〜7.44)
PCO2=37.8mmHg⇒⇒⇒40.0==参考値(35〜45)
PO2=88mmHg⇒⇒⇒76==参考値(80〜100)
BEecf=7mmol/L⇒⇒⇒8==参考値(-2〜+2mEq/L)
HCO3=30.1mmol/L⇒⇒⇒31.1==参考値(22〜26mEq/L)
TCO2=31mmol/L⇒⇒⇒32=参考値(?)
sO2=98%⇒⇒⇒96==参考値(93〜98%)

mmolとmEqの違いを検証していない。

4日・5時間15分のon-lineHDFの
補液量を吻合部狭窄を取り除く
人工血管延長手術後の2/23以降
24L/H→12L/Hに減らしたが、効果はない。
5/14以降は、QDを700→500に減らして、
6月1週目に血ガス検査して貰うことになっている。

無腎臓なので、pHの調整できないから、
アルカリ性食品を摂り過ぎたら、アルカローシスになってしまうのだろうか? 
アルカリ食品を、ことさら意識して食べている訳ではないけれど。

カーボスター透析の影響だろうな。
酢酸入りの透析では、アシドーシス気味だったのだから。
4日で、5時間15分では、レギュラーの3日4時間透析より、
多くの透析液に曝されていることになるから、
データが異常に推移してしまうのだろう。
食事で調整するしかないのか?
新たな食事管理の必要性が生じると言うことか?
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2009-05-27 14:54 | カーボスター・クエン酸 | Comments(0)

クエン酸値

私のクエン酸値は上昇しぱなっしで
6/9前7.8→後9.0になり、
on-lineHDFの補液を24L/H→21L/H→18L/Hに下げてみた。
6/16 on-lineHDF21L/H 透析開始1分後 QD700(HD300・HF400)
6/16前6.6→後8.0
7/14 on-lineHDF18L/H 透析開始1分後 QD700(HD300・HF400)
7/14前6.3→(14:45終了時)8.2→後(15:15終了30分後)7.4
と言うことは、透析終了後、直ちに降下していっている。
基準値(1.3〜2.6)までは、遠いけれど。
クエン酸値70を超えると中毒になるそうだ。
まだまだ大丈夫と言うことで、
補液24L/Hに戻した。しかし、HD開始は3分後になった。
何故、24L/Hに戻したかと云うと、補液量を下げると
なんだか、鈍な感じがする。24L/Hのほうがclearな感じがすると
院長に報告したからだ。
24L/Hにすると、Abの漏れが大きいから、HD開始は3分後。
クエン酸値が70になるまでは、相当な間があるだろうけれど、
そうでなくても低値のAbがどうなりますか?
4を超えてみたい。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2008-07-23 13:22 | カーボスター・クエン酸 | Comments(3)
カ−ボスタ−透析になって
まぁ、ざっと3ヶ月以上は過ぎた。
体調は良好と言うか、普通の透析者なら喜ぶべき、とぞ思ふれど、
私には、かなわんのである。
太って太って。。。。。。
コウコウリツの透析をしてもらっているから、
カリウムの補給に濃縮プラムエキスをワンスプーン、ト−ストに塗ったり
お湯に溶いて飲んだり、ドライプル−ンを毎朝6コ食べて、透析ちうも
6コ食べている。日常的にはバナナも一本。他にカリウムの多そうな野菜。
リンの心配もなく、水分以外の制限はない。
お腹の流通も超快調。お陰でいつも腹減った状態。
文句言うのは罰当たりかも。
血液ちうにはクエン酸が残留しているのに
世に言うクエン酸ダイエットなんて完全に嘘だね。

願わくは、2Lのミネラルウォーターを
ラッパ飲みでいっき飲みしたい。
それほどに水分に餓えている。
当然、常に乾燥体重でもある。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2008-04-10 00:05 | カーボスター・クエン酸 | Comments(6)

クエン酸値。

個人機によるカーボスターon-line24L/H QD600(HD200・HF400)
週4・5時間で、
1/7のクエン酸値は
前6.1mg/dl→後7.6 (基準範囲1.3mg/dl—2.6)
約2ヶ月後の3/4のクエン酸値は
前5.2mg/dl→後7.8
と云うことで、カ−ボスタ−透析を継続してもいいことになり申した。

ある透析施設で、個人機で週3・4時間HDの
ある日のクエン酸値
前0.9mg/dl→後5.7だそうです。

回数と時間とHDとHDFの違いでしょうかね。
私の血液中には常にクエン酸が残っている状態。とぞ思ふ。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2008-03-16 22:26 | カーボスター・クエン酸 | Comments(4)