多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って25年です。

by マーゴ

カテゴリ:透析条件( 20 )

プライミングは3Lで。

わが施設「おさふねクリニック」ではJMSの機器を使っている。
すべてのJMSがそうなのかどうかは知らないけれど、
(後日、技士さんに確認をするつもりではある)
透析液3Lで自動プライミンクしているのだと。
個人的には、1L以下とか2Lとか1Lのプライミンクを経験してきた。
ドライタイプのダイアライザーは糊がついているので
しっかりプライミングをしなければいけないと、言いながらも1Lだったり、
ウエットタイプだから1Lで良いと言われたり、
まぁ、勝手なこと言うよ。
プライミンク後の使用液も捨てて欲しくて(ちょっと気持ち悪いじゃない)、
うっすらと血液の赤い液に変わるまで
流してもらっていたりしていた。
JMSのコンソールは自動プライミンクだから、何も言えないでいたが、
ふとしたことで、院長がブライミンクに透析液を
3L使用していると説明しはった。
ついでにプライミングした液も捨てていると。
1Lが一般的だけど、2Lでも不足で3L使用しているとのこと。
へぇ〜〜 まさに、
余は満足じゃと、言いたい。
もっと早くに教えとってよ。
通常透析より、良いことをしていることが他にあるんじゃない?
もっともっと、私の知らないことがあるんじゃまいか。
「おさふね」の常識ってのが。。。。。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2010-01-29 15:38 | 透析条件 | Comments(9)
諸般の事情でデータを詳(つまび)らかにすることができません。
akizy-san、green stone-san、ヌーボーさん、済みません。

私のブログには平均80人くらいの方々に訪れて戴いてます。
更新をさぼると明らかに60人台に減少。
更新すると100名を超えます。
レギュラーの方は60人くらいということでしょうか?
ご贔屓にしていただいて有難うございます。

タイトルの透析に挑戦(オーバー?)された方を
仮にあきこ(いま秋だから)さんとします。
現在27才。
HD週1回を混ぜたCAPDをしておられて
CAPD離脱のために転院して来られ10ケ月経過してます。
透析導入に近い位置からだから
慣らし運転から始めて、6時間透析に初挑戦した時、
身体が軽くなったように感じると言ってはりました。
で、週2回6時間・週1回4時間透析が定着して
突然15Gの針を使ったとき、痛いとボヤいてましたが、
15Gをまた使って貰うと張り切ってました。
いつの間にか14Gに変更してました。
15Gも14Gも痛みは大差ないのでしょうか?
仕事が変則的で、7時間透析をしたのは
中3日あいてしまって、体重増加が大きかったのでしょう。

私の第一の関心事は、カリウムでした。
不思議なことに、大して低下してなかった。
透析後で3.7。
私のように透析途中に食事をしたり、
カリウム(ドライプルーン5個)補給してないのに。
BUNが透析後に3。
B2MGの除去率が90%以上。
全体のデータは
彼女が基準値の上限内の上辺にあり、
私は基準値の下限内の下辺にあることです。
私のデータは下限を割ることもままある。
この差はいかにしたもんか?
転院して来られた時は、
透析不足を窺わせる顔色の悪さがありましたが、
しんどいことはないとは、言ってました。
現在は体重が5Kgも増えて、元気はつらつ。
顔色も、透析しているとは絶対見えない、色つやでふ。
体重のことは乙女心に響くらしく、内緒です。

6時間透析と7時間透析の比較は、解らないそうです。
7時間透析は寝ているのがしんどいそうで、
これっきりとのこと。

このように超効率透析をして戴けますが、
私の血流は290までアップしたものの、
相変わらず、動脈側は17Gのまま。
突出した透析をしているのは、
あきこさんと4日透析の私だけ。
15G14Gの針を使う人は増加しているようですが、
透析歴の長い人はなかなか4時間透析から
脱出できないようです。もったいない。

岡山、四国地方に観光に来られる機会がある人は
ぜひぜひ、なんば内科クリニックで、
ご希望の透析を、臨時に試してみてください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
10/21 補足
あきこさんはHD週1回を混ぜたCAPDをしておられて→誤
      HD隔週1回を混ぜたCAPDをしておられて→正
週2回6時間・週1回4時間透析というのは変に思われないか?
との質問には、仕事の関係だと解ってくれはりますよと、
応じておきましたが、詳しく説明するのも障りがあるかもと
曖昧にしておきました。
詳細は、仕事のシフトが日曜日が出勤で
火・土がお休み。木は午後から出勤。
透析者にとっては、結構都合の良いシフトになっているようです。
透析者なので、会社側のはからいによるそうです。
が、多忙時には、シフトが崩れることもあるらしい。

