多発性嚢胞腎が原疾患で透析に入って25年です。

by マーゴ

大阪バスキュラ−アクセスセンター平中診療所のその後

予想していた通り、白鷺病院の中村順一ドクターが
7月30日にお亡くなりになった
平中俊行院長の跡目を継ぐことになったようです。
11月1日からです。
白鷺病院で平中ドクターの薫陶を受けて、
手術もPTAもまかされていました。
私が手術をして戴いた頃は、平中ドクタ−がシャントの外来はお一人でした。
外科の看板でしたから、外科一般と間違えて、色んな患者さんが来られて、
そのたびに、コウコウシカジカと説明して、
シャントに関係ない人には、
お引き取りくださるようお願いしてはった。
私は静脈・動脈の表在化をしてもらった。
その頃は、まだ駈け出しの頃。
最初は、動脈だけと言っていたのだが、
学会で静脈の表在化もしていたので、返しの血管がないし
綺麗な枝葉のない静脈だったので、静脈も表在化した、と。
この時は、記憶している限りでは、
兵庫医大出身の中村ドクターが助手についてはった。
同じ中村でも、順一ドクターとは違っていた。
次に人工血管(1998/10/29/)を入れた。
人工血管では、3ヶ月ごとの検診が義務付けられた。
血管造影をして、人工血管の不調を早く見つけるためだった。
「ボクはなりふりかまわずやってんねん」と。
3カ月ごとの検診がなんで、
なりふりかまわずってことになるのか、私には理解不能だった。
私は「エエことやん」と、思っていた。
やがて、PTAが普及して、最初の頃は
平中先生自らが、造影もPTAもしてくださっていた。
やがて、阪大から、マルちゃんと平中先生は呼んでいた
丸川先生が来られて、平中先生の代わりに
造影・PTAをしはるようになった。
白鷺病院に行く度に、外来や検査室や、PTA室が拡充し
スタッフも増えてきた。
知らない間に、中村順一ドクターも加わっていた。
外科から、シャント外来になり、
ブラッドアクセスセンターになり、
造影・PTAは平中ドクターから、中村ドクターに代わり、
シャント手術もされていた。
中山祐治ドクターも加わっていたけれど、
私が知っている限り、まだ見習いのような印象だった。

そして、中村ドクターを除く
中山ドクターと検査技士、看護師など平中一家のスタッフをひきつれて
大阪バスキュラーアクセスセンターを立ち上げはりました。
さすがに、一番弟子の中村ドクターを引っ張る訳には行かなかったのでしょう。
でも、中村ドクターが平中先生を尊敬し慕っているのは
傍目にも解っていました。
中村ドクターは高知医科大学のご出身だそうです。
大学院が阪大なのかしら。平中先生が阪大だもん。

中村ドクターは、世間の荒波に揉まれることなく
すくすくと、ドクターになってしまったような
純朴清廉な人柄で、どこまでも優しく面倒見の良いドクターです。
多少世間話もしはります。
平中院長の後を継ぐのには、最適の人と思います。
しかし、経営者になると、違った責任感が必要になります。
理事長は別の人が担うのでしょうか?
私が、心配するようなことではないでしょう。
中山ドクターには申し訳ないですが、
私は中村院長にPTAしてもらいたい。

中村順一ドクターが院長になったということは
いずれ、平中診療所は中村診療所に名称変更するのかな。
[PR]
by noblesse_oblige7 | 2007-10-17 21:52 | お知らせ | Comments(9)
Commented by maron at 2007-10-19 20:50 x
腕の良い先生がお亡くなりになると、悲しくなってしまいますよね。
特に透析に関係する方が、お亡くなりになると後を継ぐ方が居なくなるのではないかと心配してしまいます。
素晴らしい方が後を継いでくださって良かったですよね。
Commented by マーゴ at 2007-10-19 21:11 x
そうなんですよ。
PTAに関しては、東北に物凄い数こなしているドクターが
1人いるらしく、その方は造影なしでしているらしい。
中村ドクターは、造影したうえでのPTAで、
3年前でその人に次ぐ数こなしてはった。
最近はシャント手術メインになっていた模様です。
早速予約入れといた。
Commented by マーゴ at 2007-10-19 22:01 x
>その方は造影なしでしているらしい。

造影ではなくて、血管エコーです。
間違いを訂正してお詫び申し上げます。
Commented by maron at 2007-10-19 22:59 x
>東北に物凄い数こなしているドクター

その先生は多分、宮城県の永仁会病院の院長かもしれない。
結構ご高齢の先生でいらっしゃるのですが、いまだにPTAをバリバリおやりになると伺っております。
以前に一度だけ、PTAを施術していただきました。
http://www.eijinkai-hp.or.jp/
違っていたらごめんなさい。
Commented by マーゴ at 2007-10-20 19:20 x
多分、そこなんでしょう。
HPでは、栄養指導が熱心なのは解りましたが、
その他については、よくわかりませぬ。
で、PTAをしていただいて、どうだったのですか?
Commented by maron at 2007-10-20 23:08 x
大分前なので、記憶は定かではありませんが、PTAは上手だったような気がします。
痛みも全然無かったと思います。

心配だったので、ちょっと調べてみました。
すいません、やはり違いました。
山形の矢吹病院の院長のようです。
http://www.yabuki.yamagata.yamagata.jp/
看護士さんに聞いたら、結構イケ面らしいです。。。
Commented by マーゴ at 2007-10-21 16:10 x
痛みがなかったということは、
鎮静剤を打って貰ってたのかしら?
私は鎮静剤なしですから、猛烈痛いです。

矢吹病院は透析に熱心な病院なのですね。
矢吹病院の政金生人先生は頻繁に透析雑誌で、
論文を拝見します。
何について語っておられるのかは
全然印象にないのですが。
内科のドクターでいらっしゃるのですね。
シャント外来もあるってのは、素晴らしい。
院長は矢吹清隆外科担当の先生ですか?
手術件数を眺めてみると、違うような。
それに、血管エコーしておられるようだし。
Commented by Visitor at 2008-02-05 10:39 x
えっ、お亡くなりになったのは、平中先生ですよね?
Commented by マーゴ at 2008-02-05 17:00 x
そうですよ。
誤解するような、紛らわしいことを書いてしまったのかしら?