多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って25年です。

by マーゴ

東海林太郎のご子息東海林和樹さんのこと。

今日のNHKのお昼の番組「NHKのど自慢」で、東海林太郎の
赤城の子守唄を歌っていた人がいて、思い出した。
ご子息の東海林和樹(だったと記憶している)さん。
京都帝大を出て、毎日新聞(英文毎日の捏造エロ記事で揺れているが)に
勤務していたのだけれど、歌手になりたい気持が嵩じて退社したそう。
同期の毎日記者に連れられて行ったBarにきておられて、紹介された。
そのときに聞かせてもらった話は、歌の練習をするために
近所迷惑にならないように、押し入れに頭を突っ込んで
夜な夜な歌っていたのだそうです。
カラオケなんか無かった時代でしょうね。
でも、プロとしてデビューは果たせなかった。
それで、彼を応援しているお仲間たちが集まって
東海林和樹リサイタルをしようということになっていたのです。
私も招待された。
そのとき、何故だか、神戸の本田会(まだ健在なんやろか??)の
ヤクザの親分ご夫妻がこられることになっていた。
私はヤクザの親分と云うのに興味津々で、座席を隣にしてもらった
記憶がある。
で、リサイタルでは、東海林太郎の歌が何曲か披露された。
東海林太郎にそっくりに聴こえたようで、
やはり違うようにも聴こえた。
直立不動で歌う姿は似ていた。
でもねぇ。。。。。
東海林太郎の物真似では
息子なんだし、いくらなんでもプロにはなれないわねぇ。
もっとも、新曲を作曲してくれる人はいなかったんでしょうね。
でも、1曲だけ戦争を思い出しての歌、
ブ−ケンビリヤの○△□☆(なんだったか思い出せない)を披露していた。
和樹さんは何をなさっていたかと云うと
高島屋の道路を挟んだ東側のビルの一室で
歌謡教室を運営してはった。
通るたびに、そのビルを見上げては、まだ営業されていると
安心していたのですが、いつしか看板がなくなっていた。
転居されたのかどうかは解りません。
お元気にしてはったら良いのですが。。。。

で、ヤクザの親分ですが、普通に、道で出会っても
その人本人だと気付かないと思えるように、特段に特徴的なことも無く。
リサイタルの観客の1人なんですから当り前と言えば当り前。
私が歪んだメガネをかけていたに過ぎない話です。

裕樹さん→和樹さんに訂正しました。(7/29)
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2008-07-27 17:42 | etc.etc. | Comments(3)
Commented by maron at 2008-07-31 23:58 x
東海林太郎さんって、直立不動でお歌いになられていた方ですよね。
なんとなく覚えておりますが・・・
洟垂れ小僧の頃なので、歌はわかりません、軍歌のような歌でしょうか?
Commented by マーゴ at 2008-08-03 11:42 x
軍歌!?そんな歌をうたってた?
軍歌なら、右翼の街宣車がよく流している
鶴田浩二(だったっけか?)の甘い歌声が好きで、
立ち止ったりして。
演歌は嫌いですが、この人と三橋美智也と水原弘の
歌声が好きです。
水原弘はFM・NHKのミュ−ジックメモリーと云う
阿久悠さんと葛西アナウンサーの絡みが面白かった番組で、
素晴らしい歌手だった、もう二度と出現しないであろうなどと
話しながら、水原弘の歌を流していた。
Commented by マーゴ at 2008-08-03 11:44 x
透析ちうに耳もとで聞いていたら、阿久悠さんの云う通り
凄みがあって、丁寧に歌われていて、表現力も抜群で
大変な歌手だったんやと、しみじみ思いました。
その後、阿久悠さんは体調を壊してお休みして2週間後
ぐらいだったかな、お亡くなりになった。
透析していたらしく、葛西アナによれば、
ときどきしんどそうにしておられたそうで。
死因は尿道管のガンだったと。
透析してて、尿道管のガンで死亡なんて、
あり得るのかしらと不思議で仕方ない。
だって、透析してるのだから尿道管なんて不要なのだから、
切ってとってしまえばいいのに。。。。
そのあとのミュ−ジックメロディは、平尾正明(漢字怪しい?)が
継いでいたけれど、最初はピンチヒッターだったのだか、
阿久悠さんが亡くなってレギュラーになったけど、いつのまにか
番組自体がなくなった。、おもろなかったもんね。
クリニックのTV、FMもはいりますが、私以外誰も聴いてない。

みんな亡くなった歌手ばっかり。