あきこさ〜ん。
これで、オッケイ?
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2008-10-19 13:30 | 透析条件 | Comments(6)

クエン酸中毒について

カーボスター透析HD4時間を個人機で12/11より初めて、
12/13HD5時間
12/24より個人機12L/H on-lineHDF・QD500(HD100・HF400)
12/25個人機18L/H on-lineHDF・QD600(HD200・HF400)
12/27個人機24L/H on-lineHDF・QD600(HD200・HF400)
以降1日を除き同条件で継続。
1/7にクエン酸がどれくらい血液中にあるのか検査してもらった。
クエン酸 前6.1mg/dl→後7.6 (基準値1.3mg/dl—2.6)
これまで一度もクエン酸の血中濃度を計ったことがなかったから、
この数字がどうなのかということは、さっぱり解らない。
で、クエン酸のことを色々調べてみた。

果物の中のクエン酸、つまり天然モノのクエン酸には
副作用はないとのこと。
工業用のクエン酸は大量に摂取すると副作用があるのだと。
この大量がどのくらいなのかの記述はない。
なんともいい加減なことだ。

しかし、次のような場合がある。

■「献血中に唇や手先が痺れたんですが」

1、これは献血に伴う副作用です

この副作用はクエン酸反応または中毒といいます。

2、クエン酸とは?

血管の外にでると血液はかたまりやすくなります。(固まらなかったら、血がとまりません)その為、成分献血では、血液が固まらないようにする薬(クエン酸)を血液に混ぜさせて貰っています。なぜクエン酸によって血液が固まりにくくなるかというと、血液が固まるときには、カルシウムの働きが必要で、クエン酸はカルシウムの働きを邪魔するからです。成分献血の時は、血漿を頂いて、赤血球をお返ししますが、そのお返しの時、身体の中に、赤血球と共にクエン酸がはいります。クエン酸は、腎臓から排泄され、肝臓でもどんどん分解されますが、個人差によって身体に合わない方がいます。カルシウムは体の中で、神経の伝達や、筋肉の収縮にもかかわっているので、カルシウムの働きがおちると、唇や手先のしびれ、またこわばり、気持ち悪さ等となってあらわれます。
3、血小板献血の時に多いのですが どうしてですか?

機械の種類や採血の種類で、血液に対してどのくらいクエン酸をまぜあわせるかという割合が違います。血小板献血の場合、その割合が高いので、クエン酸中毒がおこりやすくなります。
4、どうすれば治るのですか?

カルシウムをとることで治ります。 採血中や後の 不快な症状は ナースやドクターに教えて下さいね。軽いクエン酸中毒の場合は、採血前にカルシウムの補給をしていただくことで改善できることもあります。 次の献血では、先にカルシウムをとって頂いて様子をみせていただきます。稀に、クエン酸中毒の強い場合、カルチコールというカルシウムの静注薬を使わせて頂く場合があります。クエン酸中毒は個人差あるので、どうしてもあわなければ、成分献血はお願いできません。全部の血液を頂いて、返血のないタイプ 全血献血でお願いしますね。クエン酸に弱い方は、献血の後にも、カルシウムの補給に気を付けて下さい。カルシウムはそうでなくても現代人に不足しがちな栄養素ですので。

**********コピ−&ペーストおしまい****************

このことは、カ−ボスタ−透析に応用出来るのではないだろうか。
Ca3.0mqカ−ボスタ−透析に変更して、
以前の2.5mqのCaの酢酸添加の透析をしていた時より
Caは上昇したけれど、若干低いので、リンゴ酢カルシウムから
カル炭に変更して朝昼晩2錠(リンゴ酢カルシウム朝1錠)ずつにして、
透析中の昼食時にも2錠服用することにしたら
2/4のCa値…前9.7→後9.0 リン値…前3.5→後1.9
リン値の後は低過ぎるかなとも思うけれど
iPTHが1/7で207だから、このままで良いかと考えてます。

クエン酸について、味の素の薬部門に問い合わせたら
クエン酸値については100mg/dl以上はいけないそうだ。
唇・手先がこわばり、血圧低下があるとのこと。

Doc.kusakariの統計では血圧低下はなく
高血圧の人が下がらないとのこと。
私の場合は血圧は相変わらず低下し続けてます。

体重を上げてばかりいられないぞ〜〜〜〜〜。
カ−ボスターは太るんかいな。
クエン酸ダイエットもあるというのに。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2008-02-08 19:46 | 透析条件 | Comments(6)
かもめクリニックのHPにあるデ−タは古いし、
8時間透析の記述もないから、
実体は解らないのだが、「Yanの透析診療所」の透析掲示板に
kameさんというHNで、
8時間HDFをしているという人のコメントがあった。
いかに、かもめクリニックの8時間透析が素晴らしいかに
終始しているコメントで、詳細な透析条件は書き込みされてなかった。
長時間透析の目的は
1.エポジンの使用をなくする
2.高血圧を安定させる
のだそうだ。
HPによれば、血流の平均は150とのこと。
高血流にすると、細胞の隅々まで綺麗にならないとか。
アンダ−ラインを引いたところが、私には解らないが、
ぶっとい針を使わないでよいなら、ベターやね。
横浜みなとみらいにオ−プンさせる施設では
10時間透析も視野に入れているのだとか。

私には全然理解できないのは、
カリウムを除く限定自由食というもの。
週4日5時間HDF⇒20時間 QB240
週3日8時間HDF⇒24時間 QB150
20時間の私は、カリウムの制限どころか、カリウム補充に懸命なのだ。
詳しい透析条件を比較できないから、どうしようもないけれど、
週24時間透析してカリウム制限が必要なのか????
QBの差なんやろか????

確かめてみたい。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2008-01-13 23:04 | 透析条件 | Comments(35)
Ca低下で血ガス検査をした。
12/10(月) on-line24L/H
PES-210Sβ QD(HD100・600) QB240の最終日
pH———————— 後7.408
PCO2———————後36.4mmHg
PO2————————後90mmHg
BEecf———————後-2mmol/L
HCO3———————後23.0mmol/L
TCO2———————後24mmol/L
sCO2———————後97%

12/11(火) 個人機でカ−ボスタ−開始
HD4時間 PES-210Sβ QD500 QB240
pH→→→前7.371——後7.469
PCO2→→前37.2——後34.7
PO2→→→前87———後150
BEecf→→前-4————後1
HCO3→→前21.5———後25.2
TCO2→→前23————後26
sCO2→→前90————後99

12/13(木)個人機でカ−ボスタ−
HD5時間 PES-210Sβ QD500 QB240
pH→→→前7.403——後7.450
PCO2→→前37.6——後37.9
PO2→→→前80———後183
BEecf→→前-1————後2
HCO3→→前23.4———後26.3
TCO2→→前25————後27
sCO2→→前96————後100(終了前2時間酸素3L/H吸入)

12/24(月)個人機でカ−ボスタ−
on-lineHDF12L/H5時間開始 PES-210Sβ
QD500(HD100・HF400) QB240
pH→→→前7.408——2時間後7.464——後7.450
PCO2→→前37.7——2時間後38.5———後38.1
PO2→→→前89———2時間後71————後79
BEecf→→前-1————2時間後4————後4
HCO3→→前23.8———2時間後27.6——後27.7
TCO2→→前25————2時間後29———後29
sCO2→→前97————2時間後95———後96

12/25(火)個人機でカ−ボスタ−on-lineHDF5時間18L/H
PES-210Sβ QD600(HD200・HF400) 
QB240
pH→→→前7.409——2時間後7.468——後7.461
PCO2→→前38.6——2時間後35.2———後37.0
PO2→→→前85———2時間後80————後87
BEecf→→前0————2時間後2————後3
HCO3→→前24.4———2時間後25.5——後26.3
TCO2→→前26————2時間後27———後27
sCO2→→前97————2時間後97———後97

12/27(木)個人機でカ−ボスタ−on-lineHDF5時間24L/H
PES-210Sβ QD600(HD200・HF400) QB240
pH→→→前7.376——2時間後7.460——後7.477
PCO2→→前35.6——2時間後38.3———後38.4
PO2→→→前98———2時間後78————後91
BEecf→→前-4————2時間後3————後5
HCO3→→前20.8———2時間後27.2——後28.4
TCO2→→前22————2時間後28———後30
sCO2→→前98————2時間後96———後98

12/31(月)個人機でカ−ボスタ−on-lineHDF5時間24L/H
PES-210Sβ QD600(HD200・HF400) QB240
pH→→→——後7.463
PCO2→→——後36.0
PO2→→→——後88
BEecf→→——後2
HCO3→→——後25.8
TCO2→→——後27
sCO2→→——後97

1/3(木)初めての2日空き
個人機でカ−ボスタ−on-lineHDF5時間24L/H
PES-210Sβ QD600(HD200・HF400) QB240
pH→→→前7.421——後7.513
PCO2→→前33.8——後36.4
PO2→→→前93———後99
BEecf→→前-2————後6
HCO3→→前22.0———後29.2
TCO2→→前23————後30
sCO2→→前97————後98


以上の結果により
HCO2が酢酸よりカーボスターのほうが
明確に上昇したが、
なにがどうなって、どうしたのかさっぱり解りまへん。

酢酸よりカ−ボスターのクエン酸のほうが
よいのではないかと思った理由は
クエン酸サイクルというよさそうな理論がある。
さらに、クエン酸は自然界にあるもので、
疲労回復にクエン酸を補給するとよいとか言われているから
良いのだろうと、思ったのだ。
酢酸は合成されるもので、化学物質だ。
カ−ボスターのクエン酸がレモンや梅干しから採集した
天然モノだとは考えていない。
化学的に合成されたものとしても、食品として売っている。
最近は殺菌作用があるとして洗剤に混入されていたりする。
で、血管を通過するのだから、
CRPも上昇しないかと院長に問うと、
あんたはポットか?と、
大爆笑したのだ。
ここだけの話、笑い死にしないかと心配になるほど、
笑い転げていた。。。。。。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2008-01-06 21:20 | 透析条件 | Comments(12)
私がなんば内科クリニックで透析していただくようになって
色んな透析をして貰えたことで、考えたこと。
*6時間3日on-lineHDF
*5時間4日on-lineHDF
*個人機5時間4日カーボスターHD
(近日中に個人機on-lineHDFに移行)
最近のかもめクリニックは、8時間on-lineHDFもしているようだが、
HPを見る限り、6時間HDのデータの分析で
透析者高血圧の主要な原因因子は
中分子量尿毒素(MM)だとしている。

中分子量尿毒素がMMなのか、MMと称する中分子量尿毒素なのか、
私には解らないけれども。

で、食塩制限は高血圧の正常化に有効でないとしている。
透析時間の延長が細胞内から大きい毒素(MM)を効率良く除くというのだ。
中分子量尿毒素というのは、BMGくらいの大きさらしい。

ということは、私のBMGは透析ちうによく抜けているので
当然のことながら、血圧が下がって当り前ってことになるのかな?
かもめクリニックでは、低血圧の人のことには触れてないから
血圧低下の人はどうすれば良いのかは不明なのだ。

食事については、限定自由食:カリウム除き普通食
*1日食塩摂取量〜11.5gまで
*1日タンパク質摂取量 1.3g以上/Kg
*透析間体重増加量 3.3Kg以下

カリウム以外はしっかりたべなさいってことだけれど、
食塩もしっかり摂ったら喉が渇いてしゃあないやん。
3.3Kgまでの体重増加はOKなのだ。
私は自分では体重増加のリミットは1.5Kgまで、と考えている。
除水量は少ないほうが、心臓に負担が少なくてすむ、と思うからだ。

食塩が血圧に関係するのは常識みたいなものであるが、
私の場合は塩分は余り反映しないように感じている。
この点はかもめクリニックに賛同する。
しかし、水分増加も血圧に反映しないというのは賛同しかねる。
水分増加も血圧に反映している節がある。
でも、もし水分増加でなくて、MMが正体なら
DWの設定が変ってくるやないの?

とりあえず、今日はここまで。    つくづく
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-12-24 00:24 | 透析条件 | Comments(16)

Ca×P=28

カ−ボスターのHD5時間透析で
12/17→CaとPの数値
Ca前9.2 後8.7
P前2.9 後1.7
Ab前3.4 後3.0

Pの値は、前で1台という時もあった。
前日のタンパク質の摂取が少ないと、即反映するんだなぁ。
今回も、前日のタンパク質少ないかなぁと思いつつも
まぁいいかと。

カ−ボスターのお陰で、Caは充足してきた。
カリウムは控えたせいで、
前4.3 後3.1

HD5時間でも、良く抜けるなぁ。
BUN前38.4 後5.3
Cr前6.86 後1.31

Htがムチャ低下していたので、
クリットライン検査ともう1つ検査(なんだっけか忘れた)して
くださるそうだ。

体重は泣く泣く500gアップしました。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-12-19 10:17 | 透析条件 | Comments(12)
カ−ボスタ−、カーボスターと、もの欲しそうにしていたら、
関所を説得して、カ−ボスターを購入してくれはった。
昨日、個人機で、HD透析を初体験した。
前日、準備に大変だったらしい。
私の血圧は、水の増減に左右されるものだから、
血圧が下がらないということはないだろうと、考えていたけれど、
でもでも、、、、、、、幾許かは期待していた。
嗚呼、見事に裏切られました。
院長は、適正な体重を設定していなければ、
何をしても同じだ、と仰有います。
体重はどうしても上げたくない。
私の美意識(?)が許さない。
さすれば、運動を強化するしかないのだ。

そのことはさておき、Ca不足からは解放されるだろう。
一安心なのだが、off-line用のサブラットが
カ−ボスターには用意されていないのだ。
味の素さん、片手落ちやおまへんか?
技術的にできひんてことなんか?

HD5時間予定だったのだけど、4時間で止めてもらった。
血圧が60台になり、除水は終了して、
空回しで1時間残っていたけれど
血圧低いままの透析が嫌だった。
折角のカ−ボスターの液を無駄にしてしまった。
おまけに、PES-210Sβのダイアライザーを使うのは
その能力を発揮できない使い方をすることになった。
PES-210Sβは生産中止になったけれど、
後1年は使える程、備蓄してくださったのだ。
院長、大変、申し訳ございませんですねぇ。
一応、1ヶ月はカ−ボスタ−使わせていただきますです。

HDだけというのは、長らくしてませんでしたので
4日5時間で、カリウムはどうなるのざましょ?
カリウムもPも何の心配も無くなって、
特にカリウムについては、生ジュース、バナナ
ミカン、プル−ンエキス、ドライプルーン、リンゴ、カキ・・・
懸命に補充して、基準値クリアーしていたのですが、
果たして、今後はどのように調整すればよいのか????

透析って、面倒臭いことの多かりき、と
ボヤキたいところですが、
院長の配慮に感謝することの方が優先です。

tomikami-saaaaaan はやくいらっしゃぁぁぁぁぁぁいませませ。
ふらんどるさぁぁぁぁぁん 強風が頻発する前にどうぞぉぉぉぉぉぉ。
なんば内科医院の院長は、透析者の希望をかなえてくれる
素晴らしい施設どすえぇぇぇぇぇぇぇぇ。
ちょっとでも早く来られたほうが良いですよおぉぉぉぉぉぉ。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-12-12 19:08 | 透析条件 | Comments(10)
11月1日より、QD500[HD100・HF400]24L/H on-lineHDFに
していただいてます。
これまでは、QD700[HD350・HF350]21L/H on-lineHDFでした。
体感的には、現在は、なんにも解らないです。
このことが、非常にもどかしい。
アミノ酸がどのくらい抜けているのか、
保険適用外の検査をしてくださることになっていたのですが、
私の体調が崩れたので、延期になっているのでしょう。
TMPも極めて低い状態が維持されているようです。
動くのでしょうけれど、院長がチェックした時は40台とか。

でも、↓をYANさんの透析療法掲示板から拾ってきました。

【10906】TMPについて  JIN  - 07/11/15(木) 16:49 -
------------------------------------------------------------------------
ここの掲示板でTMPについての質問を見かけますが、これだけ膜の透水性がよくなるとTMPって実際かかるのでしょうか?例え圧差がかかってもすぐに水分の移動が起こり、圧差はなくなってしまうような気がするのですが・・・?だから機械上に出てるTMPって見かけ上のものになりませんか?

------------------------------------------------------------------------
【10910】Re(1):TMPについて  Fukumura  - 07/11/15(木) 20:23 -
------------------------------------------------------------------------
▼JINさん:
>ここの掲示板でTMPについての質問を見かけますが、これだけ膜の透水性がよくなるとTMPって実際かかるのでしょうか?例え圧差がかかってもすぐに水分の移動が起こり、圧差はなくなってしまうような気がするのですが・・・?だから機械上に出てるTMPって見かけ上のものになりませんか?

その通りであります。ほとんどの透析装置は静脈圧ー透析圧で表示されます。
TMPがマイナスなら透析液側から血液側に水分が移動しちゃいますので、ありえません。

正式には
(透析器血液入り口圧+透析器血液出口圧)/2ー(透析器透析液入り口圧ー透析器透析液出口圧)/2=TMPです。
これを表示できる透析装置はないのでは?と思います。

HDFを行う時は血液側透析器入り口圧(動脈圧)を計ると濃縮の程度がある程度分かり測定していました。

------------------------------------------------------------------------
【10911】Re(2):TMPについて  JIN  - 07/11/15(木) 20:45 -
------------------------------------------------------------------------
Fukuyamaさんレスありがとうございます。やはりそうですよね。リアルなTMPを表示できるコンソールは今のところないですよね。

------------------------------------------------------------------------
【10971】Re(2):TMPについて  パウロ船長  - 07/11/19(月) 10:15 -
------------------------------------------------------------------------
▼Fukumuraさん:
>▼JINさん:
>>ここの掲示板でTMPについての質問を見かけますが、これだけ膜の透水性がよくなるとTMPって実際かかるのでしょうか?例え圧差がかかってもすぐに水分の移動が起こり、圧差はなくなってしまうような気がするのですが・・・?だから機械上に出てるTMPって見かけ上のものになりませんか?
>
>その通りであります。ほとんどの透析装置は静脈圧ー透析圧で表示されます。
>TMPがマイナスなら透析液側から血液側に水分が移動しちゃいますので、ありえません。
>
>正式には
>(透析器血液入り口圧+透析器血液出口圧)/2ー(透析器透析液入り口圧ー透析器透析液出口圧)/2=TMPです。
>これを表示できる透析装置はないのでは?と思います。
>
>HDFを行う時は血液側透析器入り口圧(動脈圧)を計ると濃縮の程度がある程度分かり測定していました。


DHPカラムなどでは、差圧(カラムの入り口圧−出口圧)で固まり具合を判断してますが、カラムの場合、TMPっていったら(入り口圧+出口圧)/2なのでしょうか? それとも、差圧=TMP?

------------------------------------------------------------------------
【10976】Re(3):TMPについて  Fukumura  - 07/11/19(月) 20:31 -
------------------------------------------------------------------------
▼パウロ船長さん:
>
> DHPカラムなどでは、差圧(カラムの入り口圧−出口圧)で固まり具合を判断してますが、カラムの場合、TMPっていったら(入り口圧+出口圧)/2なのでしょうか? それとも、差圧=TMP?


TMPのMはメンブレン(膜)なのでTMPという表現は使わないと思います。
差圧でよいと思います。

******コピペおわり************************

全然理解できません。

私が理解していたのは、ダイアライザ−が目詰まりして、
陰圧がかかって、多くの流量で押返してやらないといけない。
その数字だと。
これも解ったような解っていないような、
あやふやなことで。

透析療法掲示板で理解したことは
TMPはあやふやな数字だから、気にせんでもいいんやということ。
そういうことですか?
難波先生。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-11-21 20:53 | 透析条件 | Comments(3)

透析条件を変更した。

昨日から、
週4日5時間on-line21/h・QD700(HD350HF350)・QB240を
QD550(HD200HF350)にした。
HDの流量を下げたのだ。
小分子は、物凄く抜けているので、
大分子の方に傾けようということだ。
それと、アミノ酸が抜け過ぎているのでは
ないだろうかとのこと。

BUN前37.5→後5.2
Cr前7.51→後1.72
iP前4.5→後2.0
K前4.8→後3.0

昨日、Kだけ、透析終了約20分後に計ってもらったら3.2。
少し上がった。リバウンドしたのかな?
カリウムは食べても食べても上がらない(これまでの制限のお陰で、
多少抑制がかかっているのは否めないけれど)。
カリウムの多い、100g770mg程含まれている
ドライフルーツを家でも、
透析ちうにも食べているのにだ。
思いっきりよく、もっと食べねば。

木曜日に臨時検査して、結果次第で、
一段とHDの比重を下げる予定にしている。
on-lineの補液量を21L/h→24L/hに変更して(追記)
QD450(HD100HF350)にする。TMPは上がらないらしい。

実は、HDの比重を下げた、昨日今日と、
透析後の身体が軽い感じがするのだ。
これまでは、必要なものが抜け過ぎだったのか、
大分子の悪いものが良く抜けるようになったのか、
良く解らないけれど、なんか感じがよい。
しばらく様子を見て、調子よくなったらいいのにな。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-10-30 17:45 | 透析条件 | Comments(6)